スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ダイアナ妃の命日

2005.08.30 (Tue)

もうすぐ、8月31日がやってくる。
パリに散った“ イギリスのバラダイアナ元妃 。享年36歳
彼女が逝って、もう 8年 も経つんですね。

20歳で嫁いだダイアナの、あの世紀のロイヤル・ウエディングを、
TVに釘付けになって見ていたのは、小学6年生の時だった。


日本に来日した時は、限定版の来日記念写真集を買ってもらった!
その私も、とうとう今年はダイアナ妃と同じ歳になるんだから、何だかとても不思議な気分。
同じ女性で、同じ 36年 でも、歩いてきた道のりは人それぞれなんだなぁ・・・。
そこで、思ったのは・・・?
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

00:04  |  私について  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

夏の終りに観たい映画

2005.08.28 (Sun)

「Love ~, Is a Many Splendored Thing ・・・♪ ( 恋ははかなく、恋はすばらしきもの ) 」
名作には、必ずその映像と共に蘇る “名曲” がある。

ジェニファー・ジョーンズの、あの美しいチャイナ・ドレス姿に、二人の想い出の丘・・・。
朝晩が少しだけ涼しく感じる残暑の頃に観たくなるのが、大好きなこの映画 慕情


1949年英国領・香港を舞台に、
イギリス人の父をもつ中国人女医のハン・スーイン ( ジェニファー・ジョーンズ ) と、
アメリカ人従軍記者のマーク・エリオット ( ウィリアム・ホールデン ) との悲恋を描いた物語だ。

サミー・フェイン作曲、ポール・フランシス・ウェブスター作詞の主題歌
「Love Is a Many Splendored Thing」は、アカデミー歌曲賞に輝き、
同年、そのヴォーカルをとったフォー・エイセスのグループ・コーラスは、
全米チャートで、1ヶ月以上もナンバーワンに輝く大ヒットとなった。

その頃、もちろん私は生まれていないんだけれど、日本でも、とても有名な歌手が
この曲を歌ったそうだ。 その人とは・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

02:52  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

シンデレラとグリム兄弟

2005.08.25 (Thu)

夢見る乙女(?)をとんでもなく過ぎても、どうもこの手の映画には弱いんだなぁ。
そうそう、誰もが知っているグリム童話「シンデレラ」 を映画化した、
ドリュー・バリモアエヴァー・アフター
数回観ているけれど、CSで放送されていたのをまた観てしまった。


グリム童話を題材にした映画では、6,7年前のちょうど同じ頃に公開された
『 スノーホワイト 』(白雪姫) もあったけれど、そちらは初版に忠実に描かれていたから、
メルヘンというより、かなりショッキングな内容だった。

同様に、シンデレラ=灰かぶり姫 も、本当はちょっと恐いお話。
でも、『 エバー・アフター 』 で描かれているのは、グリム童話とも、
昔、絵本で読んだような、いじめられて泣いてばかりいるシンデレラともちょっと違うのよね。

それは・・・?

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル : 映画

21:40  |  アメリカ映画  |  Trackback(1)  |  Comment(6)

残暑もホラーでしょ?

2005.08.23 (Tue)

「残暑もやっぱホラーよね・・・。」と、
そこで観たのが定番中の定番、オカルト映画の金字塔 『 エクソシスト
もう何回も観ているのだけれど、CSで1と2を続けて放送していたので、
つい夜中まで観てしまった。

エクソシスト (原題:THE EXORCIST)(1973年/アメリカ)
【監督】 ウィリアム・フリードキン
【原作】 ウィリアム・ピーター・ブラッティ
【音楽】 マイク・オールドフィールド/ジャック・ニッチェ 
【出演】 エレン・バースティン/クリス・マクニール /マックス・フォン・シドー/リー・J・コッブ
     /ジェイソン・ミラー/リンダ・ブレア



あっ・・あの曲が流れてきた・・・!

きたっ!・・・コワいっ。 なにがって・・・、 リンダ・ブレアのがコワすぎる。
32年も前の映画なのに、あの特殊メイクはなんなんだ! スゴイ。スゴすぎる!

おおっ!リーガンに浮いた~っ!『エクソシスト』の一番の見せ場だぁ~。

そして・・・?

テーマ : 映画★★★★★レビュー - ジャンル : 映画

00:15  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

ああ青春の甲子園

2005.08.21 (Sun)

歴史に並んだ大記録に、逆転に次ぐ逆転!
猛暑に負けない熱い熱い青春ドラマも、駒大苫小牧の連覇で幕を閉じた夏の甲子園2005
今年は、知人の息子さんが、なんとベスト4まで勝ち残ったのもあって、
例年になく観戦に熱が入った!

さて、その昔 ( かなり昔?) 南ちゃん気取りで(笑)高校野球部のマネージャーをしていた私は、
そんなわけで野球にはちょっとした思い入れがある。
そこで思い出したのがコレ
かなりの直球ものです。変化球苦手なもんで・・・(笑) その映画とは・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

12:13  |  アメリカ映画  |  Trackback(1)  |  Comment(5)

呼子へGo!

2005.08.18 (Thu)

とうとう終わってしまった夏休み。 でも、行ってきましたドライブへ!

というわけで、今回の目的地は、佐賀県唐津市呼子 (“よぶこ”と読みます )。
福岡市内からは、高速を走って1時間半くらいですね。
その後は、202号線のルートが一般的ですが、
今回は海沿いのドライブコース204号を走りました。

呼子といえば、何といっても“イカ”を食べずしては帰れません!

玄海灘に面する港町・呼子は、日本でも有数の漁場として知られ、
イカサザエやなどの豊かな海の幸を堪能できます。
ちなみに「朝市まつり」も有名で(子供の頃にはよく家族で出かけました)、
実は、輪島飛騨高山と並ぶ「日本3大朝市」のひとつに数えられているんですって!

さて、呼子でどんなイカに出会ったかというと・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

18:56  |  ドライブへ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

「 リリー・マルレーン 」

2005.08.15 (Mon)

第2次世界大戦中ナチ支配下のドイツで、敵味方を越えて、多くの兵士達に
熱狂的に支持されたという、歴史的事実を作った流行歌があった。
それがリリー・マルレーン

1941年に、当時ドイツ軍占領下のベオグラード放送局で初めて流されたこの曲は、
アフリカ戦線のドイツ兵から敵国のイギリス連合軍にまで、国境を越えて愛唱されたという。

映画リリー・マルレーン は、その曲を歌った実在の歌手、ララ・アンデルセン
自伝を基に、戦争に翻弄された一人の女性歌手の姿を描いた物語で・・・?

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

13:29  |  その他の国の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

「イル・ポスティーノ」

2005.08.14 (Sun)

夏の休暇を過ごすなら、いつか行ってみたい地中海の島々。
イタリアのナポリから、船で約30分の沖合いに浮かぶプロチダ島は、
素朴な港町と、太陽の光をいっぱいに浴びて育った黄色いレモンの産地。
そして、映画イル・ポスティーノ で知られる小さな島だ。



郵便配達の青年と詩人が出会い、そこで生まれたささやかな友情と
青年の成長を温かく描いた叙情的な物語。

あれから10年の時が過ぎた。
あのピンク色の壁の郵便局や、ベアトリーチェの居酒屋は、今も色あせることなく
島の暮らしの中に溶け込んでいるだろうか?

そんな憧れの風景に出会いたくて観てみると・・・?

テーマ : 映画・ビデオ・DVD日記 - ジャンル : 映画

00:13  |  イタリア映画  |  Trackback(6)  |  Comment(14)

「50回目のファーストキス」

2005.08.11 (Thu)

今年の夏も相変わらず大人気のハワイ
コバルト・ブルーの海に白い砂浜、ハイビスカスにプルメリアのレイ・・・。
6つの島の中でもハワイの中心地として発展したオアフ島は、
ホノルルのワイキキ・ビーチにダイアモンド・ヘッド、サーファーなら一度は行きたい
ノース・ショアなどなど、見どころがいっぱい!

50回目のファースト・キスは、
そんなオアフ島のメジャーな観光スポットから離れたのどかな田舎町・ワイカニが舞台の
ラブ・ストーリー。


静かなビーチパイナップル畑牧場など、のんびりとした素朴な風景を見ていると、
プレス資料に書かれていた「ハワイでしか撮影できない映画」というレビューの意味が
だんだん分かってきた。
それは・・・?

テーマ : 日記 - ジャンル : 映画

08:40  |  アメリカ映画  |  Trackback(11)  |  Comment(9)

「サイドウェイ」

2005.08.07 (Sun)

脚本が面白そうで、しかもワイン好きにはたまらない映画と聞いて前から観たかったのが、
この映画 SIDEWAYS

お酒に強い方ではないけれど、飲むとしたら外でも家でもワインを選ぶことが多い。
・・・といっても、ワインの知識について難しいことは全く分からないんですよね、わたくし。
ダンナさまはワイン好きなので、私はいつもお任せで彼が選ぶものを飲んでいる。
ちなみに彼はソムリエを目指していたそうだけど、
まわりから「それむり!」といわれたらしい・・・( あららっ(汗) )


いろいろとワインの話を聞くのも面白い。
ワイン誕生の歴史や、同じ品種のブドウでも育った土地の気候によって微妙に味が違うとか、
なるほど、今、手にしているこのグラス中の赤や白の液体にはそれぞれの歴史があって、
ここでコルクを抜いて空気に触れた瞬間から、他のボトルとは違う味の変化が始まっている・・・
なんて聞いていると「なるほど、奥が深いのね~!」と、
うんちくを語りたく気持ちも分かる気がする。

さて、話を映画に戻すと・・・?

テーマ : 見た映画 - ジャンル : 映画

22:54  |  アメリカ映画  |  Trackback(2)  |  Comment(2)

「リストランテの夜」

2005.08.05 (Fri)

貴方が、もう一度行きたくなるレストランは、どんなレストランですか?

メニューの内容? 内装の雰囲気? 盛り付けの様子? 価格と予算?
私にとっては、味はもちろんだけれど、そこで働くスタッフも重要だったりする。
レストランって“時間”を楽しむ場所であって欲しいからかな。

さて、映画 『 リストランテの夜 』 に登場する“ リストランテ「パラダイス」 ”は、
今にも潰れそうなイタリアン・レストラン。
雰囲気も悪くないし、もちろん料理は絶品! なのに何故かお客が入らない。
映画を観ている私も「 オイオイ、大丈夫? 」と心配になってきた。

そのワケとは・・・?
01:03  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「グリース!」

2005.08.02 (Tue)

お盆休みまであと10日を切りました!
夏、夏、夏、夏、ココナッツ。指折り数えて待つ夏休み。
そういえば去年の夏は何してたっけ?
そうそう、こんな歌があったよね。「聞かせてよ、『想い出のサマー・ナイツ』・・・」

その曲が入っていたのは、私の大好きな映画のサントラ盤だった。
トラヴォルタのリーゼントに、オリビアのポニーテール。
カラフルな雑貨が可愛いカフェのジュークボックスからはプレスリー。
週末のドライブイン・シアターに、プロムのダンス・パーティ・・・。

『グリース』(GREASE:1978年/アメリカ)
【監督】 ランダル・クレイザー John Travolta
【出演】 ジョン・トラヴォルタ/オリヴィア・ニュートン・ジョン/ストッカード・チャニング
     /ジェフ・コナウェイ
 (写真をクリック!大きくなります)


そんな憧れの古き良き50's のムードたっぷりの雰囲気の中、
次から次へと流れてくるオールディーズ・ナンバーに、当時すっかり夢中になって、
姉からもらったサントラのLP盤は、レコード針が裏側へ突き抜けてしまうかと思うほど聴き込んだ。

さて、「ビージーズ」バリー・ギブが音楽を担当した『グリース』のサントラにはナゾが・・・?
22:43  |  サントラ名盤  |  Trackback(2)  |  Comment(11)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。