スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

『 ある公爵夫人の生涯 』

2009.06.07 (Sun)

「 本当の愛に気づくのが遅すぎて、結婚するのが早すぎたのよー。 」

ジョージアナある公爵夫人の生涯
( 2008年/イギリス・フランス・イタリア 原題:「THE DUCHESS」 )
【監督】 ソウル・ディブ
【原作】 アマンダ・フォアマン
【脚本】 ソウル・ディブ/ジェフリー・ハッチャー
     /アナス・トーマス・イェンセン
【衣装デザイン】 マイケル・オコナー
【出演】 キーラ・ナイトレイ/レイフ・ファインズ
     /シャーロット・ランプリング
     /ドミニク・クーパー/ヘイリー・アトウェル


1757年 6月7日 は、
ジョージアナ・スペンサーの誕生日だったそう。
その直前に嫁いだ彼女は、
幸せが約束された ジューン・ブライド だったはず。

さて、その生涯とは・・・?

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

18:36  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『 フラガール 』

2009.05.31 (Sun)

「 少女よ フラを踊れ。  立ち上がれ 未来のためにー。 」

ふらフラガール ( 2006年/日本 )
【監督】 李相日
【脚本】 李相日/羽原大介
【音楽】 ジェイク・シマブクロ

【出演】 松雪泰子/豊川悦司 /蒼井優
      /山崎静代/池津祥子/徳永えり
      /三宅弘城/寺島進/高橋克実
     /岸部一徳/富司純子


もう6月ですね。 
初夏の緑がまぶしいこの季節、
やっとこの作品を観ました。

その感想は・・・?




テーマ : 映画を見て、思ったこと - ジャンル : 映画

13:26  |  女性必見!の映画  |  Trackback(1)  |  Comment(5)

「ぼくの美しい人だから」

2007.12.19 (Wed)

クリスマス まで、あと一週間を切りましたね。 皆さんはどのように過ごされますか?
今年は3連休ですし、1日くらいは自宅で映画・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね。
そこで、ちょっと懐かしい一本をピックアップしてみました。

ぼくの美しい人だから ( 1990年/アメリカ 原題:WHITE PALACE )
【監督】 ルイス・マンドーキ
【製作総指揮】 シドニー・ポラック
【原作】 グレン・サヴァン
【脚本】 テッド・タリー/アルヴィン・サージェント
【出演】 スーザン・サランドン/ジェームズ・スペイダー
     /ジェイソン・アレクサンダー/キャシー・ベイツ
     /アイリーン・ブレナン


この映画のラストシーンは、まさに 映画みたいな恋 と言えるかも。
特に年下の彼がいる貴女は、必見の一本です(笑)
さて、それは・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

21:48  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

「ピアノ・レッスン」

2007.11.15 (Thu)

今年は、本当におかしな気候ですね。
立冬を過ぎて、ようやく街が色づきはじめたようです。 
こんな季節は、あのピアノの音色が恋しくなってしまいます。

ピアノ・レッスン(1993年/オーストラリア 原題:THE PIANO)
【監督・脚本】 ジェーン・カンピオン
【撮影】 スチュアート・ドライバーグ
【音楽】 マイケル・ナイマン
【出演】 ホリー・ハンター/ハーヴェイ・カイテル/サム・ニール
     /アンナ・パキン/ケリー・ウォーカー/ジュヌヴィエーヴ・レモン
    /タンジア・ベイカー


ナイマン に始まり、ナイマン に終わるといっても過言ではない映画。

さて、その感想は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

22:26  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

「理想の女(ひと)」

2007.10.10 (Wed)

「 喜んで迎えられる女と 帰ると喜ばれる女がいる。 わたしは両方だー。」

 『 理想の女(ひと)
( 2004年/イギリス/スペイン/イタリア/アメリカ/ルクセンブルグ 原題:A GOOD WOMAN )
【監督】 マイク・バーカー
【原作】 オスカー・ワイルド
【脚本】 ハワード・ハイメルスタイン
【衣装】 ジョン・ブルームフィールド
【出演】 スカーレット・ヨハンソン/ヘレン・ハント/トム・ウィルキンソン
      /スティーヴン・キャンベル・ムーア/マーク・アンバース
      /ミレーナ・ヴコティッチ



女性なら思わず「 わたしってどちらのタイプだろ? 」なんて考えちゃいそうですよね(笑)
こんなドキリとさせられるセリフで オープニング を迎える本作は、
エルンスト・ルビッチ 監督の名作 ウィンダミア夫人の扇 の舞台を
イタリアの高級避暑地に移し、モダンかつエレガントに描いたリメイクの良作です。
さて、その感想は・・・?  

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:10  |  女性必見!の映画  |  Trackback(1)  |  Comment(5)

ジェーン・オーステインの伝記映画

2007.08.05 (Sun)

近頃ハリウッドでブームの 小説の映画化 。 それは作品だけではないようです。
エマ 」、「 分別と多感 ( いつか晴れた日に ) 」 「 マンスフィールド・パーク
そして、高慢と偏見 ( プライドと偏見 ) ・・・。
世の女性たちのバイブル ( 聖書 ) として、今なお愛され続けるあの作家の半生が、
ついに 伝記映画 となりました。

BECOMING JANE
( 2007年/イギリス・アメリカ 8月3日より全米公開中 )
【監督】 ジュリアン・ジャロルド
【脚本】 ケヴィン・フッド/サラ・ウィリアムズ
【撮影】 アイジル・ブリルド
【ナレーション】 エイドリアン・ジョンストン
【出演】 アン・ハサウェイ/ジェームス・マカヴォイ
     /ジュリー・ウォルターズ/ジェームス・クロムウェル
        /マギー・スミス/ジョー・アンダーソン


ジェーン・オースティン は、18世紀に活躍したイギリスを代表する女流作家。
映画に描かれたのは、生涯独身のまま 42歳 という若さで逝った彼女の20代の青春。
さて、その内容は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

21:06  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

「ボルベール 」

2007.07.08 (Sun)

女は、血を流すたびに強くなるー。
アルモドバル 監督が描き続けた、女性讃歌の最終章は、
「 女に生まれたことを誇りに思える 」 作品でした。

> ボルベール < 帰郷 >( 2006年/スペイン 原題:VOLVER )
【監督・脚本】 ペドロ・アルモドバル
【撮影】 ホセ・ルイス・アルカイネ
【音楽】 アルベルト・イグレシアス
【出演】 ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス
    /ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ/チュス・ランプレアベ



先日、試写会に行ってきました! さて、その感想は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

19:51  |  女性必見!の映画  |  Trackback(2)  |  Comment(6)

「ヴェラ・ドレイク」

2007.06.24 (Sun)

愛する人の 秘密 を知ってしまった時こそ、愛は試されるのでしょうか。
これは、いろんなことを、たくさんたくさん考えさせられる映画です。
ヴェラ・ドレイクー。 彼女の生き方を、貴方はどう感じますか?

ヴェラ・ドレイク
( 2004年/イギリス・フランス・ニュージーランド 原題:VERA DRAKE )
【監督・脚本】 マイク・リー
【出演】 イメルダ・スタウントン/フィル・デイヴィス/ピーター・ワイト
     /エイドリアン・スカーボロー/ヘザー・クラニー
     /ダニエル・メイズ シド/アレックス・ケリー
     /サリー・ホーキンス/エディ・マーサン/ルース・シーン



さて、その感想は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

11:46  |  女性必見!の映画  |  Trackback(1)  |  Comment(8)

母の日に「ビューティフル」

2007.05.10 (Thu)

アメリカ中の女の子が憧れる、ミス・アメリカ の栄冠。
それよりも彼女は、たったひとりの 母親 であることを選んだー。

 『 ビューティフル ( 2000年/アメリカ 原題:BEAUTIFUL )
【監督】 サリー・フィールド
【脚本】 ジョン・バーンスタイン
【出演】 ミニー・ドライヴァー/ハリー・ケイト・アイゼンバーグ
     /ジョーイ・ローレン・アダムス/キャスリーン・ターナー




5月13日 は、「 母の日 」 ですね。
これは、ゴールデン・ウィークにレンタル屋さんでみつけたDVD。
あの サリー・フィールド 初監督作品というクレジットを見て、手に取った一本です。
さて、その感想は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

01:49  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ナターシャ・キンスキーの「テス」

2007.04.18 (Wed)

映画や小説で出会う、さまざまな 女性 たち。
時には可憐に、時には強く、時には儚く、時には破滅へー。
彼女たちはスクリーンを通して、たくさんのことを語りかけてくれるよう。
そして、この映画のヒロインも、わたしにとって忘れられないひとりといえるでしょう。

 テス ( 1979年/フランス・イギリス 原題:TESS )
【監督】 ロマン・ポランスキー
【原作】 トーマス・ハーディ
【脚本】 ジェラール・ブラッシュ/ロマン・ポランスキー
     /ジョン・ブラウンジョン
【撮影】 ギスラン・クロケ/ジェフリー・アンスワース
【出演】 ナスターシャ・キンスキー/ピーター・ファース/リー・ローソン
     /デヴィッド・マーカム/アリエル・ドンバール


この懐かしいDVDは、いつもブログでお世話になっている Kaoruさん にお借りしたもの。
おかげで、一番輝いていた頃の ナターシャ・キンスキー に、再び出会うことができました。
さて、その感想は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

22:18  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「華麗なる恋の舞台で」

2007.03.11 (Sun)

芝居も、恋も、幕が下りるまで 女優 は 決して舞台を降りないー。

 華麗なる恋の舞台で ( 2004年/アメリカ 原題:BEING JULIA )
【監督】 イシュトヴァン・サボー
【原作】 サマセット・モーム
【脚本】 ロナルド・ハーウッド
【出演】 アネット・ベニング/ジェレミー・アイアンズ
    /マイケル・ガンボン/ブルース・グリーンウッド
    /ミリアム・マーゴリーズ/ジュリエット・スティーヴンソン
    /ショーン・エヴァンス/ルーシー・パンチ/モーリー・チェイキン
                 /シーラ・マッカーシー


原作が サマセット・モーム だと聞いて、さっそく観に行ってきました。
さて、その感想は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

21:40  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「ベティ・サイズモア」

2007.01.08 (Mon)

ベティ の夢は、看護婦 になること。
それはドラマの中の医者に をしたから。
看護婦になれば、きっと彼に会える。
思いつめたベティの恋は、独りで勝手に走り出して・・・?

ベティ・サイズモア ( 2000年/アメリカ 原題:NURSE BETTY )
【監督】 ニール・ラビュート
【脚本】 ジョン・リチャーズ/ジェームズ・フラムバーグ
【出演】 レネー・ゼルウィガー/モーガン・フリーマン/クリス・ロック
     /グレッグ・キニア/アーロン・エッカート/アリソン・ジャネイ




レネー・ゼルウィガーモーガン・フリーマン 、この異色の共演が贈る、
とびきりキュートなサスペンスタッチのラブ・コメディ。
偶然にも、明日9日(火)深夜12時40分からTV衛星第2で放送されます。
さて、その内容は・・・?( 多少のネタばれが含まれますので、ご注意を! )

テーマ : TVで見た映画 - ジャンル : 映画

19:36  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

「プラダを着た悪魔」

2006.11.23 (Thu)

先日からのFC2のトラブルでは、あんなにたくさんの皆さまが励ましのお言葉を
かけて下さって、しょんぼりしていた気分も一気に晴れました。
本当に本当に感激です。 ありがとうございました!
記事は消えてしまっても、ブログが結んでくれた皆さんとの縁は消えませんものねっ。
やっぱり、ブログをやってて良かったなぁ~(涙目)
なので、気を取り直して懲りずにもう一度、この記事 書くことにしました!
(大丈夫!今度はバックアップもバッチリです(笑))

プラダを着た悪魔 ( 2005年/アメリカ 原題:THE DEVIL WEARS PRADA )
【監督】 デヴィッド・フランケル
【原作】 ローレン・ワイズバーガー
【脚本】 アライン・ブロッシュ・マッケンナ
【出演】 メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/エミリー・ブラント
    /スタンリー・トゥッチ/エイドリアン・グレニアー
    /トレイシー・トムズ/サイモン・ベイカー/リッチ・ソマー
    /ダニエル・サンジャタ


この映画のキャッチコピーは、
恋に仕事にがんばるあなたの物語。
前評判通り、文句ナシにすごく楽しい映画です! さて、その内容は・・・?
11:35  |  女性必見!の映画  |  Trackback(1)  |  Comment(9)

「エターナル・サンシャイン」

2006.08.17 (Thu)

これは前から観たかった一本。 いろんな方のブログを拝見しても、とても評判がいいのです。
劇場で見逃してDVDを借りようとしても、いつも全部レンタル中。
それが、今月ついに ムービープラス で放送されました! ありがとう~、ムービープラス!

 エターナル・サンシャイン
( 2004年/アメリカ 原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND )
【監督】 ミシェル・ゴンドリー
【脚本】 チャーリー・カウフマン
【出演】 ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルステン・ダンスト
     /マーク・ラファロ/イライジャ・ウッド/トム・ウィルキンソン



さて、その感想は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

13:43  |  女性必見!の映画  |  Trackback(1)  |  Comment(8)

陽が昇るまで。陽が沈むまで。

2006.05.24 (Wed)

誰にでもきっと、忘れられない恋の想い出がある。
視線が交わった瞬間から相手のことを知りたいと思い、話せば話すほど、もっと話したいと思う。
そうやって夜を明かしたのは、一体いつのことだったか・・・。

 恋人までの距離 ( ディスタンス )
( 1995年/アメリカ 原題:BEFORE SUNRISE )
【監督・脚本】 リチャード・リンクレイター
【脚本】 リチャード・リンクレイター/キム・クリザン
【撮影】 リー・ダニエル
【出演】 イーサン・ホーク/ジュリー・デルピー



現在開催中のカンヌ映画祭で、コンペ部門ある視点部門 へ2作品をエントリーし、
今年の話題の人となっている、リチャード・リンクレイター 監督。
コンペ作品は、ファーストフード業界の裏側を暴いた問題作 ファーストフード・ネイション
ですが、今から10年前のこの作品に、胸キュンした方も多いのでは? それは・・・?

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

23:03  |  女性必見!の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。