スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「固有名詞バトン」がやってきた!

2006.04.19 (Wed)

Intermission 中は、たくさんのあたたかいお言葉をありがとうございましたっ。
おかげさまで、ほぉ~らこの通り! ( 。。。って、見えない見えないってばぁっ )
おまけに、いつもお世話になっている 愛すべき映画たちmicchii さん から、
こんな粋な快気祝いを頂いちゃいました! その名も・・・

ザ!固有名詞バトン
~お題:クリント・イーストウッド


つまり ある特定の事柄について本人の思い入れを語る もののようで、
バトンを渡す人によって、お題が変わるのだそう。


そこで、自称イーストウッド好き のわたくしは、このお題をさずかった、
というわけなんですね~。 一体何が出てくることやら・・・? では、さっそくいってみましょうー!

More・・・

PC・本棚に入っている 【 クリント・イーストウッド 】

PCのマイ・ピクチャには、自分用に ハリー・キャラハン の画像を密かにためてます(笑) 
年代モノでは、昭和50年代の “ロードショー” の付録。
プロフィールが細かく書かれているので、宝物。
DVDは、これから集めたいなぁ~と思ってます。


今妄想している 【 クリント・イーストウッド 】

1930年5月生まれのイーストウッドと、1931年2月生まれのジミー・ディーン。
同級生の2人が、2006年のカンヌ映画祭のレッドカーペットを仲良く歩いている姿。。。
といってもムリなので、新作 『 硫黄島からの手紙 』 のジャパンプレミアで、
渡辺謙とのツーショットが見たい! ( これは実現しそうじゃない? )


最初に出会った 【 クリント・イーストウッド 】

洋画好きの父が、居間に 『 荒野の用心棒 』 のでっかい写真パネルを飾っていていた。
その時は意識してなかったけど、たぶんそれが最初かな~。
自覚があるのは、山田康雄 さん吹替えの 『 ダーティハリー 』ハリー・キャラハン
タフでクールで、シビレるくらいカッコ良かった!
その頃少女だったわたしは、ハート打ち抜かれたまま、現在に至る。。。。


特別思い入れのある 【 クリント・イーストウッド 】

西部劇なら、マカロニウエスタン時代の 『 荒野の用心棒 』
基本的に、70年代の彼の作品をよく観ていましたね~。
一番好きなのは洋画劇場でおなじみだった 『 ダーティ・ハリー 』 シリーズ。
『 アルカトラズからの脱出 』 は何度観たことか・・・。
『 ブロンコビリー 』『 ダーティファイター 』 あたりのアクション・コメディも、
クールでタフなだけじゃない彼を堪能できます。
『 マディソン郡の橋 』 は、雨の中でジッとたたずむシーンが忘れられませんね~。
( さびしくなった髪の毛が張り付いてましたけど、そんなこたぁ気にしませんっ ) 
2000年以降は 『 スペース カウボーイ 』 『 ミリオンダラーベイビー 』 が良かった。
あと、ちょっと変りタネなら 『 白い肌の異常な夜 』
たくさんの女の人に取り合いにされ、思わず 「ケンカをやめて~」 状態の異色サスペンス。
俳優としてノリノリの時代から、すでに監督業そして市長さんまでこなしていた
なんてマルチなクリントさま。
派手なパフォーマンスをするわけでもなく、ひたすら自分のやりたいことを
黙々と淡々と撮り続けて、ちゃんと結果を出している。そして、いまだ現役なのさっ。
言葉より何より、その背中で語るクールさが、ホントにカッコいいのです!

次にバトンをお渡ししたい方とお題

心に届く花eikoさん 、お題はズバリ ジョニー・デップ で。
夏の香りのする秋に読む童話グロリアさん 、お題は ジョバンニ・リビシ で。
5011しねま・のーと5011さん 、お題は 今一番語りたい俳優または監督 で。

日頃お世話になっている皆さまが、恋焦がれていらっしゃる面々。。。ですよねっ♪
もしお忙しくて気がのらないようでしたら、スルーしてもOK!ですよっ。
個人的にはとってもお聞きしてみたいので、お時間があるときにでも
の~んびり考えて頂けたら嬉しいです。
それでは、どうぞヨロシクお願いしまーす!

banner_02.gif

テーマ : 名作映画 - ジャンル : 映画

21:01  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

うわあ~、すごいバトンねー。

私、呼びましたあ?(笑)
その人ごとの内容だし、おもしろいバトンだわね。
Caloritaさんを見習って、頑張って書いてみるね!

クリントイーストウッドの話、夢中で読んじゃった。
歴史を感じるすっごい人だなあって改めて感じたわ。

個人的には「ザ・シークレットサービス」で
ピアノを弾くシーンが哀愁があってかっこいい!しぶい!

ジャパンプレミアのこと、ぜったいに実現すると思う。
楽しみね~。

eiko |  2006.04.20(木) 08:30 | URL |  【編集】

わっ!ス、ス、スル~なんてとんでもございませんです。。
こんなお題がめぐってくるなんて感謝感激でございます。。ありがとうございます。
クリント殿、どれがどのないようだったのかわからないくらいごちゃごちゃしてます(汗;)作品もさることながら、あたしはこの方の人柄のドキュメンタリーを見て“人があつまる”訳を知りました・・素敵な人らしいですよ、とっても。一番気に入ったのは彼は絶対大声を出さない、怒らない、映画を作っている時なんですがね、怒鳴りちらして周りを萎縮させてしまう監督が沢山居る中、彼は絶対怒らないんだって・・・なのでスタッフの作業がスムーズに進み、俳優を信頼するから映画を撮るのが早い・・・沢山の人から尊敬されてるらしい。っとそのような番組でした。大声を出さない、これ一番です。
ジョヴァンニ、興奮してきました・・ありがとね。。
グロリア |  2006.04.20(木) 12:31 | URL |  【編集】

ありがとうございます!

早速答えていただいてありがとうございます!

ハリー・キャラハンの写真集められているなんて、素晴らしいです!

ジェームス・ディーンと、同級生なんですよね~。
ジミーが逝き、1年しか違わないカサヴェテスも逝き、それでもまだまだ現役バリバリのイーストウッド、60過ぎて子供作ってますしね(笑)

居間に『荒野の用心棒』のでっかい写真パネルを飾るなんて、お父様、男の鏡です!!

『ブロンコビリー』や『白い肌の異常な夜』が挙がっているところが、さすがCarolitaさんですね。
『白い肌の異常な夜』、いきなり12歳の少女にキスしたかと思えば、下は12歳から上は園長まで、ほんとにモテモテでしたね(笑)
でも、女性の嫉妬はただでは済まないということを、この映画で心に刻みました(爆)

イーストウッド、あと10年は楽々映画を撮ってくれると思うので、ぜひもう1本西部劇が観たいです♪

バトン、答えていただいて本当にありがとうございました!
micchii |  2006.04.20(木) 14:12 | URL |  【編集】

呼ばれて、飛び出て

じゃじゃじゃじゃ~ん!です。
新参者なのにご指名いただきまして、恐縮です。
了解しました。やりまーす!
さて、誰にしましょ。
三谷幸喜?ビリー・ワイルダー?
ん~っと、考え中!

イーストウッドはぼくも好きですねえ。
監督作では「恐怖のメロディ」「ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場」「センチメンタル・アドベンチャー」が好き、ちょっと古いけど。
でも出演作なら「ダーティ・ハリー」はやっぱりカッコ良いし、「アルカトラズからの脱出」もいいですよね。
あと「サンダー・ボルト」も良かったなあ。
でも「サンダー…」はジェフ・ブリッジスにラスト持ってかれちゃいましたけど。
って止まらなくなっちゃうな。

「固有名詞バトン」をアップしたらまたご報告に参りますですよ。ハイ。


5011 |  2006.04.20(木) 21:31 | URL |  【編集】

実は彼の監督作品で好きなのが「目撃」なんです。
地味ですよね・・・。友人に言うと「何それ?」とか言われます。
劇場もたしか2週間で打ち切られたような気が・・・。
彼の監督作品は暗いものより「スペースカウボーイ」のような
癒し系のほうが好きです。今度の「硫黄島からの手紙」もまた暗そうですが・・・
ペッタンコ |  2006.04.20(木) 23:22 | URL |  【編集】

きゃー!みっかっちゃったっ

ひゃあ~っ!
eikoさん、グロリアさん、5011さん、お願いに伺う前にコメント頂いてとっても焦ってますっ(汗)
勝手に指名しちゃったのに、気持ちよーく了解して下さって、めっちゃ感激ですぅ~っ♪ 
三者三様の思い入れ、ぜひぜひお聞かせてくださいませ。楽しみにしていますね!

★だって、ジョニーはeikoさんしかいないでしょう!(瞳キラキラ)
わたしがジョニー好きになったのは、eikoなくしては語れませんからぁ(笑)
いつ頃から好きになって、どんな思い入れがあるのか、もう熱~く語っちゃって
くださいませ! 
えええ~!「シークレット・サービス」でピアノですかぁ?
実はね、コレ、まだ見てないんですよ~っ。
でも今度CSで放映されるので、ピアノのシーン、チェックしなくちゃ!


★グロリアさん、おおお~!喜んで頂けて本当によかったぁ!
ジョバンニをこんなに愛していらっしゃるそのルーツを、一度じっくりお聞きして
みたかったのですよ~。いいですよ、いいですよ、もうたっぷり語っちゃって
くださいね。
彼の他の作品にも興味があるので、すごーく楽しみにしていますっ♪ 
わぁ!そのドキュメンタリー見たかったなぁ~。
撮影の時、大声を出さないというのは、わたしも聞いたことがあります。
たしか、モーガン・フリーマンガそう言っていたのを聞いたことがありますよ。
しかも、クリントさまのモノマネで(笑) フリーマンがイーストウッドのモノマネ
している姿自体、かなりお宝映像! 録画しとけばよかったよ~っ。


★5011さん、じゃじゃ~んと突然指名させて頂いちゃいましたぁ!
新参者? えっ?そうでしたっけ? もう長くお世話になっている気がしてますよ(笑)
お題を誰にしようか、すごーく迷ったんですよ。ウディ・アレンとかも考えたんですけど、
ここは、何が飛び出すかわからない5011さんの楽しい記事のように、
お任せしちゃうことにいたしました!
何がでるかなぁ? とっても楽しみにしてますよ。ヨロシクお願いしますねっ♪


★そしてそして、micchii さん。 お礼を言うのはわたしの方ですよ。
こちらこそ、粋な快気祝いを頂いて、とても懐かしんで、楽しんで書くことができました。ありがとうございます!
並べると、マカロニウエスタン時代&70年代の作品が多いいんだわぁ~と、
自分でも整理できて、なんだかう~ん、スッキリッ!
『白い肌の異常な夜』、そうそう、女はコワいんですよ~(笑)
わたしは、ちょっとセクシーなクリントさまが堪能できて大満足でしたけどね(爆)

蛇足ですが、昔居間に飾ってあったパネルは、『荒野の用心棒』のとなりに、
『荒野の七人』とプレスリーとなぜか「赤穂浪士47士」全員のフルネームが書かれた掛け軸が。(これはもしかしたら、年代モノかも??)
女の子のわたしに、「これがチャールズ・ブロンソンで、ユル・ブリンナーで、
スティーヴ・マックィーンだよ~」と語りかけていたのを思い出しましたよ。
あれはmicchii さんにお見せしたかったわぁ。

西部劇。彼なら、再び原点回帰してくれるかもしれませんね。最後は役者として!
あと個人的には、やっぱりハリーじいちゃんが見たいぞ~!(爆)
Carolita |  2006.04.21(金) 00:06 | URL |  【編集】

あっ、ペッタンコさんだ!

★コメントレス中にすれ違ったのですね! こんばんはっ♪
おお!『目撃』ですね。わたしも劇場で見ましたよっ。
たしか共演者も豪華で、なかなかの秀作でしたよねっ。
ええっ!うっ、打ち切り?? そっかぁ~、興行成績とはシビアなのですねっ。

『硫黄島・・・』も確かに社会派で暗そうですよね(笑)
あとポール・ハギスが脚本だそうなので、一癖あるかしらとちょっと期待しているところです。
ホント、『スペース・カウボーイ』みたいな作品、また見たいですねっ!
Carolita |  2006.04.21(金) 00:21 | URL |  【編集】

バトン受け取り完了!

Carolitaさ~ん、書いたわよ~ん。
お蔭様で(笑)改めてジョニーのすばらしさを実感しちゃったわ♪
楽しい機会を、どうもありがとう。
eiko |  2006.04.21(金) 20:26 | URL |  【編集】

おはようございます!

★eikoさん、さっそくバトンのお答えありがとうございます!
先ほどおじゃまして、「ジョニーフルコース」堪能させて頂きましたよっ♪
さすがeikoさんですね~。「キャラクター」と「作品」で分けたところに
ジョニーへの愛!を感じました。
彼が生み出すキャラクターは、作品だけに納まらず、作品を飛び出して
永遠に人の心を掴みますものね。
こちらこそ、楽しい記事で楽しませて頂いて感謝感激です。
本当にありがとうございましたっ♪
Carolita |  2006.04.23(日) 09:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/145-3018a82e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。