スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

現実はキビシイ・・・。

2005.06.01 (Wed)

就職したての頃、ハマリまくった映画が先日BSで放送されていました。
それは 「リアリティ・バイツ」
たしか高校の同級生でTV局に就職した、ウィノナ・ライダー似の親友Sちゃんと
二人で観に行ったんだよなぁ。
20050601223623.jpg

「REALITY BITES=現実はキビシイ!」

当時、巷では“ジェネレーションX”をテーマにした本が話題となっていました(1992年頃かな)。
“ジェネレーションX”とは、団塊の世代(1946年~1950年代)に続く世代を指す言葉。
読んで字のごとく“未知なる世代”“分からない世代”という意味。
かみ砕いていえば、
「従来の枠組みや習慣にとらわれない、自由で先の読めない行動をとる独立した価値観を
もっている・・・」
ということらしいのですが、
ギリギリ60年代生まれの私達はまさにその世代でした。
この映画も、ベン・スティラーが監督で“ジェネレーションX”を・・・と聞けば、
観にいかないはずはありません。

とくかく、そのセリフ、その感情表現、その音楽・・・。どれをとっても、リアルでカッコよかった!!
スクリーンに映るもの全てが私たちのバイブル。
映画で流れていた曲は、すぐに頭の中でヘビー・ローテーション。
帰り道にはTower Recordでサントラを即買いし、それからは毎日聴きまくりました。
そんなCDの中身はコチラ!
スポンサーサイト
23:56  |  サントラ名盤  |  Trackback(4)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。