スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「ミリオンダラー・ベイビー」

2005.05.29 (Sun)

昨日「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。
公開初日の3回目の上映。混んでるかと思ったらそうでもなく、まぁまぁの入り。
下の階で上映中の「コンスタンティン」に比べると、なんとまぁ年齢層が高いこと!
やはり74歳の監督作品だけに、観客も“人生のベテラン”なのでしょうか??
お約束のたっぷりバターをかけたポップコーンにコーラを買い、鑑賞。
(写真をクリック!大きくなります)
20050529083949s.jpg20050529084005s.jpg20050529084022s.jpg

「舞台は街角の古びたボクシング・ジム。
経営者でもある名トレーナー、フランキー(イーストウッド)のもとへ、
ある日弟子入り志願の31歳の女性ボクサー、マギー(スワンク)が現われた。
はじめかたくなに彼女を拒むフランキーだったが、
彼女の情熱に心動かされ、トレーナーとして彼女を育てることに。
そして、元ファイターの目で彼女の資質を見抜き、
静かに二人を見守るジムの雑用係、エディ(フリーマン)。
やがて腕をあげたマギーは快進撃を続けるのだが・・・。」


上映後、「どうだった?」と聞かれたら、
   わたし→ 「深い。。。イーストウッド監督らしい一本」
  だんなさま→「裏切られた・・・。」

夫婦間でも意見が真っ二つ!そのワケはというと・・・?

More・・・

「ミリオンダラー・ベイビー」(2004年)
【監督】 クリント・イーストウッド
【出演】 クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン


「荒野の用心棒」「許されざる者」など、マカロニ・ウエスタン時代のワイルドな彼。
「ダーティ・ハリー」のクールな彼。
「マディソン郡の橋」のソフトで優しい彼・・・。
20050529090120s.jpg20050529090522.jpg20050529090205.jpg

まず最初に、私はとてもクリント・イーストウッド好きです。
ですから、かなりひいき目で観たかもしれません。
ですが、中盤から自分でもうまく説明できないほど、ボロボロ泣いてしまいました。

観ていた私も顔に一発くらった感じです。
スタローンの「ロッキー」は想像しない方がよいかと。
「ファイターとしての誇り」「他人同士だからこそ」「できれば見たくなかった」
そんな気持ちと同時にグルグルと頭を駆け巡っていた言葉は、「Tough=粘り強い」
それは、まさにクリント・イーストウッド氏自身の半生をも物語っているような気がします。

オークランド工業専門学校を卒業後、肉体労働をしながら20才で陸軍に入隊。
そのとき知り合った映画監督にすすめられて俳優を志したのだそうです。 
20050529090140.jpg

除隊後、ロサンゼルスで演技を学び、TVシリーズ「ローハイド」のロディ役で人気者となりました。
(私が生まれるず~っと前(?)ですね)
そして、イタリアに招かれて主演した「荒野の用心棒」の世界的ヒットで一気にスターダムへ。
ダーティ・ハリー」のハリー・キャラハン役ではドル箱スターNo.1となり、
86年からの二年間はカリフォルニア州のカーメル市長を2年間務められました
(うんうん、このへんはかなりリアルタイム!)。
監督としても「許されざる者」でアカデミー賞の作品・監督賞を受賞。
20050529090106.jpg

そして本作でまたまたアカデミー4部門を受賞・・・すっすごすぎる!

サントラも手がけ、俳優、監督、政治家、事業家・・・。そんなバイタリティあふれる人生あってか、
「タフなだけじゃ生きていけないぜっ」って吐かれた時は、
あまりの説得力に「そっそうですよねっ」とスクリーンに向かってうなづいてしまいました(笑)。
20050529084105s.jpg

来週、5月31日には75歳の誕生日を迎えるイーストウッド氏。
「ミリオンダラー・ベイビー」は、彼がその年齢に達したからこそ生まれた渾身の一本。
ただ一人の父として、ただ一人の娘として求め続けたものは、ただシンプルな“愛”だけだったのかもしれない。
そんな思いが深く深く根底に、静かに、しかもずっしりと横たわっている作品だなぁと思います。
 
さて、我が家でも意見の分かれた本作は、きっとこれからご覧になる皆様も真っ二つに意見が分かれるのでは?と、私、予想しています。

でも、だんなさまと唯一意見が一致したのは、2時間25分では全て描くのは難しかったのではないかということ。なので、ディレクターズ・カットがDVDになったらもう一度観なきゃ、絶対に!

♪『ミリオンダラー・ベイビー』観たいですか?
    ↓

banner_02.gif
09:30  |  アメリカ映画  |  Trackback(48)  |  Comment(19)

Comment

イーストウッド

こんにちわ!イーストウッドの作品では「ブロンコ・ビリー」が一番好きなんですが(苦笑)彼の最近の監督・主演作って、年配の評論家に特にウケがいいような
気がしてました。やっぱり老いてからの人生の美学みたいなものをずっとココ最近は追求してるような気がしてて、同年代の特に男性には共感されるんだろうなぁなんて思います。若い女性とメンタルな恋愛関係にもなりますしね
この作品はマギーの前向きな信念の描き方がとても感動的で気に入りました。
kazupon |  2005.05.29(日) 19:11 | URL |  【編集】

TBありがとうございます
イーストウッッドの作品は強く終わらせ方を意識しているように感じます
それは、話のラストであり、人生の末路あったり
たしかに、時間内で語りつくせてはいないかもしれませんね^^
naha |  2005.05.29(日) 20:34 | URL |  【編集】

ミリオンダラー・ベイビー

映画はまだみていません。どーしようか?と迷うのねー!
Carolitaさんの感想を参考に考えます。ところで
今日、TV見てたらタモリのいいともにモーガンフリーマンと
ヒラリースワンクが出てました。なっなんで??
映画の宣伝だとは思うけどなんで「いいとも」なの??
いいともファンの方すみません。「もっと映画の専門番組あっても
いいんじゃない!」と一人TVにつっこんでいました。(爆)
べぶ |  2005.05.29(日) 21:13 | URL |  【編集】

★kazuponさん、ようこそ!
「ブロンコ・ビリー」懐かしいですぅっ。私の中では小学生の頃「ダーティ・ハリー」がヒーローでしたよ(笑)
本当は“本気”のスワンクやフリーマンの“オーラ”のこともいろいろ書きたかったのですが、朝までかかりそうだったので今回はカットしました。
映画がはじまって最初のマギーのカット。スタンドからリングを見つめる姿は、あまりの存在感にゾクッとしました。
私もマギーの信念と笑顔を思い出すと、今でも胸がつまりそうになります。


★nahaさん、こちらこそT/Bありがとうございます。
「強く終わらせ方を意識しているように感じる」とは、確かにそうかもしれませんね。だんなさまもnahaさんと同じようなことを言っていました。
ラストが先に決まっていて、そこまでをどう表現するのかと。もしかしたら何度も
脚本を書き直したのかも。ハリウッドでは日本より数倍ものカットを撮り、撮影時間より何倍もの時間を編集に費やすと、「リング」の中田監督がおっしゃってました。だから、やっぱりディレクターズ・カットで観てみたいです。


★べぶさん、いらっしゃい!
「いいとも」マジ出てたんですか?? それはすでに観てしまった私にはちょっとショックかも・・・(汗) アカデミーコンビですよっ!あっあんまりですよね!!
「オー、コレは日本の国民的番組だからOK,OK」とか言われて、配給会社にだまされたのかもっ。
そういえばフリーマンは記者会見でイーストウッド監督のモノマネやってましたけど、べブさんはご覧になりました? めちゃ似でした(爆)
もしも観にいかれる場合は、できるだけ予告編は見ないほうがいいと思いますぅ。
だって、ネタバレ警報発令中ですからっ(汗)
Carolita |  2005.05.29(日) 22:11 | URL |  【編集】

こんばんび♪

おひさしぶりでした♪
なんとか無事体調不良の枠を抜けた感じです(T∀T)。。

わーー。久々に来たら。更新こまめですね~w(☆o☆)w オオー!
とてもお仕事されているとは思えないです。
しかも一つ一つ丁寧で、こまめで私好みの内容♪
知識の浅い私には毎回毎回とっても良いお勉強になってます。

いいなー。映画見に行けたんですね~。
ここ数年映画館にすら近づけない生活なのでとても羨ましいです!
うーーん。レンタル解禁が待ち遠しいですね~( ̄∀ ̄*)イヒッ
nazuna |  2005.05.30(月) 00:39 | URL |  【編集】

打たれました。

こんにちは。コメントとトラックバックありがとうございました。

> 中盤から自分でもうまく説明できないほど、ボロボロ泣いてしまいました。

ですよね。
私も、フランキーが、スピードバッグの打ち方を彼女に教える辺りから既にウルウル。
後半は、泣きっぱなしでした。

> ただシンプルな“愛”だけだったのかもしれない。

ほんと、チラシのコピーじゃないけど、「愛に打たれる」って感じ、納得でした。
しかも、「深い」し。

にしても、イーストウッド作品の背景なんかも、お詳しいんですね~。
興味深く読ませて頂きましたよ。
またおじゃましますので、今後とも、よろしくです。
savabigi |  2005.05.30(月) 17:46 | URL |  【編集】

★nazunaさん、復活おめでとう&コメントありがとうございます!
お元気になって、こうやって遊びにこれるようになったなんて・・・感激です!
マッマメですかね、更新? おかげでかなり寝不足ですが、こうやって皆さんのお話を聞けるのがとても楽しいのです、ありがとう!
お互い映画を観る時間を作るのは大変ですよね。私も、ご飯も我慢してくれる夫に感謝、感謝(笑)
レンタルも、またいい作品発掘しましょうね!


★savabigiさん、遊びにきてくださってありがとうございます!
“イーストウッド好き”なので、がんばりましたっ。
明日は75歳のお誕生日ですが、偶然にもNHKBSで20:00から「アルカトラズからの脱出」が放送されますよ♪ 若いお姿に興味がおありでしたら、ぜひっ。(肌にもピン!とハリがあります)
こうやっていろんな方のお話を伺うと、自分の気がつかなかった発見がいっぱいあって楽しいですね!
こちらこそ、またおじゃまさせて頂きますね。どうぞよろしくお願いします。
Carolita |  2005.05.30(月) 20:59 | URL |  【編集】

コメントありがとうございました。

こうしてみると、やっぱり歳をとったイーストウッド。
けど、かっこよさは相変わらずですね
新しい夜明け |  2005.06.01(水) 14:35 | URL |  【編集】

静かな感動

この映画はとても心を打たれました!二人が徐々に心を交わし合い、マギーが無邪気に喜ぶ笑顔がとても印象的だっただけに、後半は本当にやるせない思いで一杯でした。そして、それぞれの俳優の演技がホント素晴らしくて、どんどん映画に惹きこまれます。是非観て頂きたいお勧めの映画です。
こちらにTBさせて頂きますね。よろしかったらボクのブログにもTB&評価のコメントお待ちしてます。
かんすけ(シアフレ.blog) |  2005.06.04(土) 16:53 | URL |  【編集】

初めまして

コメントありがとうございます。
僕はCaroliさん派です。
だんな様の「裏切られた」ってのが何に対してなのかが
よくわかりませんが、人それぞれ感じ方は違うものです
からね。
人間とはいろんな出会いがあり別れがある。そしてその
生き方にも価値観にもいろいろな解釈がある。
この映画はいろんなことを考えさせるチャンスをくれた
映画だと思います。貴重な体験をした気分です。
ではまた
tomy |  2005.06.05(日) 00:42 | URL |  【編集】

お返事おそくなってごめんなさい!


★新しい夜明けさん、昨日録画しておいた「アルカトラズからの脱出」を観ました。初めて観たのは小学生だったと思いますが、こうしてみると、ホント歳をとられたとつくづく感じましたよ。でも、やっぱりカッコイイ!お互いにいい歳のとり方をしたいものですね♪

★かんすけさん、コメントありがとうございます。
昨日おじゃまして、評価させて頂きました。
ちょこっと「チューボーですよ!」のゲストになった気分でした。
ということは、かんすけさんは・・・マチャアキ!ですね!
「いただきましたぁっ、星五つ~~ですぅ~~!!」

★tomyさん、初いらっしゃいませ!
>この映画はいろんなことを考えさせるチャンスをくれた
映画だと思います。
おっしゃる通りだと思います。
感じ方は違っても、それについて話し合うということが大切ですよね。
そんな映画は少ないし、貴重だとも思います。
あらためてイーストウッド監督に感謝、感謝・・・♪
Carolita |  2005.06.05(日) 09:42 | URL |  【編集】

★savabigiさん、イーストウッド関連作品「許されざる者」でT/Bありがとうございました!同監督の他の作品を知ることで、「ミリオン・・・」にたどりついた経過が少し読み解けるかもしれませんね。
私の記憶は古いので、興味がある方は、savabigiさんのT/Bか、ブログ↓

http://savabigi.x0.com/blog/archives/2005/06/post_222.html にて、

ご確認下さい♪ 

 
Carolita |  2005.06.05(日) 20:41 | URL |  【編集】

間違えて

「管理者にだけ表示を許可する」のところをクリックしてしまいました^^;
micchii |  2005.06.13(月) 18:03 | URL |  【編集】

こんばんは

先日は「パッション」にコメントありがとうございます。
自分もこの作品は素晴らしいと思います。
いかに生きることが幸福なのか、人生について問いかけられたような気がしました。
役者も良かったですね、コントラストのある映像や展開がマギーの人生そのもののように見えて切なかったです。
フランキーとマギーの選択については、「海を飛ぶ夢」との比較で語る向きもあるようですが、自分はこの作品の説得力は圧倒的だと感じました。
またお邪魔させて頂きますw
lin |  2005.06.14(火) 21:45 | URL |  【編集】

おひさしぶりです

★linさん、来てくださってありがとうございます!
そうなんですよね!私も同感です。
「海を飛ぶ夢」との比較、私もたくさんの方々の記事を読ませて頂きましたが、「ミリオン・・・」の場合、“尊厳死”だけで語ってしまうには正直自分の中ではしっくりこなかったんですよ。
スクリーン全体を包むイーストウッド監督独特の空気みたいなもの、これは「ミスティック・リバー」にも共通するものがどっしり流れていて。
linがおっしゃる「圧倒的な説得力」は、きっと私の「自分でもうまく説明できない涙」の理由だと、今思いました。
私こそ、またおじゃまさせていただきますね♪
Carolita |  2005.06.14(火) 21:55 | URL |  【編集】

コメントありがとうございました

コメント,トラックバックありがとうございました。
イーストウッドが好き、というわけではありませんが、結構僕自身見てますね。
彼の作品の中でも秀逸だと思います、「ミリオンダラー」。
ブログランキングポチッとしておきました。。
順位的に同じくらいの位置ですね(^^)
がんばりましょう。
ドリアン・グレイの息子 |  2005.06.18(土) 08:36 | URL |  【編集】

★ドリアン・グレイの息子さん、ポチッとありがとうございます。
私もポチッとしときましたからね~。
ランキングもいろんな種類がありますが、よく分からないまま参加してます(笑)
お互いがんばりましょうねっ。映画の仲間が増えてうれしいです。
こちらこそ、またおじゃましまぁーす♪
Carolita |  2005.06.18(土) 18:28 | URL |  【編集】

TB&コメントありがとうございました。

いい意味で、裏切られた作品です。こんなに切ない映画は有りません。涙無くしては見れませんね。良い作品です。
naomi-0604 |  2005.11.05(土) 16:58 | URL |  【編集】

こんばんは!

★ naomiさん、ご訪問頂きありがとうございます!
公開日に観にいってから、もう半年経ちますが、今でも鮮やかに感動が蘇ってくる作品です。
だんなさまとは、意見が真っ二つでしたが・・・(笑)
DVDのディレクターズエディションが出たら、ぜひ買おうと思っています。
今後とも、どうぞヨロシクお願いします♪
Carolita |  2005.11.05(土) 20:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/17-a3835bba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

素晴らしい・・・。とても深くて、だけどとてもシンプル。どかんと重いものを見せられたはずなのに、やりきれない思いのはずなのに、観終わったあとに不思議な安らぎを覚えました。
2006/01/30(月) 10:26:04 | Cinema Galleria
クリント・イーストウッド監督の最新DVDを見ました。 ミリオンダラー・ベイビーク...
2005/12/18(日) 16:40:57 | IP-Network - Road to IPv6 -
 やっと{/apple_up/}します{/hiyo_en2/}まず言い訳から入りますが(笑)本当は昨日の夜書いたんだけど投稿直前にエラーで消えちゃったのよ{/kaeru_cry/}その後書き直す気力が無く、サクっと寝ました{/hiyo_z/} ではでは日記予告してからかなり遅れましたが{/kirakira/}ア
2005/12/16(金) 01:15:50 | 坂部千尋のsparrow diary
アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)に輝いた注目作という事意外、何の予備知識もなく借りてみました で・・・感想ですが正直、「マッタリな日曜を返してくれー」みたいな気分に陥りました。個人的に ソードフィッシュとか、“人生楽あり....
2005/11/22(火) 07:14:01 | サボテンな日常 ~with 電磁波吸収系セレウス君
正直、こんな展開を迎える映画だとは思っていませんでした・・・衝撃的な展開に戸惑いました。「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用
2005/11/18(金) 23:33:20 | プチおたく日記 vol.2
DVDで観ました。アカデミー賞で、作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の計4部門を受賞した作品。とにかく演技はいいです。ヒラリー・スワンクの体当たりの演技や、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマンの渋い演技が見ものです。ストーリーはセオリー通りに進み
2005/11/08(火) 10:18:34 | しょうちゃんの映画観賞日記
DVDにて、「ミリオンダラー・ベイビー」を観ました。私はこの作品をボクシングに賭ける女のサクセスストーリーだとばかり思っていました。けどれ、ボクサーのパンチを食らったくらい、大きく違っていました。予備知識なしで観ればきっと私以上の衝撃を受けるでしょう。
2005/11/05(土) 15:16:20 | 私でもいいですか?
評価:★★★★ 最近はめっきり見なくなったボクシングという題材で作品・監督・主演女優・助演男優と多くの部門でアカデミー賞を獲得した作品です。原作はF・X・トゥールによる『Rope Burns』。 ヒラリー・スワンクは『ボーイズ・ドント・クライ』で見せた演....
2005/10/07(金) 09:35:22 | Vacant days
またもやトラックバック失礼致します。今後も宜しくお願いします。
2005/09/01(木) 02:39:52 | アンティーク雑貨をインテリアのスパイスに
またサヴィニャック・モルヴァンつながりでトラックバックさせていただきました。宜しくお願いします。
2005/07/29(金) 20:42:06 | アンティーク雑貨をインテリアのスパイスに
再度サヴィニャック・モルバン・オプノつながりでトラックバックさせて頂きました。よろしければ今後も宜しくお願いします。
2005/07/24(日) 09:46:11 | アンティーク雑貨をインテリアのスパイスに
(ネタばれ注意) なんとも 衝撃的 だった やりきれない想いが胸に重くのしかかる しかしそこには静かな感動がある 「アカデミー賞のわけは映画をごらんください」 CMの言葉のイミがようやくわかった マギー は下層出身の白人女性 敏腕トレーナー ・ フランキー
2005/07/07(木) 01:10:43 | きまぐれ Live☆Like☆This
またトラックバック失礼致します。サヴィニャック・モルバン・オプノつながりでTBさせていただきました。よろしければ今後も宜しくお願い致します。
2005/06/21(火) 02:33:17 | アンティーク雑貨をインテリアのスパイスに
 枯にして淡にあらず。……この映画を一口に表すとこういうことになるでしょう。  枯れた作品、枯れた演出というと、"枯淡の境地"という言葉があ
2005/06/18(土) 13:30:26 | シネクリシェ
今日も、「100万ドルが当たりました、エントリーフォームから入力ください」とのメールが来ていた。すべて英語のメールフォームに苦心して入力して、Good news! Our records indicate that your recent Sweepstakes entry has been officially registered and could ma
2005/06/16(木) 21:30:34 | 裸デ走レ~ストーリーテラーの至福と愉楽
久々の映画レビューです。今回は「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。 監督・主演があのクリント・イーストウッドという事で、かなり期待して観にいきました。前作「ミスティック・リバー」も非常に良い作品だったので。 正直、かなり期待以上です。個人的
2005/06/13(月) 19:22:08 | HamaHama
MILLION DOLLAR BABY(2004/米)【監督】クリント・イーストウッド【出演】クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン『ペイルライダー』『恐怖のメロディ』『センチメンタル・アドベンチャー』に続いて、クリント・イーストウッド監督作品第4弾、
2005/06/13(月) 17:59:55 | 愛すべき映画たち
ミニブック「『ミリオンダラー・ベイビー』を7倍楽しむ方法」無料配布中「ミリオンダラー・ベイビー」も公開されて2週間以上がたちました。少し内容を掘り下げた考察をしたいと思います。やや、ネタバレ的な記述もありますので、映画を見ると決めている人は、見て
2005/06/13(月) 14:21:52 | シカゴ発 映画の精神医学
皆さん、こんばんは~私め、昨晩のレイトショーで『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞いたしました!じわりじわり、映画のあれこれが今甦って来ています。うーん、鑑賞した昨日よりも、むしろ、日が変わった今日の方が『ミリオンダラー・ベイビー』という映画の余韻に浸らず
2005/06/13(月) 12:20:58 | 太陽がくれた季節
*****************************************************************『ミリオンダラー・ベイビー』盛り上げ企画(^^)~皆さんの「オイラの(^^)イーストウッド作品」をお教えくださ~い!!★5/28(土)から劇場公開の『ミリオンダラー・ベイビー』、本作に関しましては、私
2005/06/13(月) 12:18:40 | 太陽がくれた季節
試写会「ミリオンダラー・ベイビー」開映18:30@サイエンスホール「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY 2004年 アメリカ配給:ムービーアイ、松竹監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド、ポール・ハギス、トム・ローゼンバ
2005/06/12(日) 16:11:29 | こまったちゃんのきまぐれ感想記
◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形されたキャラクター、全てが計算され尽  くされた言動など、全く無駄とい
2005/06/12(日) 10:59:49 | Cinema Satellite Neo
『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルドの屈託ない笑顔を、クリント・イーストウッドが扮したフランキー・ダンの
2005/06/11(土) 14:13:06 | I N T R O+blog
6月7日(火)TOHOシネマズ木曽川にて最初に断っておくが、私はクリント・イーストウッドがあまり好きではない。彼の若い頃の活躍については、実際のところよく知らないが、あそこまで歳を取ってもあくまで"ヒーロー"をやりたがる姿勢が好きになれなかったし、自分
2005/06/09(木) 03:47:02 | 日々の記録と、コラムみたいなもの
実は、私の先日の拙稿 に、Carolita さん からトラックバックを頂いておりました。このCarolita さんのエ...
2005/06/05(日) 17:45:19 | ?? Memo MT?
ファボーレ東宝で『ミリオンダラー・ベイビー』を観ました。云わずと知れた本年度アカデミー賞主要4部門受賞作です。出演は「クリント・イーストウッド」「ヒラリー・スワンク」そして「モーガン・フリーマン」。ジムを営む初老のトレーナー『フランキー・ダン(クリント・イ
2005/06/05(日) 09:49:21 | xina-shinのぷちシネマレビュー?
いよいよ公開になりました・・・今年度アカデミー賞主要4部門受賞作品。ひらりんお得意のレイト・ショウで見ようと思ったけど・・・ずるいチネチッタ・・平日はレイト設定無し、土曜はヘンな時間設定。どうしても1800円取りたい作品らしいです。まっ133分ものだから
2005/06/05(日) 04:09:34 | ひらりん的映画ブログ
イーストウッドの映画なら、アカデミー賞を取ろうが取るまいが関係ない。キャストもしぶいし、期待しない理由が皆無。レイトで観てきた。
2005/06/04(土) 23:34:21 | CINEMA正直れびゅ
ボクシングに希望を見い出そうとする女性とそのトレーナーの心の葛藤と交流を描いたヒューマン・ドラマ。 幼い頃に唯一の理解者だった父を亡くし家族の愛に恵まれなかったマギーと、実の娘に縁を絶たれ修復不可能な過去を持つフランキーが、お互いの中に「家族」を見出して
2005/06/04(土) 16:52:21 | シアフレ.blog
 これは、ほとんど70年代の映画である。画面の雰囲気。全体の雰囲気が。最近はちっとも流行らないボクシング映画というのも、70年代である。  ファースト・シーン。年老いたクリント・イーストウッドが選手のセコンドとして出て来る。何か、それだけで、目に涙がにじ
2005/06/04(土) 09:57:47 | シカゴ発 映画の精神医学
静かに心の奥に響く「ミリオンダラー・ベイビー」はっきり言って、私が今年観た映画の中ではNO.1の映画ですね。この映画を観るまではNO.1は「アビエイター」でした。どうしてあそこまで力の入った素晴らしい映画が作品賞すらとれなかったのかがよくわかりませんでしたが、...
2005/06/03(金) 21:07:39 | 映画好き集れ!!
「ガールファイト」じゃないよ!アカデミー賞主要4部門制覇!ってこの上ない肩書きを持つ映画。松竹もこの映画とZガンダムのとんでもないヒットでうはうはなことでしょう。うはうはなんはわかるけど、本編フイルムの先付けにあの予告はないわ~。なんで「ミリオンダラー・ベ
2005/06/03(金) 13:04:21 | 映画VS氣志團&タイガー
「ミリオンダラー・ベイビー」 クリント・イーストウッドが主演・監督、アカデミー賞で、主要4部門を制覇、老トレーナーと女性ボクサーのストーリー。予備知識はここまで。いざ劇場へ。  米国の保証書付だが、そんなことは関係ない。本当に良い作品なのか、疑うくらいの気
2005/06/03(金) 09:57:06 | わたしの見た(モノ)
■ ミリオンダラー・ベイビー原題:MILLION DOLLAR BABY  本年度アカデミー賞で作品賞、主演女優、助演男優、監督賞の主要4部門を受賞した作品。「許されざる者」「ミスティック・リバー」の映画の伝道師クリント・イーストウッドが監督、主演などを務めた衝撃の
2005/06/02(木) 10:10:59 | ヲイラのだいあり?
先日はコメントいただきまして有難うございました。またトラックバックさせていただきます。余りにも久々の更新で、お恥ずかしい限りですが、また観にきてくれると嬉しいです。宜しくお願いします。
2005/06/01(水) 06:21:12 | アンティーク*ヴィンテージでホンワカ気分
★本日の金言豆★ゲール語:ケルト語派に属する言語。アイルランド、スコットランド、イギリスのマン島でそれぞれ異なるゲール語が存在。本作のはアイルランド語。 F・X・トゥールの短編集「Rope Burns」の一編を映画化した、御大クリント・イーストウッド25本目(!)の監
2005/05/31(火) 23:48:50 | 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
「ミリオンダラー・ベイビー」監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン心の奥底にドスンとパンチを喰らった。苦い、苦すぎる。イーストウッドの作品って、「ミスティック・リバー」や「許されざる
2005/05/31(火) 22:44:59 | エンタメ情報 メッタ斬りぎり
ミリオンダラー・ベイビー この映画をいわゆる「ネタバレ」なしで、感想を述べるとい
2005/05/31(火) 19:32:41 | 映画の話をしませんか?
アカデミー賞4部門受賞作品『ミリオンダラー・ベイビー』(MILLION DOLLAR BABY)<作品・監督賞(クリント・イーストウッド)・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)>を観にいってきました。(久々のビックタイトル)あらすじボクシング・
2005/05/31(火) 18:26:29 | 新しい夜明け
ミリオンダラー・ベイビー鑑賞しました。今年のアカデミー賞主要4部門を、受賞した作品。ずいぶん前から、観たいと思っていたら、アンアンの「Movies」でも稲垣吾郎氏が、大絶賛のコラムを書いてて・・・。「スマステ4」の「月イチゴロー」でも1位に選ん...
2005/05/31(火) 02:28:48 | Cafeアリス
オットは映画が大好き。金曜日の昼頃から「今日は何を見よう?」と頭は映画で一杯になる(はず)。たいていDVDを借りて家で見るのだが、今日は久しぶりに映画館に繰り出す。アカデミー賞に、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞などがノミネートされてい
2005/05/30(月) 02:41:46 | vivid memories
 “モ・クシュラ”■監督・製作 クリント・イーストウッド■脚本 ポ-ル・ハギス■原作 F・X・トゥール■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!  ・作品賞
2005/05/30(月) 00:30:42 | 京の昼寝~♪
<ストーリー>ボクサーとしての成功を夢み、ウェイトレスをしながら自己流のトレーニングに励むマギーは、ベテラン・トレーナーであるフランクの門を叩く。昔気質のフランクは女性を拒むが、熱意に負け、二人三脚で頂点を目指すことにする。意外な素質を見せ、連勝街道を突
2005/05/29(日) 23:35:55 | impression
娘を求めるトレーナー家族の愛に恵まれない女子選手一生のうち1度もチャンスを貰えずに人生を終えるものもいる譲れない物があるボクシングだけは譲れないこれだけが生きがいだから、これを失くしたら何も残らない後半ストーリーは想像もしなかった展開を迎え
2005/05/29(日) 20:30:27 | えいがんだむ
「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド主演鋭いパンチが炸裂しのけぞると、こちらも同じような痛みを感じるそんな映画だった。人は何を求めて生きているのか。「やりたいこと」がしたい。よく耳にす...
2005/05/29(日) 18:10:36 | soramove
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!
2005/05/29(日) 17:16:47 | Akira's VOICE
地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らしてアカデミー賞の主要部門を独占。その時はあぁ、スコセッシ可哀相!と思ったけど,まぁアカデミーなんて全然アテにならないと思っ...
2005/05/29(日) 16:00:02 | It's a Wonderful Life
!けいを逆のとこいたりや。だいんなゃじ屈理はグンシクボ この映画を観た直後に印象に残ったキーワードを書き出してみると、「110回目のプロポーズ」という言葉が残ってしまいました。「自分自身を守れ」とか「タフ・エイント・イナフ」よりもずっと強烈に・・・そして、ア
2005/05/29(日) 14:25:07 | ネタバレ映画館

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。