スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

魔術師とスカーレット・ヨハンソン

2006.10.22 (Sun)

そういえば、ここ数年の日本は マジック・ブーム ですね~。
Mr.マリックやセロは、すでにTVでもお馴染みですが、
ある時は小さなテーブルの上で、またある時は大舞台の上で、
とてもネタがあるとは思えない彼らの秘術には、ただただ息を呑むばかり。
でも、もしマジシャン同士が良きライバル同士としてだけでなく、
己のプライドと名声のため、生死をかけた本気バトル を繰り広げたとしたら・・・?

 The Prestige ( 2006年/アメリカ 10月20日より全米公開中 )
【監督】 クリストファー・ノーラン
【出演】 ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン
     /スカーレット・ヨハンソン/デヴィッド・ボウイ


それは先週末20日から全米公開された、最新作のお話。
公開前からとても評判が良かったそうで、明日には発表される全米興行収入
ランキングの週計結果が気になります! さて、気になるその内容は・・・?

More・・・

時は、19世紀末のロンドン。
ヒュー・ジャックマン 演じる ロバート は (左)、才能に溢れた今をときめく人気魔術師。
対してクリスチャン・ベール 演じる アルフレッド は (右)、野心溢れた新進気鋭の若手魔術師。

そんな 2人の天才魔術師 は、出会った時から良きライバルとして認め合っていたはずが、
やがて、敵対心は憎悪へと燃え移り、魔術師としての名声とプライドのため、
人生と生死をかけた、壮絶なバトルへとエスカレートしていく・・・という物語。
→『 The Prestige 』 公式ホームページ&予告編へ (英語)





原作は、世界幻想文学大賞 を受賞した クリストファー・プリースト の小説 奇術師
タイトルの The Prestige 』 = 名声、威信 という意味ですね。
魔術師にとって、観客を驚愕と感嘆に落としいれることこそ、最高の名誉。
どちらが偉大な魔術師であるか、互いの名声と威信をかけて競い合い、
よりエキサイティングな リアル・マジック を追求するがあまり、
となって自らを追い詰めていく様を、ハラハラドキドキ緊張感たっぷりに見せてくれるのは、
あの メメントバットマン・ビギンズ を手がけた クリストファー・ノーラン 監督。
すでに先の2本を観た事がある方なら、きっと ノーラン 監督 × マジシャン という
組み合わせを聞いただけで、どんな展開になるのかとゾクゾクしてしまうのではないかしら?
もちろん、わたしもそのひとりなのですけど、トレーラーを見てからは、
ますます楽しみになってしまいました!

そして、もうひとつの注目は、多彩なキャスティング。
名優 マイケル・ケイン は、マジックの小道具を開発する老紳士らしいし、
久々の役者で登場の デヴィッド・ボウイ というクレジットだけでも、かなり興味をひかれます!





さらに、魔術師に 美女 は付きものですものね~。 スカーレット・ヨハンソン は、
2人の魔術師に愛される 女性アシスタント として登場するようです。
ほらほらっ、鎖ぐるぐる巻きにされて、箱に閉じ込められちゃったりするのかしらっ??




究極のトリックは、禁断のトリック-
天才魔術師たちの己の威信をかけた、愛と野望と破滅の物語。
日本公開はまだ未定ですが、これはDVDよりも映画館で観る方が迫力がありそう!
ミステリアスでスリリングな、クリストファー・ノーラン 監督の The Prestige
興味をそそられた貴方は、是非一度トレーラーをクリックしてみて下さいね。
今後、要チェックしたい一本です!

banner_02.gif

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

17:31  |  Hollywood News  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

こんばんはっ。

★eikoさぁ~ん、ねっ、ねっ、「バットマンビギンズ」好きでしょ~?
前に記事を書かれていたから、きっと気に入ってくれるんじゃないかと思いました!
今週の全米ランキングでは、見事No.1に輝きましたね!
きっと日本でも公開されるかな? 今からとっても楽しみにしてますっ♪


★Nyaggy さぁ~ん、あの色気、ちっとは分けてほしいの・・・わたしっ(爆)
マジック番組、ついつい見ちゃいますよね~っ。わかるわかるその気持ち。
最近は、本当はネタなんかないんじゃないかぁ??とマジックがあまりに凄すぎて、
驚きより笑うしかない境地に踏み込んでますっ(笑)
このい映画も、私が好きな18世紀のプチ時代物。 
クラシカルな衣装も、とても楽しみですねっ♪
 
Carolita |  2006.10.28(土) 21:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/193-364f9db5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。