スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ジェームス・ディーンに憧れて

2005.06.08 (Wed)

美男薄命・・・。
あのジェームス・ディーンがこの世を去ってから、もう50年も経つんですねぇ。
先週末「J・ディーン没後50年記念式典」が、彼の故郷インディアナ州マリオンで開催され、
約10万人のファンが集まったというニュース。
AP通信によると、
「6月3日から3日間行われた記念式典には、生前から親しかったデニス・ホッパーや
俳優のマーティン・シーンらの多くの映画関係者が出席。
マリオン空港に設置された巨大な野外スクリーンでは代表作が上映された。
マリオンはディーンの出身地で、1955年9月にカリフォルニア州で自動車事故のため
死亡したディーンの墓や記念館があり、今も多くのファンをひきつけている・・・。」

20050607233414s.jpg

ジェームス・ディーンが生まれたのは、1931年2月8日。今から75年前のことです。
といっても、私はモチロン生まれていませんが、もし彼が生きていたなら、先日、誕生日を迎えて
75歳になったクリント・イーストウッドと同い年だったんですって。
どんなおじいちゃんになっていたんだろう・・・??
知りたい方は↓へ
スポンサーサイト
00:02  |  映画を愛した巨匠たち  |  Trackback(1)  |  Comment(12)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。