スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「パンズ・ラビリンス」

2007.10.17 (Wed)

人間にとって一番残酷なことは、夢みる力 を奪われることかも知れないー。

パンズ・ラビリンス
( 2006年/スペイン・メキシコ・アメリカ 原題:EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH )
【監督・脚本】 ギレルモ・デル・トロ
【撮影】 ギレルモ・ナヴァロ
【衣装デザイン】 ララ・ウエテ
【音楽】 ハビエル・ナバレテ
【出演】 イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ
     /ダグ・ジョーンズ/アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ



さて、その感想は・・・? (ネタバレはありません)
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:25  |  スペイン映画  |  Trackback(2)  |  Comment(4)

「ガウディ・アフタヌーン」

2006.03.28 (Tue)

ガウディ・アフタヌーン 。 あっ!もうこのタイトルだけで思わず見てしまった一本です。

いかにもスペインの ガウディ建築 でお茶しそうなこのタイトル・・・、
( アフタヌーンとくれば、やっぱティーでしょっ )
・・・と思いきや、実は、女と女と女と女になりたい男が繰り広げる、
ちょっとミステリアスでユーモアたっぷりの、ファンタジックなヒューマン・ドラマ。

ガウディ・アフタヌーン
( 2001年/アメリカ・スペイン 原題:GAUDI AFTERNOON )
【監督】 スーザン・シーデルマン
【原作】 バーバラ・ウィルソン
【脚本】 ジェームズ・マイアー
【出演】 ジュディ・デイヴィス/マーシャ・ゲイ・ハーデン
     /リリ・テイラー/ジュリエット・ルイス
     /クリストファー・ボウエン/マリア・バランコ
                  /コートニー・ジンズ


アントニオ・ガウディ生誕150周年 の年に作られたこの映画、 その内容は・・・?

テーマ : ブログいろいろ - ジャンル : ブログ

22:57  |  スペイン映画  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

「靴に恋して」

2005.12.26 (Mon)

今年もあと5日。 2005年は新作旧作ともに、「靴」 にまつわる映画をよく観た気がします。
イン・ハー・シューズ、 エリザベス・タウン、そして、この映画。

『 靴に恋して 』 ( 2002年/スペイン 原題;PIEDRAS )
【監督・脚本】 ラモン・サラサール
【音楽】 パスカル・ゲーニュ
【出演】 アントニア・サン・フアン/ナイワ・ニムリ/アンヘラ・モリーナ/
       ビッキー・ペニャ/モニカ・セルベラ/エンリケ・アルキデス/
       ダニエレ・リオッティ/ルドルフォ・デ・ソーザ



今回もまた、人生の縮図に例えられた、「靴」
この映画の主人公たちもまた、新しい自分に一歩踏み出すことを躊躇していました。
それは・・・?

テーマ : 私のおすすめ - ジャンル : ブログ

21:56  |  スペイン映画  |  Trackback(1)  |  Comment(6)

「トーク・トゥ・ハー」

2005.12.04 (Sun)

情熱の国、スペイン 。
フラメンコ、ガウディ、闘牛、サングリア、イビザ島、ドンキホーテ・・・。
色で言うと、そう・・・、照りつける太陽に映える赤、緑、黄、オレンジがよく似合う国。
この映画には、私のイメージするスペインが、額に納められた絵画のように
ぴったりと、はめ込まれていました。

トーク・トゥ・ハー ( 2002年スペイン 原題:HABLE CON ELLA )

【監督・脚本】 ペドロ・アルモドバル
【出演】 ハヴィエル・カマラ/ダリオ・グランディネッティ
     /レオノール・ワトリング/ロサリオ・フローレス


監督は、スペイン出身の ペドロ・アルモドバル 氏。
オール・アバウト・マイ・マザー でメガホンをとり、
最近では、死ぬまでにしたい10のこと でも、製作総指揮として
名を連ねています。

実はコレ、見るのをずっとためらっていた映画なんです。
それは・・・?

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

00:06  |  スペイン映画  |  Trackback(2)  |  Comment(12)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。