スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

インディ・ジョーンズ4 始動!

2007.01.13 (Sat)

新年早々、うれしいニュースが! 皆さんもすでにご存知かと思いますが、

インディ・ジョーンズ4が、今年6月より撮影開始! → 詳しくは、eiga.com

「 映画は冒険だ! 」 そうですか! ようやく始動するのですねぇ~。
ハリソン・フォード は、新作でも、もちろん続投!
シリーズ3作目 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 から 18年・・・。
いやぁ実に長い道のりでしたっ。

全米公開は、2008年5月頃 の予定だそう。( らっ、来年じゃないかっ )
タイトルや詳しいストーリーは明らかになってはいませんが、
待っただけはあるとファンを唸らせるような作品にして欲しいですものですねっ。
まだほとんど情報もありませんので、せめて気分だけでもと、
伝説のシリーズ3本を ポスター で振り返ってみることにしました。 それは・・・?

More・・・

レイダース/失われたアーク ( 聖櫃 ) ( 1981年 )

【監督】 スティーヴン・スピルバーグ
【製作総指揮】 ジョージ・ルーカス/ハワード・カザンジャン
【原案】 ジョージ・ルーカス/フィリップ・カウフマン
【脚本】 ローレンス・カスダン
【音楽】 ジョン・ウィリアムズ




記念すべきシリーズ第1作
物語は1936年の ペルー から始まりました。
「チャチャポヤン寺院の偶像」を横取りされ、泣く泣く アメリカ・パシフィック大学
戻った インディ は、米陸軍情報部から、モーゼの十戒が記された 「 アーク 」
ナチス が狙っていると聞かされます。
「アーク」を求め ネパール の恩師を訪ねると、そこには恩師の娘で元恋人、マリオン が。
2人は、アークを探すため カイロ へと旅立つのですが・・・?

世界を股にかける教授ヒーロー、インディ・ジョーンズ の誕生!そんなに大学休んで大丈夫?
ヒロイン、マリオンを演じた カレン・アレン も魅力的。やっぱりシリーズ最高傑作だったかなぁ。






インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 ( 1984年 )

【監督】 スティーヴン・スピルバーグ
【製作総指揮】 ジョージ・ルーカス/フランク・マーシャル
【原案】 ジョージ・ルーカス
【脚本】 ウィラード・ハイク/グロリア・カッツ
【音楽】 ジョン・ウィリアムズ




遊園地のようなワクワクさせる仕掛けたっぷりのシリーズ 第2作
物語は、前作のオープニングだったペルー行きの一年前、1935年の 上海
マフィアが隠し持つダイヤと、清王朝最後の皇帝の遺骨を取引するため、
ナイトクラブ 「 オビ・ワン 」 に向かった インディ
そこで罠にはまり、居合わせたクラブの歌姫 ウィリー・スコット
相棒ショート・ラウンド と共に危機一髪、飛行機で脱出したものの墜落。

なんとかたどり着いた インド の奥地で、インディは村人から
聖なる石 「 サンカラ・ストーン 」 を取り戻して欲しいと頼まれます。
今回もお人よしぶりをいかんなく発揮、3人でサギー教なる密教集団が巣くう、
ジャングルの奥地、パンコット宮殿に向かうのですが・・・?

高さ100メートル、全長85メートルという 本物のつり橋上 での格闘シーン、
トロッコのジェットコースター は、スリル満点でした!





インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 ( 1989年 )

【監督】 スティーヴン・スピルバーグ
【製作総指揮】 ジョージ・ルーカス/フランク・マーシャル
【原案】 ジョージ・ルーカス/メノ・メイエス
【脚本】 ジェフリー・ボーム
【音楽】 ジョン・ウィリアムズ




インディ・パパ が登場した、シリーズ 第3作
物語はさらにさかのぼり、インディがボーイスカウトに入団していた 少年時代 の1912年。
アメリカ・ユタ州 の盗掘現場から「コルテスの十字架」をこっそり奪ったインディですが、
パナマ・ハットをかぶった男に取り返されてしまいます。

その 26年後 、大西洋ポルトガル沖で同じ男から財宝を手にいれ アメリカ に戻るのですが、
「 キリストの聖杯 」 を探す 父ヘンリー が行方不明と知り、彼の残した手帳を頼りに
イタリア・ヴェネチア へ。 ついに オーストリア・ザルツブルグ で監禁されていた父を発見し、
親子で ドイツ・ベルリン、ハタイ共和国 へと聖杯を求め旅立つのですが・・・?

子が子なら、親も親(笑)。ショーン・コネリーの登場や少年時代のソエピソードなど、
ストーリーにも人間臭さが。 アドベンチャー&親子愛にはホロリとさせられました。




あの スター・ウォーズ が公開された 1977年
ハワイにバカンスに来ていた ジョージ・ルーカス のもとに、
スティーヴン・スピルバーグ が遊びにきて落ち合ったビーチで生まれたのが、
インディ・ジョーンズ/レイダース失われたアーク 。
全てはそこから始まったのです。
昔、映画雑誌でこのインタビューを読んだ時は興奮しました。

主人公の名前は、当初 「 インディアナ・スミス 」 だったというのは有名な話ですね。
インディアナ は、ルーカスが飼っていた 犬の名前 だったのですが、
スピルバーグが、スミス は、スティーヴ・マックイーンネバダ・スミス
パクリみたいだ、と言ったので、そこで新たに提案されたのが、“ インディアナ ”。
これぞアメリカ魂!という名前を、2人は大変気に入ったとか。

当時、スピルバーグは ジェームス・ボンド映画 を撮りたかったらしく、
ルーカスは、ボンドより面白い企画があるよとストーリーを説明したのだそうです。
ああ~! その名残がこのカットだったのか・・・どうかは分かりませんが。



Indiana Jones 4 は、撮影が順調に進めば、来年 2008年5月 に全米公開予定。
これから少しずつ明らかになる全貌を、ワクワクしながら待つことにしましょう!

banner_02.gif


テーマ : 映画レビュー - ジャンル : 映画

15:56  |  Hollywood News  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

そうなんですよね

ハワイの砂浜でのあの会話までご存知とは、さすがCarolitaさんですね。

そうなんですよね。スピルバーグはボンド映画が作りたかったんですよね。
1作目はそれなりに面白く観た記憶があります。ただ、2を観て、私はちょっと引いてしまいました。おふざけが過ぎるというか…。

「カジノ・ロワイヤル」でボンド熱が再発しましたので、今夜は借りてきた「女王陛下の007」を観る事にします(笑)。
kaoru1107 |  2007.01.14(日) 17:59 | URL |  【編集】

★kaoruさんも、やはりご存知でしたか!(笑)
昔は、月一で映画雑誌を買うくらいしか情報を手に入れる方法がなかったので、
その時に読んだ内容は、意外と鮮明に覚えてたりするんですよね。
やっぱり、やっと「4」の撮影に入ると聞いたときは、ちょっと興奮しました。
やっぱりブームを巻き起こした往年の人気シリーズが帰ってくるわけですから、
単純にワクワクした頃を思い出しちゃうんですよねっ。
あ、2は意見が分かれるみたいですね! わたしも、1と3が好きかなぁ。

「女王陛下の007」、いいですね~! スノーモービルが出てくるのって、あれでしたっけ?
今夜は、ゆっくりとご堪能くださいませっ♪
Carolita |  2007.01.14(日) 22:08 | URL |  【編集】

こんにちは!

『ロッキー』シリーズも久しぶりに新作が作られるそうですが、どちらも大御所なのに、本当によく体を張ってがんばりますよね…。見てる方としては、アクションシーンは大丈夫なの?とちょっと心配ですけど(笑)
若い頃オヤジスキーだった私は、ハリソン・フォードが大好きでした。
最近はお目にかかってませんが、この新作はちょっと興味あります!
Nyaggy |  2007.01.16(火) 12:49 | URL |  【編集】

こんばんは!

★Nyaggy さんったらぁ、ぶぶぶっ!オヤジスキーいいですね~。
実は結構わたしも負けてないですよ~、クリント・イーストウッドさま、
わたしの心の中では今でもダーティ・ハリーですからね(笑)
ハリソンさん、御歳64歳くらい?でしょうか? スタローン共々きっとアクションシーンには
いぶし銀の艶が漂っていることを密かに期待してます!
ショーン・コネリーも出るのでしょうかね? そしたら、さらに平均年齢が上がりそうですよねっ(笑)
Carolita |  2007.01.17(水) 00:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/211-cdc82e1f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。