スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「アメリ」に学ぶバレンタイン必勝法

2006.02.13 (Mon)

明日は、いよいよ バレンタイン・デー ですねっ。

「 一年に一度、女性から男性にチョコレートを渡して愛を告白する日 」
「それは日本だけだからなぁ・・・」と言いつつ、やっぱり行ってきました、チョコ売り場。
毎年のことですけど、もう、あまりの人、人、人・・・の多さに、ゲッソリッ(汗)
和菓子売り場にもバレンタイン・コーナーがあるし、「そうか、甘いものならなんでもいいのねっ?」と、
なぜか クレーム・ブリュレ を思いついたところで ( 強引やね~(笑) )、
本日の映画は、コチラ!

 アメリ ( 2001年/フランス 原題:LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN )
【監督】 ジャン=ピエール・ジュネ
【脚本】 ジャン=ピエール・ジュネ/ギョーム・ローラン
【音楽】 ヤン・ティルセン
【ナレーション】 アンドレ・デュソリエ
【出演】 オドレイ・トトゥ/マチュー・カソヴィッツ/ヨランド・モロー
/ジャメル・ドゥブーズ


みんなが大好きな映画、 アメリ 。 
実は バレンタイン・デー に役立ちそうな ヒント がいっぱい詰まっているのです!
それは・・・?

More・・・

観ているだけで 幸せな気分 になれる アメリ
登場するもの全てに遊び心をくすぐられ、カラフルで、ファンタジックで、チャーミング。
アメリが好きなもの・・・おこげをスプーンでパリパリ。
あの クレーム・ブリュレ は、何度見ても、実に美味しそう!


パリ・モンマルトルのカフェ 「ドゥ・ムーラン」 で働く、22歳の女の子、アメリ ( オドレイ・トトゥ )
幼い頃に友達と遊べなかった彼女が大好きなことは、空想 すること。
少女の心のまま大人になったアメリは、いまだに現実と向き合うのがちょっと苦手だったのです。
ふとしたきっかけから 「自分の世界から飛び出そう!」 と決心した彼女は、
周りの人々の1 幸せ のために、こっそり影から、手の込んだ お節介 を焼き始めます。
だけど、自分の恋となると、全然ダメ。
大好きな ニノ ( マチュー・カソヴィッツ ) へ気持ちを伝えたいのに、ちょっぴり勇気が出ない。
そこで アメリ は、ステキな作戦 を思いつくのですが・・・?



大好きな人にチョコレートを渡すには、とても勇気が必要ですよね。
それは、ニノ と会って話がしたいのに姿を現せない、臆病な アメリ と同じ。
“ 女の子の好きなもの ” がいっぱいつまった アメリ には、
女の子に元気と勇気を与えてくれる、ステキなセリフがいっぱい! 
バレンタイン・デー を迎える前に、ひとつくらい心に留めておくと、
何かと役にたつかも?しれませんよ~っ。

必勝法その ①  「男性は、秘密に惹かれるものだ」
これは、なかなか姿を現さない アメリ に対して、 ニノ がつぶやいた一言。
いつの時代も、男性は 謎めいた女性 に弱いのかも?


必勝法その ② 「ひと目ボレにもレシピがあるのよ。材料は、顔見知りの2人。
そして、互いの好意をからめて混ぜる。これで一丁上がり!」
 

オーナーのこんな言葉を聞いて、顔見知りの2人をくっつけようとした アメリ
もし、相手に脈がありそうだと感じているなら、それとなく共通の友人を交えて会える場を
セッティングしてみては? これなら相手もリラックスできるかも?

必勝法その ③  「何事にも、サプライズは大事!」
拾ったアルバムを返すために、遊園地に矢印を書いて彼を導いた、アメリ の作戦のひとつ。
少年の心をもった男性はみな、宝探しが大好き!
こんな風に茶目っ気たっぷりにチョコを渡されたら、ワクワクすること間違いなし?

必勝法その ④  「策におぼれ過ぎない」
アメリ のように、あまりあれこれ考えていると、そのスキに、他の女性に先を越されるかも。
作戦はあくまでも、手段。気持ちを伝えたいと思う一所懸命さと素直さが何より大切ですよねっ。


必勝法その ⑤  「人間には人生に失敗する権利がある」
これは、部屋のTVが アメリ に語りかけていた言葉。もし失恋したとしても、悲しまないで! 
勇気を出した自分をほめてあげましょう。
だぁ~いじょーぶです!! 男性は、世の中に星の数ほどいますから(笑)

そして、最後に アメリ を優しく見守っていた ガラス男 から、こんなエールが届いています。

「チャンスとは、自転車レースと同じだ。待ち時間は長く、たちまち終わる。
チャンスがきたら、思い切って飛び込まねば!」


2月14日バレンタイン・デー は、女の子にとって、一年に一度の特別な日。
片思いのあの人へ、恋人へ、家族へ、友人へ。
みなさんにとって特別なあの人へ、普段なかなか言えない気持ちを思い切って伝える、
いい チャンス かもしれませんね。
わたしも、恋する気持ち、感謝の気持ちを、ちょっぴり勇気をふりしぼって
素直に伝えてみようかなっ♪ (・・・って、誰に?? )

アメリ みたいに、みんな幸せになれますように・・・♪。




♪ > 『 チョコレート 』 買いましたか? 又は、もらいましたか?
    ↓

banner_02.gif
23:11  |  フランス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

おひさしぶりです~☆

私、アメリ大好きで何十回と観ちゃってるんですけど、私まですっごい幸せな気持ちになってしまいます☆恋もしたくなっちゃいます(*^ー^*)
でも最近観てなかったんで、この記事読んだらまた観たくなっちゃいました(≧∀≦)
わさ |  2006.02.14(火) 21:22 | URL |  【編集】

大好き!

庭の小人を友人に預けて、写真のお手紙を世界中から送るところ。
小人が一人で世界旅行でした・・・。

お部屋で眠る時きている、寝巻きがかわいい!
お大事箱を洗面所に隠しているのが、共感がもてる。
うろ覚えだけど、なんだかいつも見るたびに幸せになるわ~
スタンドも可愛かった!

そうそう、クリームブリュレこの後大流行でした。
それに最初に見た映画館の小さかったこと!
行列がすごかった、何が受けるか分からないけどいい映画が必ず支持されます。
べぶ |  2006.02.14(火) 22:30 | URL |  【編集】

バレンタイン・デー

★わささーん、お元気でした? わぁ~遊びに来て下さってありがとうっ♪
そうそう、みんなが大好きな『アメリ』ちゃんですよねっ。
バレンタインに記事書こうと思って、わざわざ見直したんだけど、
やっぱり幸せになれましたよ~。
わささんも、また観て見てねっ♪


★べぶさん、いやいや、うろ覚えどころか、さすがその通り!
客室乗務員のお友達が、「白雪姫の気分になれたから」っていうセリフが
またいいですよねっ。
カラフルで、見ているだけで楽しくなれるから、わたしも大好き。
部屋の模様替えがしたくなるくらい、インテリアも可愛かったね~。
小さな映画館で『アメリ』を見たのね! わぁ、なんだかワクワクしそう!
わたしもまた映画館でみたいなぁ~っ♪
Carolita |  2006.02.14(火) 22:53 | URL |  【編集】

アメリ、私も大好きです。
いままで考えたこともありませんでしたが、
アメリとバレンタイン・デー。
なるほど、さすがに目の付け所がいいですね。
アメリもバレンタイン・デーも、「幸せになる」がテーマですからね。

微笑ましくも、ほのぼの、おしゃれでいて切ないエピソードが詰まった映画でした。
ガラス男がいいですね。
ラストのアメリも本当に幸せそう。

って、ところで、Carolitaさんのチャンス、思い切って飛び込めましたか?
って、余計なお世話でしたね。すいません。

それじゃ、また。

ヤン |  2006.02.14(火) 22:57 | URL |  【編集】

いらっしゃいっ♪

★ヤンさん、こんばんはっ♪
あらら・・・すっ、鋭い!見抜かれたっ!(笑)
おかげさまで、楽しいバレンタインデーとなりましたよ。
これも『アメリ』のおかげですねっ(笑)

みんなが大好きな『アメリ』。ほんとにこんな表現がぴったりな映画だと思います。
何度見ても幸せを感じられる映画って、実は少ないものですよね。
自分の心の中に、数本でもそう思える映画があれば、とても幸せ。
『アメリ』は、間違いなく歳をとってもそう思える一本じゃないかと思います。

・・・で、どうでした?ヤンさんのほうは?(←映画より、そっちゃが気になってる人(爆))
Carolita |  2006.02.14(火) 23:23 | URL |  【編集】

バレンタイン・デーかあ・・・

みんなお菓子屋さんの陰謀に嵌るなよ~
って、もう昨日だから終わっちゃいましたね。

つまらんことですが、一年でこの時期に不味いものの例えをば一発!
1.ケーキ ⇒ クリスマス前後(理由はお分かりで・・・)
2.チキン ⇒ 上に同じ・・・鶏受難のシーズンです
3.うなぎ ⇒ 土用の丑の日前後 同じく鰻受難のシーズンです。
まあ、こんなところでしょうか?

どうも映画の話題といつも離れてしまって、スンマソ!
ZEISS |  2006.02.15(水) 20:24 | URL |  【編集】

こんばんは~

★ZEISSさん、ああ、どのイベントも、影に業界の陰謀あり・・・ですねっ(笑)
わかっていながら、人が群がっているのをみると、つい覗いてしまう。。。
つられて、買わずにいられずに手を出してしまう、意志の弱いわたくしですっ。
ちなみに、今年のバレンタインには、チョコレートケーキを買いました。
理由は「私も、食べるから」(爆) ほとんど、自分のためですね、スミマセン!
Carolita |  2006.02.15(水) 22:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/120-55b20856

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。