スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サーフサイドな夏物語

2007.07.30 (Mon)

博多は梅雨明けしたとたん、毎日 32度 を越える暑~い日が続いています。
凍えるくらいクーラーが効いている会社のデスクから窓の外を見ると、真っ青な空が。
ああ~こんな日は が青いんだろうなぁ~っ。
ビーチサイドカフェのパラソルの下で、キリリと冷えたペリエとか飲みたいわぁ~。
・・・行きたいなぁ~ っ!! 
ということで、今日はこんな映画をセレクトしてみました。

 ブルークラッシュ( 2002年/アメリカ 原題:BLUE CRUSH )
【監督】 ジョン・ストックウェル
【脚本】 リジー・ウェイス/ジョン・ストックウェル
【撮影】 デヴィッド・ヘニングス
【水中撮影】 ドン・キング
【音楽】 ポール・ハスリンジャー
【出演】 ケイト・ボスワース/ミシェル・ロドリゲス/サノー・レイク
     /マシュー・デイヴィス/ミカ・ブーレム


サーフィン に賭ける ロコ・ガール の恋と夢と友情の青春ムービー。
2度目の鑑賞です。 さて、その内容は・・・?
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

00:35  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

「十二人の怒れる男」

2007.07.27 (Fri)

7月29日(日)  は、参議院選挙の投票日 ですね。
毎日の生活では 「 主権は国民にある 」 ことを意識せずに暮らしているかもしれませんが、
それを改めて意識させられるのが、選挙の時とこの映画、

十二人の怒れる男 ( 1957年/アメリカ 原題:12 ANGRY MEN )
【監督】 シドニー・ルメット
【製作】 レジナルド・ローズ/ヘンリー・フォンダ
【脚本】 レジナルド・ローズ
【出演】 ヘンリー・フォンダ/リー・J・コッブ/エド・ベグリー
    /マーティン・バルサム/E・G・マーシャル/ジャック・クラグマン
    /ジョン・フィードラー/ジョージ・ヴォスコヴェック
    /ロバート・ウェッバー/エドワード・ビンズ/ジョセフ・スィーニー
               /ジャック・ウォーデン


さて、その内容は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

00:03  |  クラシック名画  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

消えゆく氷と消えゆく命。

2007.07.22 (Sun)

学校は 夏休み に入ったんですね~。 いやぁ~うらやましいっ!
九州もやっと来週あたり梅雨が明けそうだし、いよいよ本格的な暑さ到来ですっ。
そこで今日は、来週末全米で公開される 夏休みに親子で見たい こんな新作を
ピックアップしてみました。

Arctic Tale ( 2007年/アメリカ 邦題:  「 北極のナヌー 」
【監督】 アダム・ラヴェッチ/サラ・ロバートソン
【脚本】 リンダ・ウールヴァートン/モース・リチャーズ
     /クリスティン・ゴア
【ナレーション】 クイーン・ラティファ





さて、その内容は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

13:25  |  Hollywood News  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

開かずの扉「1408」

2007.07.17 (Tue)

この3連休、みなさんはいかがお過ごしでしたか?
わたしは久々にレンタル屋さんへ行ってきました。
この季節、大幅に拡大された ホラー映画 の棚を見ると、「 夏よねぇ~ 」と実感しています。
そこで今日は、怖いくせに暑くなるとなぜか観たくなる?ホラーの新作をピックアップしてみました。

 1408 ( 2007年/アメリカ 原題:1408 )
【監督】 ミカエル・ハフストローム
【原作】 スティーヴン・キング
【脚本】 マット・グリーンバーグ/スコット・アレクサンダー
     /ラリー・カラゼウスキー
【出演】 ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン
     /メアリー・マコーマック/トニー・シャルーブ



先月22日より全米で公開中され、初登場2位にランクインして以来、
今週6位にランクダウンしたものの、4週連続TOP10入りを果たしている本作は、
あの スティーヴン・キング 短編小説を映画化した一本です。
さて、その内容は・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

22:17  |  Hollywood News  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

フランス革命記念日

2007.07.13 (Fri)

九州には大型台風が近づいていますが、博多は、まだ嵐の前の静けさ・・・といった感じ。
さて、来る 7月14日 は、フランス革命記念日 だというのをご存知ですか?

1789年のその日、パリ市民のバスチーユ牢獄襲撃によって
火蓋が切られた フランス革命
本国では13日から 前夜祭 が行われ、パリはお祭りムードに
包まれるんだそうです。
日本では パリ祭 として親しまれ、各地で シャンソンコンサート などが開催されています。
(ちなみに、わたしの地元博多ではただ今山笠シーズン真っ盛り!)

そこで、フランス革命にちなんだ映画や、 “パリ”がタイトルに付く作品、
フランス映画などをピックアップしようかなぁ~と思ったのですが、
偶然こんな素晴らしいサイトを見つけました!

その名も、 『 映画で世界史を勉強しよう 』 ( → コチラをクリック! )

このサイトを運営していらっしゃるのは、なんと 岐阜県教育委員会
時代モノ、歴史モノが大好きなわたしですが、いつも時系列がはっきりしなくて、
モヤモヤしていた気持ちを、見事にスカッと晴らしてくれます。

こんな風に映画が役に立つのは、なんだかとても嬉しいです。
きっと映画が大好きな委員の方が丁寧に調べてくださったのでしょうね。 
映画ファンとしては、かなり感激してしまいました!
わたしもコチラを参考に、もっと映画を見て歴史を好きになりたいなぁと思いました。
とっても勉強になりますよ。 皆さんもぜひのぞいて見てくださいね!

banner_02.gif

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

23:50  |  シネマ・オ・レ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

「ボルベール 」

2007.07.08 (Sun)

女は、血を流すたびに強くなるー。
アルモドバル 監督が描き続けた、女性讃歌の最終章は、
「 女に生まれたことを誇りに思える 」 作品でした。

> ボルベール < 帰郷 >( 2006年/スペイン 原題:VOLVER )
【監督・脚本】 ペドロ・アルモドバル
【撮影】 ホセ・ルイス・アルカイネ
【音楽】 アルベルト・イグレシアス
【出演】 ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス
    /ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ/チュス・ランプレアベ



先日、試写会に行ってきました! さて、その感想は・・・?

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

19:51  |  女性必見!の映画  |  Trackback(2)  |  Comment(6)

木曜洋画劇場2000回記念

2007.07.03 (Tue)

あの 木曜洋画劇場 が、
今月 2000回 を迎えるのだそうです。


そして、7月5日(木) から放送される記念企画第1弾は、なんと ジョーズ
しかも、おお~! ロイ・シャイダー の吹き替えは、羽佐間道夫 氏バージョンだそう!
ジョーズ を見た後は、本当にコワくて海に泳ぎに行けませんでした・・・(笑)

→ 「 木曜洋画劇場2000回記念 」 TV東京公式ホームページ

1968年 より放送以来、39年。来年は40周年を迎えるんですね~。
スペシャルサイトには、視聴率TOP30 も発表されていました。
一位がなんと・・・あの作品というのは、ちょっと笑っちゃったっ!
吸血鬼ドラキュラ もランクインしていますが、やっぱりドラキュラといえば、
クリストファー・リー でしょう!

日曜日は淀川さんの 「 日曜洋画劇場 」 、金曜日は水野晴男さんの 「 金曜ロードショー 」
そして 「 木曜洋画劇場 」 と、ゴールデンタイムの洋画劇場 で出合った映画は数知れず。
なのに、いまでは 「 ノーカットで見たい~ 」 とか、「 字幕がいーい! 」 とか駄々をこね、
すっかり TV洋画劇場離れ の恩知らずな娘に育ってしまったわたしを許してっ。

それでも続いた 2000回 。 本当にスゴイことだと思います。
スタッフの皆様、心からおめでとうございます!
記念企画、久々TVにかぶりつきで見ますよ~、マジで!

さぁ、映画の楽しさを分かりやすく教えてくれた、あの吹き替えの楽しみを、もう一度。

banner_02.gif

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:45  |  シネマ・オ・レ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。