スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

僕のスウィング

2005.06.20 (Mon)

夏が近づくたび、僕の心によみがえるあの日の色のついた記憶。
それは朝露にぬれた若草の匂い。
秘密の森のフナ釣り。
摘みたての真っ赤な野いちごの甘酸っぱい香り。
心躍らすジャンゴのジプシー・ギター。
そして僕を見つめるあの子の黒い瞳・・・。
忘れないひと夏の思い出。そう、それが「僕のスウィング」
D110816733s.jpg

たしか4,5年前、博多の親不孝通りの小さな映画館で上映されていました。
草の上に寝そべった二人の子供の笑顔が印象的なポスターだったのに、
なんとなくそのまま観ないままになっていた一本です。
先週末は久しぶりにフランス映画三昧だった私。
といっても特別な理由はなくて、CSがフランス映画特集を放送していたからなんですけどね(笑)

「僕のスウィング」(2002年フランス)
【監督・脚本・音楽】トニー・ガトリフ
【出演】 チャボロ・シュミット/マンディーノ・ラインハルト
     オスカー・コップ/ルー・レッシュ


毎日蒸し暑くて、寝苦しい夏の夜には、ひとり起きだして風にあたってみたり。
乾いた喉を一杯の水で潤していたら、夜風にまぎれてこんな音楽が流れてきたとしたら・・・。
スポンサーサイト
23:02  |  サントラ名盤  |  Trackback(6)  |  Comment(11)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。