スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

耳で聴くシネマはいかが?

2007.03.15 (Thu)

春一番が吹いたかと思えば、いきなり冬に逆戻りしたかのような天候に、
皆さん、風邪など引いていませんか?
九州は暖かいと思われがちですが、今日の最高気温は10度
まだまだ風は冷たく感じられます。

さて、今年の福岡市の桜開花予想は、3月21日 。
膨らみだしたつぼみを眺めていると、それだけでウキウキした気分になるものの、
なにせ年度末は忙しくて映画を観る時間もない・・・という皆さんへ、
今日は、おススメのアルバム をピックアップしてみました。
それは・・・?
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:33  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

「ウーマン・イン・レッド」

2006.02.28 (Tue)

「 I just called to say I love you,
 I just called to say how much I care I do,
 I just called to say I love you,
 And I mean it from the bottom of my heart・・・」

( 電話したのは、ただ 「 愛している 」 と伝えたかっただけ。
 僕の気持ちを伝えたかったんだ。
 電話したのは、ただ 「 愛している 」 と伝えたかっただけ。
 心から愛しているよ・・・。)

「 I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU ( 心の愛 ) 」
わたしが、スティーヴィー・ワンダー の楽曲の中で一番好きな曲です。
シンプルな歌詞とメロディの中に、溢れるほどの がつまってる。

1984年の アカデミー賞&ゴールデン・グローヴ賞歌曲賞 に輝き、
全米チャート でも No.1 を獲得した名曲ですが、この曲が使われていたのが、
この映画でした。それは・・・?

テーマ : DVD - ジャンル : 映画

23:56  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

「キュリアス・ジョージ」

2006.02.22 (Wed)

「これは、おさるのジョージです。 アフリカに住んでいました。
ジョージは、かわいい子ざるでしたが、とても知りたがりでした・・・」
  
   
う~ん、懐かしいですね~。
大人になっても、わたしは キュリアス・ジョージ が大好きです!
1941年の初版以来、世界中の子供達に愛され続ける絵本、
あの 「おさるのジョージ」 が映画になって、只今全米で公開されています。

Curious George ( 2006年/アメリカ 邦題:キュリアス・ジョージ )
【監督】 マシュー・キャラハン
【製作】 ロン・ハワード他
【声の出演】 ウィル・フェレル/ドリュー・バリモア/デヴィッド・クロス
       /ユージン・レヴィ/ディック・ヴァン・ダイク


この映画、おさるのジョージ がかわいいのはモチロンですが、
サントラ が、また気持ちイイのです。 それは・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:48  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

「リトル・ダンサー」

2006.02.19 (Sun)

一言で言えば、「ボクシングより、クラシックバレエに魅せられた少年の物語」

・・・いやいや、これは、美しく可愛いだけのお話ではありません。
主人公 ビリー少年 のステップは、アステア のように軽やかで、フットルース
ケヴィン・ベーコン を彷彿させるほど、なんてロックでエネルギッシュ!
音楽は、ポール・ウェラーUK好きに はたまらない選曲で、
小さな体が、喜びを、苛立ちを、込み上げる情熱の衝動を押さえきれずに動き出す。
見事なダンスと家族愛のコラボレーションに、「今すぐ、わたしも踊りたい!」
そんな気分にさせられたのが、この映画、

 リトル・ダンサー ( 2000年/イギリス 原題:BILLY ELLIOT )
【監督】 スティーヴン・ダルドリー
【脚本】 リー・ホール
【音楽】 スティーヴン・ウォーベック
【出演】 ジェイミー・ベル/ジュリー・ウォルターズ/ゲイリー・ルイス
     /ジェイミー・ドレイヴン/アダム・クーパー



その物語の舞台は・・・?

テーマ : サントラ - ジャンル : 音楽

17:21  |  サントラ名盤  |  Trackback(1)  |  Comment(19)

“夕焼け”と出会う映画

2006.01.20 (Fri)

最近、夕暮れ時の空 を見上げましたか?

いつもお世話になっている kayaさん のブログ 「The Unstrung Harp」 と、
Musicmanさん のブログ 「Soft & Mellow」 で、素敵な夕暮れの空と出会いました。

今年の私のテーマは、「どんな時でも笑える自分でいよう」 。
忙しくなると、ついつい気がつかぬうちに目がつりあがって、笑う “余裕” も、
空を見上げる “ゆとり” も失ってしまいがち。
でも、やっぱりそんな時こそ、忙しさに逃げないで 「時間」 を作ろうとすることが、
気持ちも心もリフレッシュさせてくれるんですよね。
kayaさんMusicmanさん のブログにおじゃましながら、ちょっぴりそんなことを考えました。

そして、キレイな夕焼けを見ながらいつも思い出すのは、あの イントロ
心の中に浮かぶのは、あの映画で観た、あの 橙色の夕焼け を見つめる少年達の後ろ姿・・・。
そう、その映画とは・・・?

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

23:10  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

『エリザベスタウン』

2005.11.03 (Thu)

10月31日、エルガーラホールで上映された エリザベスタウン の試写会に行ってきました!

エリザベスタウン ( 2005年/アメリカ 原題:ELIZABETHTOWN )

【監督・脚本】 キャメロン・クロウ
【製作】 キャメロン・クロウ/トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー 
【音楽】 ナンシー・ウィルソン
【出演】 オーランド・ブルーム/キルステン・ダンスト
     /スーザン・サランドン/アレック・ボールドウィン
     /ブルース・マッギル/ジュディ・グリア/ジェシカ・ビール


日本では、11月12日(土)から公開予定。
その感想は・・・? (多少、ネタバレありますので、ご注意願います!)

テーマ : 音楽・映画・アニメ - ジャンル : 日記

00:32  |  サントラ名盤  |  Trackback(24)  |  Comment(15)

夏の終りに観たい映画

2005.08.28 (Sun)

「Love ~, Is a Many Splendored Thing ・・・♪ ( 恋ははかなく、恋はすばらしきもの ) 」
名作には、必ずその映像と共に蘇る “名曲” がある。

ジェニファー・ジョーンズの、あの美しいチャイナ・ドレス姿に、二人の想い出の丘・・・。
朝晩が少しだけ涼しく感じる残暑の頃に観たくなるのが、大好きなこの映画 慕情


1949年英国領・香港を舞台に、
イギリス人の父をもつ中国人女医のハン・スーイン ( ジェニファー・ジョーンズ ) と、
アメリカ人従軍記者のマーク・エリオット ( ウィリアム・ホールデン ) との悲恋を描いた物語だ。

サミー・フェイン作曲、ポール・フランシス・ウェブスター作詞の主題歌
「Love Is a Many Splendored Thing」は、アカデミー歌曲賞に輝き、
同年、そのヴォーカルをとったフォー・エイセスのグループ・コーラスは、
全米チャートで、1ヶ月以上もナンバーワンに輝く大ヒットとなった。

その頃、もちろん私は生まれていないんだけれど、日本でも、とても有名な歌手が
この曲を歌ったそうだ。 その人とは・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

02:52  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

「グリース!」

2005.08.02 (Tue)

お盆休みまであと10日を切りました!
夏、夏、夏、夏、ココナッツ。指折り数えて待つ夏休み。
そういえば去年の夏は何してたっけ?
そうそう、こんな歌があったよね。「聞かせてよ、『想い出のサマー・ナイツ』・・・」

その曲が入っていたのは、私の大好きな映画のサントラ盤だった。
トラヴォルタのリーゼントに、オリビアのポニーテール。
カラフルな雑貨が可愛いカフェのジュークボックスからはプレスリー。
週末のドライブイン・シアターに、プロムのダンス・パーティ・・・。

『グリース』(GREASE:1978年/アメリカ)
【監督】 ランダル・クレイザー John Travolta
【出演】 ジョン・トラヴォルタ/オリヴィア・ニュートン・ジョン/ストッカード・チャニング
     /ジェフ・コナウェイ
 (写真をクリック!大きくなります)


そんな憧れの古き良き50's のムードたっぷりの雰囲気の中、
次から次へと流れてくるオールディーズ・ナンバーに、当時すっかり夢中になって、
姉からもらったサントラのLP盤は、レコード針が裏側へ突き抜けてしまうかと思うほど聴き込んだ。

さて、「ビージーズ」バリー・ギブが音楽を担当した『グリース』のサントラにはナゾが・・・?
22:43  |  サントラ名盤  |  Trackback(2)  |  Comment(11)

僕のスウィング

2005.06.20 (Mon)

夏が近づくたび、僕の心によみがえるあの日の色のついた記憶。
それは朝露にぬれた若草の匂い。
秘密の森のフナ釣り。
摘みたての真っ赤な野いちごの甘酸っぱい香り。
心躍らすジャンゴのジプシー・ギター。
そして僕を見つめるあの子の黒い瞳・・・。
忘れないひと夏の思い出。そう、それが「僕のスウィング」
D110816733s.jpg

たしか4,5年前、博多の親不孝通りの小さな映画館で上映されていました。
草の上に寝そべった二人の子供の笑顔が印象的なポスターだったのに、
なんとなくそのまま観ないままになっていた一本です。
先週末は久しぶりにフランス映画三昧だった私。
といっても特別な理由はなくて、CSがフランス映画特集を放送していたからなんですけどね(笑)

「僕のスウィング」(2002年フランス)
【監督・脚本・音楽】トニー・ガトリフ
【出演】 チャボロ・シュミット/マンディーノ・ラインハルト
     オスカー・コップ/ルー・レッシュ


毎日蒸し暑くて、寝苦しい夏の夜には、ひとり起きだして風にあたってみたり。
乾いた喉を一杯の水で潤していたら、夜風にまぎれてこんな音楽が流れてきたとしたら・・・。
23:02  |  サントラ名盤  |  Trackback(6)  |  Comment(11)

現実はキビシイ・・・。

2005.06.01 (Wed)

就職したての頃、ハマリまくった映画が先日BSで放送されていました。
それは 「リアリティ・バイツ」
たしか高校の同級生でTV局に就職した、ウィノナ・ライダー似の親友Sちゃんと
二人で観に行ったんだよなぁ。
20050601223623.jpg

「REALITY BITES=現実はキビシイ!」

当時、巷では“ジェネレーションX”をテーマにした本が話題となっていました(1992年頃かな)。
“ジェネレーションX”とは、団塊の世代(1946年~1950年代)に続く世代を指す言葉。
読んで字のごとく“未知なる世代”“分からない世代”という意味。
かみ砕いていえば、
「従来の枠組みや習慣にとらわれない、自由で先の読めない行動をとる独立した価値観を
もっている・・・」
ということらしいのですが、
ギリギリ60年代生まれの私達はまさにその世代でした。
この映画も、ベン・スティラーが監督で“ジェネレーションX”を・・・と聞けば、
観にいかないはずはありません。

とくかく、そのセリフ、その感情表現、その音楽・・・。どれをとっても、リアルでカッコよかった!!
スクリーンに映るもの全てが私たちのバイブル。
映画で流れていた曲は、すぐに頭の中でヘビー・ローテーション。
帰り道にはTower Recordでサントラを即買いし、それからは毎日聴きまくりました。
そんなCDの中身はコチラ!
23:56  |  サントラ名盤  |  Trackback(4)  |  Comment(6)

憧れのダンシング・クイーン

2005.05.21 (Sat)

「あなたなら踊れる。そう、あなたならスイングできる。 人生で一番ステキな時を。
 ほら、あの娘を見て、みんながやっていることを見てごらんなさい
 ダンシングクィーンに夢中になってごらんなさい・・・」


今朝、TVをつけるとこの曲が流れてきました。
誰もが口ずさめるABBAの「ダンシング・クイーン」
「わぁっ、懐かしい~♪」
学生時代、歌詞もよく分からないままに憧れて夢中で聞いていた曲でした。
20050521153509.jpg

少しの間、なんとなく気分は一気にフラッシュ・バック。
当時福岡には一局しかFMがなかったので、海外の流行のポップスを聴くために、
新聞の番組表に赤線を引いてよくエア・チェックをしていたものです。
録音したカセットテープは、すり切れるまで友達同士で回しあって聴くのが常識。
昔から何事にもコリ性の私は、たまにはそれを組み合わせて
“こだわりのMy Best”なんぞ作ってたよなぁ・・・。

さて、この「ダンシング・クイーン」
なぜ流れてきたかというと、今朝放映されていた映画のテーマ曲だったからでした。
“コンプレックスを抱えた主人公が、
高校時代にいつも部屋で一人きり、繰り返し聴いていた曲”


すっかりノスタルジックな気分になっていた私は、そのままその映画を見ることにすると・・・。
16:04  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。