スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「地下鉄のザジ」

2008.11.22 (Sat)

それはまるで、まだ “おませ” な少女だった頃の アメリ が、
口笛とともに、パリの人々に魔法をかけた夢のような36時間。
それから アルフレード は、ステキな魔法のとりこになって・・・?

地下鉄のザジ
( 1960年/フランス 原題:ZAZIE DANS LE METRO )
【監督】 ルイ・マル
【原作】 レイモン・クノー
【脚本】 ルイ・マル/ ジャン=ポール・ラプノー
【撮影】 アンリ・レイシ
【音楽】 フィオレンツォ・カルピ
【出演】 カトリーヌ・ドモンジョ/ フィリップ・ノワレ
      /カルラ・マルリエ/ユベール・デシャン
     /ヴィットリオ・カプリオーリ



今週は予想外の寒波の影響で、九州でも初雪が降りました。 
福岡での11月の初雪は、なんと20年ぶりだそう!

晩秋を飛び越してすっかり真冬のような寒い夜は、ポップでファンタスティックな映画 もいいものです。
先日、NHKBSで前から観たかったこんな古い映画を放映していました。
それは・・・?
スポンサーサイト

テーマ : DVD - ジャンル : 映画

15:23  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

秋風が沁みる「旅情」

2008.10.06 (Mon)

サン・マルコ広場で待ち合わせ、夕陽を眺めたブラーノ島。 
ひなげしの花は、彼女が 「 夢 」 だと言ったから。

幸せな時間(とき)を過ごすほど、女は別れの予感を感じずにはいられないー。

旅情7旅情 ( 1955年/イギリス 原題:SUMMERTIME )
【監督】 デヴィッド・リーン
【脚本】 H・E・ベイツ/デヴィッド・リーン
【音楽】 アレッサンドロ・チコニーニ
【出演】 キャサリン・ヘプバーン/ロッサノ・ブラッツィ/イザ・ミランダ
     /ダーレン・マクギャヴィン/マリ・アードン/ジェーン・ローズ




やっと秋らしくなってきましたね。
風がひんやり頬をなでると、あっという間に過ぎていった夏の日がウソのように思えます。

さて今日ご紹介する映画は、ひと夏の大人の恋の代名詞 。 その内容は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

23:39  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

新春に「サウンド・オブ・ミュージック」

2008.01.03 (Thu)

2008年 新年あけましておめでとうございます!

昨年中は、たくさんの皆さまに Caroli-ta Cafe へ ご訪問頂きまして、誠にありがとうございました。
これからも大好きな映画への思いを、皆さまと共有できれば嬉しいです。
マイペースな更新になるかと思いますが、どうぞ宜しくお付き合い下さい。

さて、今年最初の記事は誰もが知っている、あの映画。 しかも、明日久々にTVで放映されます!

 サウンド・オブ・ミュージック ( 1964年/アメリカ 原題:THE SOUND OF MUSIC )
【監督】 ロバート・ワイズ
【製作】 ロバート・ワイズ/ソウル・チャップリン
【脚本】 アーネスト・レーマン
【音楽】 リチャード・ロジャース/オスカー・ハマースタイン二世
     /アーウィン・コスタル
【出演】 ジュリー・アンドリュース/クリストファー・プラマー/ペギー・ウッド
     /エリノア・パーカー/リチャード・ヘイドン


初めて観たのは、たぶん小学生の時。
あの ウエスト・サイド物語 も手がけた巨匠 ロバート・ワイズ 監督の、言わずと知れた代表作。
1月4日 の放映が待ちきれず、ひと足早く年末にDVDを手にとってしまいました。
子供の頃のおぼろげな記憶と向き合うような、少しドキドキしながらの再見です。
さて、それは・・・?

テーマ : 私が観た映画&DVD - ジャンル : 映画

16:41  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

クリスマスに「めぐり逢い」

2007.12.24 (Mon)

「 まるで夢のような2人の恋 甘い想い出を分かち合おう
初めて抱き合った瞬間に生まれた恋心は  時間も空間も越えて広がってゆく
愛の炎よ  どうか永遠に  消えることなく燃え続けておくれ
手を取り合い  熱い祈りをささげよう  共に人生を歩み分かち合っていこう
すばらしい恋の思い出を・・・ 」



めぐり逢い ( 1957年/アメリカ  原題:AN AFFAIR TO REMEMBER )
【監督・原作】 レオ・マッケリー
【脚本】 レオ・マッケリー/ ミルドレッド・クラム/デルマー・デイヴィス
【音楽】 ヒューゴ・フリードホーファー
【出演】 ケイリー・グラント/デボラ・カー/リチャード・デニング/ネヴァ・パターソン
     /フォーチュニオ・ボナノヴァ/キャスリーン・ネスビット


今日は、クリスマス・イブ ですね。
奇跡 を信じたくなる 聖夜の夜 に、こんなロマンスの名画はいかがでしょう。
さて、それは・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

13:17  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「ガス燈」 が恋しい季節

2007.12.08 (Sat)

師走に入り朝晩冷え込んでいますが、皆さまお元気にお過ごしですか?
最近ちょっと仕事が忙しく、更新が滞りがちで申し訳ありません。
残業終わりの帰り道、木枯らしにコートの襟を立てながらマフラーを巻きなおし、
ふと見上げると、街灯の明かり が疲れた目に少しだけ眩しく感じられました。
そこで思い出したのが、この映画。 

 ガス燈 ( 1944年/アメリカ 原題:GASLIGHT )
【監督】 ジョージ・キューカー
【原作】 パトリック・ハミルトン
【脚本】 ジョン・ヴァン・ドルーテン/ウォルター・ライシュ
    /ジョン・L・ボルダーストン
【出演】 シャルル・ボワイエ/イングリッド・バーグマン
    /ジョセフ・コットン/メイ・ウィッティ/アンジェラ・ランズベリー
    /テリー・ムーア


今では、ガス燈 が灯る場所を探すのは珍しいかもしれませんね。
さて、その感想は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

22:31  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

「十二人の怒れる男」

2007.07.27 (Fri)

7月29日(日)  は、参議院選挙の投票日 ですね。
毎日の生活では 「 主権は国民にある 」 ことを意識せずに暮らしているかもしれませんが、
それを改めて意識させられるのが、選挙の時とこの映画、

十二人の怒れる男 ( 1957年/アメリカ 原題:12 ANGRY MEN )
【監督】 シドニー・ルメット
【製作】 レジナルド・ローズ/ヘンリー・フォンダ
【脚本】 レジナルド・ローズ
【出演】 ヘンリー・フォンダ/リー・J・コッブ/エド・ベグリー
    /マーティン・バルサム/E・G・マーシャル/ジャック・クラグマン
    /ジョン・フィードラー/ジョージ・ヴォスコヴェック
    /ロバート・ウェッバー/エドワード・ビンズ/ジョセフ・スィーニー
               /ジャック・ウォーデン


さて、その内容は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

00:03  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ジョン・ウェインの「黄色いリボン」

2007.06.10 (Sun)

来週末6月17日は、父の日 ですね。 皆さんは、どんな風に過ごされますか?
わたしは、昨日一足早く家族で集い食事をしました。
今日は、ジョン・ウェイン が大好きなわたしの父に教えてもらった
思い出の一本をご紹介します。

 黄色いリボン( 1949年/アメリカ 原題:SHE WORE A YELLOW RIBBON )
【監督】 ジョン・フォード
【原作】 ジェームズ・ワーナー・ベラ
【脚本】 フランソワ・ニュージェント/ローレンス・スターリングス
【音楽】 リチャード・ヘイグマン
【出演】 ジョン・ウェイン/ジョーン・ドルー/ジョン・エイガー/ベン・ジョンソン
     /ハリー・ケリー・Jr/ヴィクター・マクラグレン
     /ミルドレッド・ナトウィック/フランシス・フォード


明日 6月11日 は、ジョン・ウェインの命日 です。
これは、彼が遺した 騎兵隊三部作 の一本。
さて、それは・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

19:29  |  クラシック名画  |  Trackback(1)  |  Comment(6)

「フィラデルフィア物語」

2007.02.01 (Thu)

誰もが知りたい セレブの生活 。 きっと裏には何かある?
婚約者と再婚直前、ラブラブモードな バツイチお嬢様 の結婚式に、
ちょっと イケメン記者元夫 が乗り込んで巻き起こす大騒動!
果たして、その結末やいかに?        

 フィラデルフィア物語
( 1940年/アメリカ 原題:THE PHILADELPHIA STORY )
【監督】 ジョージ・キューカー
【原作】 フィリップ・バリー
【脚本】 ドナルド・オグデン・スチュワート
【出演】 キャサリン・ヘプバーン/ケイリー・グラント
     /ジョン・ハワード/ジェームズ・スチュワート
     /ルース・ハッセイ


フィリップ・バリー のブロードウェイ・コメディを、
舞台と同じ キャサリン・ヘップバーン 主演で映画化した、この作品。
1956年には 上流社会 のタイトルでリメイクされましたが、
わたしはオリジナルのこちらが断然好き!  さて、その内容は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

22:25  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「素晴らしき哉、人生!」

2006.12.24 (Sun)

今日は クリスマス・イブ ですね。
今朝は早起きをして、大好きなこの映画を見ました。

 素晴らしき哉、人生!
( 1946年/アメリカ 原題:IT'S A WONDERFUL LIFE )
【監督】 フランク・キャプラ
【原作】 フィリップ・ヴァン・ドレン・スターン
【脚本】 フランセス・グッドリッチ/アルバート・ハケット
     /フランク・キャプラ
【出演】 ジェームズ・スチュワート/ドナ・リード/ライオネル・バリモア
     /ヘンリー・トラヴァース/トーマス・ミッチェル
               /ボーラ・ボンディ


みんなが大好きなクリスマス映画の定番中の定番ですね。 さて、それは・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

19:26  |  クラシック名画  |  Trackback(2)  |  Comment(14)

「我が谷は緑なりき」

2006.12.06 (Wed)

最近、悲しい事件が多いですね。
戸惑う親達、そして少年や少女たちの間では、今何が起こっているのでしょう?
今日は、こんな古い映画をご紹介したいと思います。

わが谷は緑なりき ( 1941年/アメリカ 原題:HOW GREEN WAS MY VALLEY )
【監督】ジョン・フォード
【原作】リチャード・リュウエリン
【脚本】フィリップ・ダン
【撮影】アーサー・C・ミラー
【音楽】アルフレッド・ニューマン
【出演】ウォルター・ピジョン/モーリン・オハラ/ドナルド・クリスプ
    /ロディ・マクドウォール/バリー・フィッツジェラルド
    /サラ・オールグッド


1941年アカデミー賞作品賞監督賞助演男優賞 他、全5部門 の栄冠に輝いた
不朽の名作です。 さて、その内容は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

11:59  |  クラシック名画  |  Trackback(1)  |  Comment(8)

秋に観たい大人のロマンス

2006.10.01 (Sun)

10月 になりましたね。
夏の気配を引きずっていた9月とは変わって、街行く人々の装いも街路樹も、
グッと 秋色 が濃くなるこれからの季節は、わたしが一年で一番好きな季節。
さて今日は、あの 名曲 と共に イタリア でひと夏の恋をした、
大人の切ないラブ・ロマンスをご紹介します。

旅愁 ( 1950年/アメリカ 原題:SEPTEMBER AFFAIR )
【監督】 ウィリアム・ディターレ
【脚本】 フリッツ・ロッター
【音楽】 ヴィクター・ヤング
【出演】 ジョセフ・コットン/ジョーン・フォンテイン/ジェシカ・タンディ
     /フランソワーズ・ロゼー/ロバート・アーサー



これは、秋になるとわたしが 慕情 ( →レビューはココをクリック) と並んで、
必ず観たくなる大好きな映画です。
さて、その内容は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

23:16  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

残暑の夜のミステリー

2006.08.24 (Thu)

お盆を過ぎて、ちょっぴり朝晩涼しくなってきたような・・・。
今日は、そんな残暑の夜におススメしたい、ヒッチコックのミステリー をご紹介します。

レベッカ ( 1940年/アメリカ 原題:REBECCA )
【監督】 アルフレッド・ヒッチコック
【原作】 ダフネ・デュ・モーリア
【脚本】 ロバート・E・シャーウッド/ジョーン・ハリソン
【撮影】 ジョージ・バーンズ
【出演】 ローレンス・オリヴィエ/ジョーン・フォンテイン
     /ジョージ・サンダース/ジュディス・アンダーソン
     /グラディス・クーパー


イギリスから渡米後、最初に撮った記念すべきこの作品で、
その年の アカデミー作品賞撮影賞 に輝いた、巨匠 アルフレッド・ヒッチコック 監督。
さて、その内容は・・・?

テーマ : 今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル : 映画

00:36  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

チャップリンの「独裁者」

2006.08.14 (Mon)

「 悪いが皇帝にはなりたくない、ごめんだ。
支配も征服もしたくない。 できれば助けたい。
ユダヤ人も、黒人も、白人も、人類は助け合うべきだ。
お互いの幸せを願おう。 憎みあってはならない。
世界は、豊かでみんなが生きていける。
人生は、自由で美しいはずなのに―。 道を、見失った。 」


映画史に残る、あの演説シーンは、このくだりで始まります。
そして、この作品で初めて しゃべった、チャップリン。

 チャップリンの独裁者
( 1940年/アメリカ 原題:THE GREAT DICTATOR )
【監督・脚本・製作】 チャールズ・チャップリン
【出演】 チャールズ・チャップリン/ジャック・オーキー
     /ポーレット・ゴダード/チェスター・コンクリン




もうすぐ、61回目の終戦記念日 がやってきます。
久しぶりに、この作品を観たくなりました。 さて、その内容は・・・?

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

22:21  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

マリリン・モンローの誕生日

2006.06.01 (Thu)

紳士は金髪がお好き七年目の浮気百万長者と結婚する方法
ナイアガラお熱いのがお好き帰らざる河・・・などなど、
皆さんはどの作品がお好きですか?
もし生きていたなら、今日 80歳 の誕生日を迎えていた マリリン・モンロー
没後44年を経ても、いまだファンの心に生き続ける彼女ですが、
この作品でまだ大スターを夢見る頃の、初々しい姿に出会うことができました。    
   
 イヴの総て ( 1951年/アメリカ 原題:ALL ABOUT EVE )
【監督・脚本】 ジョセフ・L・マンキウィッツ
【音楽】 アルフレッド・ニューマン
【出演】 ベティ・デイヴィス/アン・バクスター/ジョージ・サンダース
/ゲイリー・メリル/マリリン・モンロー/ヒュー・マーロウ
     /グレゴリー・ラトフ/ランディ・スチュアート/セレステ・ホルム



華やかな演劇界の裏側で、大女優と、その付き人からスターへと成り上がろうとする
新人女優との、女の嫉妬と野心を描き出した人間ドラマの名作。
それは、売れない時代の マリリン・モンロー の姿とちょっぴり重なって見えて・・・?

テーマ : 今日は何の日!? - ジャンル : ニュース

07:05  |  クラシック名画  |  Trackback(1)  |  Comment(13)

ゲイリー・クーパーのお宝コメディ

2006.04.07 (Fri)

ゲイリー・クーパー のマイベストは、誰が為に鐘は鳴る
あんなにハンサムだった彼も、新人の頃にはこんな役もやってくれてたんですねぇ・・・。 
いやぁ、これは新鮮でした! 
モロッコ から3年後、ゲイリー・クーパー 32歳 の時の、しゃれたラブ・コメディ。

 DESIGN FOR LIVING ( 1933年/アメリカ 原題:「生活の設計」 )
【監督】 エルンスト・ルビッチ
【原作】 ノエル・カワード
【脚本】 ベン・ヘクト
【出演】 フレデリック・マーチ/ゲイリー・クーパー/ミリアム・ホプキンス
     /エドワード・エヴェレット・ホートン



邦題は、生活の設計 』  。 
そりゃ言われなくたって、もちろん考えてますって、わたしだって・・・って、えっ?そうじゃない? (笑)
ではでは、登場人物たちの 生活設計~Design For Living とは、一体・・・?

テーマ : 私のおすすめ - ジャンル : ブログ

23:15  |  クラシック名画  |  Trackback(2)  |  Comment(9)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。