スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

『 クィーン 』

2009.08.30 (Sun)

短い夏も終わりに近づき、8月もあと1日となりました。 
今日は、衆議院選挙の日 ですね。 皆さんはもう投票に行かれましたか?
そして、明日 8月31日 は、ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ の12回目の命日。
今年は、ズバリこの作品をピックアップします!

クィーン ( 原題:THE QUEEN )
( 2006年/イギリス/フランス/イタリア )
【監督】 スティーヴン・フリアーズ
【脚本】 ピーター・モーガン
【出演】 ヘレン・ミレン/マイケル・シーン
     /ジェームズ・クロムウェル
     /シルヴィア・シムズ
    /アレックス・ジェニングス


ダイアナ元妃 が大好きだったわたしは、
実は観ることをためらっていたんです。
ところが・・・?





スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

15:22  |  イギリス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

気になる 『 宇宙(そら)へ 。 』

2009.08.15 (Sat)

お盆休みも、あと1日となりました。 皆さんはどんな夏休みをお過ごしでしたか?

毎年この時季に見られる ペルセウス座流星群 を楽しみにしていたのですが、
連日のあいにくのお天気で、肉眼ではほとんど観測できませんでしたっ。
そこで今日は、こんな映画をピックアップ。

宇宙へ宇宙 (そら) へ。
( 2009年/イギリス 
 原題:ROCKET MEN )
【監督】 リチャード・デイル
【ナレーション】 マイケル・J・レイノルズ
【日本語版ナレーション】 宮迫博之


1958年に設立された、
NASA (アメリカ航空宇宙局)
その50年を超える宇宙開発の
歴史を、NASAの秘蔵映像で綴る、
サイエンスドキュメンタリー映画です。




ディープ・ブルーアース を手がけたBBCワールドワイドが
世界天文年 である今年、スポットを当てたのは、
未知なる宇宙へ飽くなき挑戦を続ける、人類のドラマ。

CGではない本物の映像の圧倒的な美しさは、
きっと 映画館をプラネタリウム に変えてしまうことでしょう!

宇宙 (そら)へ 。 は、8月21日(土) より全国ロードショー。

ちなみに、21日と22日は、2日間限定・全国一律500円 の特別料金で鑑賞できるそう。
福岡では、天神東宝などで公開されます。

この夏は、貴方も涼しい映画館で宇宙の神秘を体感してみませんか?

→『宇宙(そら)へ。』公式ウェブサイト

→「世界天文年2009」ホームページへ

banner_02.gif


テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

17:56  |  イギリス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「スラムドック・ミリオネア」

2009.05.11 (Mon)

「 求め続ければ、その先にきっと答えはあるー。 」


みりおスラムドック$ミリオネア
(2008年/イギリス・アメリカ 原題:SLUMDOG MILLIONAIRE)
【監督】 ダニー・ボイル
【原作】 ヴィカス・スワラップ
【脚本】 サイモン・ボーフォイ
【音楽】 A・R・ラフマーン
【出演】 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル/フリーダ・ピント
     /アニル・カプール





やっと観に行ってきました!(多少ネタバレあるかも)

さて、その感想は・・・?


テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

22:20  |  イギリス映画  |  Trackback(2)  |  Comment(6)

「ナイロビの蜂」

2009.05.06 (Wed)

GWも今日で終わりですね。 
わたしは湯布院へ旅行に出かけたり、家でのんびり過ごしましたが、
皆さんのなかには海外に出かけられた方も多いのでは?

さて、今日の映画のはじまりは、
空港でよく見かける、ごくありふれた別れの風景。
物語は、ふたりのこんな会話からはじまります。

「 もう行って。離陸まで時間があるから。外は暑すぎるわ 」
「 そうだな 」
「 行ってくるわ 」
「 じゃ2日後に 」


強すぎる陽射しの中、まるで溶けるように消えていく旅立つ の後姿を見送りながら、
大きく手を振る、 の背中。
まさか、あんな運命が待ち受けているとも知らずにー。

ナイロビの蜂
( 2005年/イギリス 原題:THE CONSTANT GARDENER )
【監督】 フェルナンド・メイレレス
【原作】 ジョン・ル・カレ
【脚本】 ジェフリー・ケイン
【出演】 レイフ・ファインズ /レイチェル・ワイズ
     /ユベール・クンデ /ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ
     /ピート・ポスルスウェイト /ジェラルド・マクソーリー





監督は、 シティ・オブ・ゴット で衝撃のデビューを飾った、フェルナンド・メイレレス
さらに、レイチェル・ワイズ が、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞で
最優秀助演女優賞の2冠 に輝いた話題作です。
さて、その内容は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:27  |  イギリス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「リバティーン」

2006.04.23 (Sun)

ついに・・・観てしまいました! リバティーン。 期待を裏切らない仕上がりです。
それは、2人のジョニー に魅せられた、恍惚の1時間50分。

 リバティーン ( 2004年/イギリス 原題:THE LIBERTINE )
【監督】 ローレンス・ダンモア
【原作戯曲・脚本】 スティーヴン・ジェフリーズ
【撮影】 アレクサンダー・メルマン
【衣装】 ディーン・ヴァン・ストラーレン
【音楽】 マイケル・ナイマン
【出演】 ジョニー・デップ/サマンサ・モートン/ジョン・マルコヴィッチ
     /ロザムンド・パイク


当ブログでも去年12月に取り上げたほど、とても楽しみにしていたこの作品。
(→過去記事12/6「来年もジョニー・デップ!」へ)
ジョニー・デップが伝説の放蕩詩人を・・・?
しかも、脚本の冒頭3行を読んで、出演を即決したというエピソードからしても、
何かただならぬものを感じずにはいられなかったんですよね~。
観客わずか 5人 という、ミニ・シアターでの鑑賞。 さて、その感想は・・・?

テーマ : 海外小説・翻訳本 - ジャンル : 小説・文学

22:29  |  イギリス映画  |  Trackback(3)  |  Comment(20)

名画の中の女性たち

2006.03.16 (Thu)

全然新しいニュースではないのですが、
5/20から世界同時公開 される ダ・ヴィンチ・コード が、
今年の カンヌ映画祭のオープニング上映作品 に決まってたんですね~!
いやぁ、知りませんでした・・・。

→ 『 ダ・ヴィンチ・コード 』 オフィシャルサイトへ


それにしても、見つめれば見つめるほど、惹き込まれていく 「モナリザ」 の微笑み・・・。
名画に描かれた女性たちは、いつもどこか謎めいていて、神秘的。
そして、この絵に描かれた少女にもまた、こんな秘められた人生があったのかもしれません。
それは・・・?

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

00:26  |  イギリス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。