スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

メンフィスの護符

2005.06.13 (Mon)

歴史大好きっ。エジプト大好きっ。吉村先生大好きっ。
とうとう行ってきました! 福岡市博物館の「ルーブル美術館所蔵 古代エジプト展」
博物館なんて子供の頃以来行ってなかったのですが、
今回はあのルーブル美術館のエジプトコレクションが日本で始めて本格的に公開されるとあって、
何ヶ月も前から楽しみにしていました。
20050612132821s.jpg

チケットをもぎってもらい、いよいよ会場へ。
照明をおとした薄暗い展示室の入り口には、
小ぶりのスフィンクスが2体、両側に置かれ仲良くお出迎え。
両足を前に寝そべったお決まりのポーズの胸元には穴が開いていて、
なんでも当時はそこから水が流れていて噴水の一部として使われていたんですって。
ピラミッドを守るだけがお仕事じゃなかったのねっ。

会場内は家族連れ、歴史マニア風のじいちゃん、おばちゃんコンビ、若者カップルで大賑わい。
「ねぇねぇこの像、なんで顔が牛なのおぅ?」
「知らねーけど、牛だからじゃねぇ?」

成立してそうでしてない会話を繰り広げるカップルの隙間をすり抜けガラスケースにへばりつき、
気がついたら5時半の閉館のアナウンスがっ!
入場したのは確か3時ぐらいだったので、なんと2時間半も立ちっぱなしで見ていたんですね~!
そりゃ疲れるはずさっ。 うっ・・・足が痛い。腰が痛いよ~。あ~帰ったらサロンパス貼ろ。
高校時代は世界史を選んだ私。
もともと興味があったのですが、私のエジプト好きにさらに火をつけたのがコレでした!

More・・・

1976年から月刊プリンセスで連載がスタートし、
30年近く続いている細川智栄子先生の超長編少女マンガ
「王家の紋章」
20世紀の娘キャロルが、呪いで3000年の時を超え古代エジプトへとタイムスリップ。
そこで黒髪をなびかせて勇猛果敢、美形だけどかなり強引な少年王メンフィスと愛し合い、
お妃となります。(メンフィスのモデルはあのツタンカーメン王)
20050612140418.jpg

しかし20世紀の知恵をもったキャロルを近隣諸国がほっておくわけがあ~りません。
「古代アッシリア」やバベルの塔の「バビロニア」、エーゲ海の「ミノア王国」
木馬の「トロイ」・・・と次から次へと連れまわされ、
「あ~れ~っ」とさらわれてはエジプトに奪い返されたかと思うと、
時々ひょっこり現代に帰ってきたり。
このように、いっときもエジプトにじっとしていない少女が主人公のお話です。
少女マンガですからイケメンの王子がいっぱい登場するのですが、
中でも一番人気は何といってもこの人、古代ヒッタイト王国のイズミル王子でしょう。
エジプトのメンフィス王とは永遠の恋敵
20050612140853.jpg

美形の王子二人に取り合いをされ、「ケンカをやめてぇ~♪」と歌いだしそうな
実にうらやましいキャロルちゃん。
これまた、なんと乙女心をくすぐる設定ではあ~りませんかっ。
なにせ今のところ49巻まで出ているので、とてもこれだけでは語りつくせません。

それで、今回のエジプト展ではひとつ、どうしてもこの目で見たいものが。
それはマンガの中に度々登場する、少年王メンフィスが胸に漬けているファラオの「護符」
きっと、この写真を見ながら細川先生は描かれたのでは?と思うほどに
絵とそっくりな「護符」が今回展示されていたのです!
護符とは、現代のお守りのようなものですね。
生前身につけていたものは、死後の世界でもその人を守ってくれるようにと
ミイラの首のあたりに置かれました。

それは、“心臓”を模った黄金の護符と背中合わせにして、
約200点ものお宝の一番最後に展示してありました。
(これはお土産に買った100円のポストカードの写真。クリックで大きくなりますよ)
20050612132803s.jpg

正式には「バー鳥形護符」
末期王朝時代又はプトレマイオス朝時代(クレオパトラが最後の女王だった)のものです。
「王家の紋章」の舞台となっている“新王国時代”よりもずっと後の、
古代エジプト最後の時代のお宝ですね。

う~ん、大きさは約5cmぐらいかな。裏には鎖を固定する止具がついています。
思っていたよりはずっと小さかったけれど、金色の輝きや青色の装飾は今もそのまま!
薄暗い中、そこだけピンスポットが当てられたガラスケースの中でキラキラ輝いて、
ものすご~くキレイ、キレイ!!
これが古代ファラオの胸にあったなんて・・・?
ああ愛しのメンフィス様。貴方の胸の護符もこんな感じかしら・・・?と、
すっかりキャロル気分で現実とマンガの世界を行ったりきたり。
なんて歴史ロマンなのっ。きゃっステキステキ♪

ちなみに“黄金の心臓”の護符もすごくリアルでしたよ。
大きさは2cmなかったかも。ちっちゃ~い!
ミイラを作るときは内臓はほとんど取り出すのですが、心臓だけは残したんですよね。
この護符には、死後の世界でうける“オシリスの審判” ( オシリス神の前で死者の心臓を
善悪を判断する天秤にかけ、心臓と真実の重さが吊りあわなければならない)を
無事クリアできるようにと願いが込められていたそうです。(写真をクリック!)
20050612133833s.jpg

さすがにミイラの展示はありませんでしたが、
他にもミイラを入れた棺、黄金の首飾りや化粧鏡(私も顔を映してみました!)、
それからカノプス壷 (ミイラから取り出した胃・肺・肝臓・腸を入れた4つの壷)には、
赤くこびりついたがはっきりと・・・( ゾゾ~(汗) それってやっぱりアッアレよね・・・?)などなど、
見どころがたくさんあって、あー楽しかったっ!
このエジプト展、福岡の他には名古屋東京で開催されます。
詳しくはコチラへ→福岡市博物館ホームページ

今回実際にこの目で見てみて、作者の細川先生は膨大なエジプト関係の資料に目を通されて、
より忠実に再現してマンガを描かれているかがよく分かりました。恐るべし「王家の紋章」
それで、私としてはぜひ映画化してほしいので、
ハリウッドの大物プロデューサーの皆様、一度読んでみて下さい。
キャスティングは無料で私が引き受けますっ。
えっとぉ、キャロルはダコタ・ファニングで、イズミル王子はオーランド・ブルームで、
それからメンフィスは・・・?
はぁっはぁっ、また一人で暴走してしまいましたっ。
だっ誰か止めて・・・(笑)。

♪『古代エジプト展』見たいですか?
    ↓

banner_02.gif
06:48  |  王家の紋章  |  Trackback(1)  |  Comment(11)

Comment

こんにちは NC在住のみきです
HPに遊びに来てくれてどうもありがとうございました!
実は私もエジプト大好きなんです!王家の紋章も実家に並んでいます(笑)

またおじゃまさせてもらいますね!!!
みき |  2005.06.13(月) 22:29 | URL |  【編集】

★みきさん、遊びにきてくださって感激です!
先月始めたばかりなのですが、大好きな映画の話題を中心に
ぼちぼち書いています。
エジプト好きですかっ!王家の紋章もお持ちだったなんてっ!
時々はエジプトの話も書きたいなぁと思っていますので、
ぜひまた遊びにいらしてくださいねっ。
私もNCのこといろいろ知りたいので教えてくださいね♪
Carolita |  2005.06.13(月) 23:38 | URL |  【編集】

見たいっ!

「古代エジプト展」の記事を読ませていただいて、行きたくなっちゃた!
神秘的なものって魅力を感じます~。福岡ですかあ。行きたいなあ。。。。
「王家の紋章」の映画化、賛成~!キャスティングもすばらしいっ!
メンフィス役が重要ね。ジョニーといいたいところだけれど、年齢的にちょっと無理があるので、あきらめます(笑)ではまた・・・いつも楽しみにしてます。
eiko |  2005.06.16(木) 10:10 | URL |  【編集】

熱く語っておりますな~(笑)夫婦共通の話題であり、マンガ文庫で集めようと
したもののストップしている「王家の紋章」。いつか全巻まとめて読み尽くしたい
です。よろしくねん♪ メンフィス様、すてき♪ どきどきっ
のりのり |  2005.06.16(木) 20:01 | URL |  【編集】

★eikoさん、こんばんは!
そうなんですよ~、メンフィスが決まらない~っ!
最近の若手スターにはうといもので、やっぱり黒い瞳がいいですよねー!
ジョニーさまがあと20歳若かったらピッタリだったかもっ。
エキゾチックな若手到来を期待して待つことにします。
でも、いつか実写で観て見たいものですね~、夢が壊れるかな??


★のりのりさん、お久しぶりっ。
きっと反応してくださると思ってました。期待に応えてくださってありがとう!(笑
)
全巻そろえてますので、ぜひご夫婦でお立ち寄りくださいっ♪
Carolita |  2005.06.16(木) 23:13 | URL |  【編集】

古代エジプト展

良いですねえ。見たいなあ・・・
あ、この度はトラバありがとうございます。
私も「王家の紋章」昔から読んでます。あれでエジプトや考古学への関心が植え付けられたと言っても過言ではありません。ホント偉大なマンガですよね。

おかげでナイル川に落ちたり、王家の谷で一人になったら2000年前へ連れてかれるんじゃないかと今でもちょっとだけ思ったりするトラウマ?が私にはあります(笑)
みやびん |  2005.06.26(日) 02:19 | URL |  【編集】

私も「古代エジプト展」に行く予定で、楽しみにしてます!
あのヒエログリフが読めたら、博物館に行くのももっと楽しめるだろうな、、と思って少し勉強してみたんですが、難しすぎて断念してしまいました。
前にエジプトの展示を観にいった時、彼女にヒエログリフを読んで説明してる男性がいてビックリしました。うらやましかったです(笑)。
まご |  2005.06.26(日) 08:36 | URL |  【編集】

おはようございます!

★みやびんさん、コメントありがとうございます!
そうですかっ、そんなトラウマ私だけかと思ってました(笑)
エジプト展見に行ったときも薄暗かったので、影から「ナイルの娘~こちらへ~」
とか幽霊が出てくる気がしてキョロキョロしていました。
でもだぶん知恵が無いから、古代エジプトでは3日も生き延びていられないかもっ?早く50巻読みたいですね! これからもヨロシクお願いします♪

★まごさん、エジプト展、見に行かれるのですね!
ぜひぜひ、メンフィスの「護符」その目でご覧になってくださいね!
ヒェ~!ヒエログリフ読める彼氏?? すごい!なんか読んでる姿がカッコ良くないですかっ! ジミーみたいで・・・って、彼はもう元気になったのでしょうか?
また感想もお聞きしたいです。そちらへもおじゃまさせて頂きますね♪
Carolita |  2005.06.26(日) 10:00 | URL |  【編集】

こんにちは!

TBありがとうございました。
私もTB返させていただきました♪

もっと早く伺おうと思ってたんですが、もう少し読み進めてから
コメントしようと思っていたので遅くなってしまいました。
古本を購入してるんですが、どうしても22巻がなくて・・・・・
なので未だに21巻までしか読めていません(>_<)

古代エジプト展行かれたんですね。いいな~!
文庫版のあとがきで吉村作冶さんが『エジプトを学びにくる女子学生の多くは王家の紋章の影響を受けてやって来る、とても好ましい事です』
といった意味のことを書かれていましたが、ものすごく納得。

映画、ぜひ見てみたい!
キャロル、ダコタ・ファニングですか~。確かまだ10歳くらいですよね?
5年くらい経てばイメージぴったりかも☆
ちなみに私の中ではオルセン姉妹がイメージです。(髪が栗毛っぽすぎかな?)
メンフィスは・・・・いない!w
チャチュケ |  2005.06.29(水) 16:08 | URL |  【編集】

ちょっと出遅れました(汗)

『王家の紋章』の影響で、初めての海外旅行はエジプトへ行きました。
ツタンカーメンのお墓を見学する機会もあったのですが、
壁画が動き出すのではないかしら・・・とドキドキしました。
(ちょっと期待してみたのですが。笑)

もう10年くらい前のこと、
吉村作治さんがカルチャーセンターで講座を開いていて、
それに参加してみたこともありました。
でも、最前列で居眠りをして
「こんなところで居眠りをして!」とご本人に起こされる始末でしたが(^-^;

ハリウッド実写版『王家の紋章』あったら是非みたいです~。
メンフィスのキャスティングは難しい・・・オーランドのイズミルもよさそうですね~。
kaya |  2005.06.29(水) 22:56 | URL |  【編集】

いらっしゃいませ!

★チャチュケさん、私もブック・オフで全巻そろえましたが、それはもう大変でした。お気持ちスゴークわかります。できるだけ表紙のキレイなものを・・・と思ったら、何件もハシゴしないと見つかりませんでしたもの!
でも、くじけずがんばって集めてくださいねっ。
私も中学か高校生の頃に王家を読んでいたら、絶対考古学者を目指していたのですが、出会ったのはおととしなので、もう手遅れでした(笑)
オルセン姉妹ですか! キャロルの金髪を持つ女優さんは難しいですものね~。
今後の若手に期待ですっ♪

★kayaさん、吉村先生に会われたことがあるなんて、うらやましいですぅ~!
私もセンセに起こされてみたい・・・。うふっ。
でも、あのセンセの前で堂々と居眠りをしたkayaさんは、やっぱりタダ者ではありませんね(笑)
メンフィスは思いつかなかったのですが、EP3のヘイデン君を見て「彼だ!!」と思いました。エジプトの化粧も似合いそうでしょっ?
そして、あの目・・・。今、私のなかでは「アナキンのメンフィス説」が一番人気です♪ いっイケテないかなっ??
Carolita |  2005.06.30(木) 22:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/22-1b7bb6bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

王紋LOVE小学生の頃、従姉に借りて読んだことはあったんだけど当時は特にグッとこなくて、最近になって急に読みたくなって文庫版を集めてます細々と集めるつもりだったけど母に1,2巻読ませたら「久しぶりに漫画が面白い」って言って3~8巻買ってくれちゃ...
2005/06/25(土) 11:09:47 | CHABLO

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。