スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「コーヒー&シガレッツ」

2007.03.07 (Wed)

部屋で映画を観る前に、必ずすること。
煎れたてのコーヒーをマイカップに注ぎ、サイドテーブルへ。
膝の上にクッションを置いて、ソファーに深く腰掛ければ、準備はOK。
挽きたての豆の香りがほのかに漂うリビングの灯りを消して、
さぁ、今夜は何を観ましょうか・・・?

コーヒー&シガレッツ ( 2003年/ 原題:COFFEE AND CIGARETTES )
【監督・脚本】 ジム・ジャームッシュ
【撮影】 トム・ディチロ/フレデリック・エルムズ
     /エレン・クラス/ロビー・ミューラー
【美術】 マーク・フリードバーグ
【出演】 ロベルト・ベニーニ/スティーヴン・ライト/ジョイ・リー
     /サンキ・リー/イギー・ポップ/トム・ウェイツ/ルネ・フレンチ
     /ケイト・ブランシェット/メグ・ホワイト/ジャック・ホワイト
     /アルフレッド・モリナ/スティーヴ・クーガン/ビル・マーレイ
                 /ビル・ライス/テイラー・ミード他


さて、その感想は・・・?

More・・・

ジム・ジャームッシュ 監督の作品の中で一番好きだったのは、
ストレンジャー・ザン・パラダイス
何気ない空間なのに、どこを切り取っても一枚のポストカードになりそうなモノクロの風景は、
とてつもなくスタイリッシュで、おしゃれ。
しかも、さらりと効かせたユーモアが、ニクイくらいにカッコいい。





ですが・・・。

もっとダントツのお気に入りができてしまいました~。
それが、この コーヒー&シガレッツ
ゆる~いコーヒーブレイクが織りなす、味わい深い会話を綴った、
まさに愛すべき11本の短編集。

いやぁ~、これは見事にスッポリわたしのツボに入りましたね~。
ロベルト・ベニーニ、 イギー・ポップ、 トム・ウェイツ、
ケイト・ブランシェット
ビル・マーレイ などなど・・・。
ほぼ実名で登場する俳優、ミュージシャンたちは、かなりの大物個性派ぞろい。
みんなスゴイ人ばっかりなので、それを見ているだけでも十分楽しいんですけど、
実は、一番楽しんでいたのは、映画の中で本人が本人に成りきっていた 彼ら
なんじゃないかなぁ~。
ジョークを連発するわけでもなく、別に笑わせようとしてるわけでもなく、
たーだ、普通に話してるだけなのに、それがもう面白くて可笑しくて、
こちょこちょツボをくすぐってくるから、ううっ、たまらない~っ。
なんなんでしょっ、ついボーッと見てしまうこの至福の時間は!
11本中9本は、声を出して笑ってましたね、ホントに。
なんだかクセになりそうな大人の愉しみ を見つけちゃった気分です。




彼らが集うテーブルには、必ず コーヒーカップタバコが1箱 置いてあるんですよ。
人生は、大人になって初めて分かるコーヒーとタバコの味と似てる。
映画のポスターにもなっている白と黒の格子柄のテーブルは、
まるで 人生のチェス盤 みたい。

ナイト をどう動かすかによって勝負の行方が変わってくるように、
取りとめがないように思えても、たわいもないその一言が、
相手にあわや キング をチェックメイト!されかねない切り札になるやもしれぬ、
会話の面白さ。

そんな、ゆる~い意味不明?なやりとりの応酬を、抜群のセンス溢れる
ジャームッシュ監督の脚本と、俳優達の見事なコラボでユーモアたっぷりに見せてくれる、
コーヒー&シガレッツ は、コク深い珠玉のゆるゆるカフェ・ムービー。



スモーキーな深煎り豆みたいな人生の苦味に飽きたら、
ユーモア という名のミルクをポトリと一滴、垂らしてみては?
白い渦巻きがカップの中でジワァ~と溶け出すのを、ただ上からじーっと眺めている時って、
けっこう至福の時間かも・・・。
そんな心と頭がほぐれていく快感を、貴方もぜひぜひ味わって見てください!


banner_02.gif




テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:09  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

もうすっかり、Carolitaさんのブログを見ることが、「映画専門誌などで面白そうな映画をチェックする」とほぼ同義になっています。しかも、今までの経験上、Carolitaさんお奨めの映画は見るべきだということがわかっていますから、今回も『 コーヒー&シガレッツ 』 見ようと思います。コーヒーを片手に。CSのムービー・プラスで今月放送中ですものね。
オルサ |  2007.03.10(土) 17:21 | URL |  【編集】

こんばんは!

★オルサさーん、まぁ!なんとうれしいことを言ってくださるのでしょう!
とても映画雑誌とは比べ物にはなりませんが、そんな優しいお言葉だけで、
すごく励まされますよっ。ありがとう~♪

この作品、わたしはとても好きでした。
ブブッ!あの、意味のないゆるゆるさが・・・(笑)
11編ありますが、意外とあっという間です。
必ずコーヒー片手に、我らが愛するムービープラスでオルサさんもぜひ!(笑)
Carolita |  2007.03.11(日) 00:19 | URL |  【編集】

Coffeeの香り・・・

私には食わず嫌いが結構ありまして、実はジャームッシュ映画はそのひとつだったりします。本当にすみません。観ていないので批判もありません。とにかく未体験なのです。

「これを観ていない人は幸せだ。何しろこの面白さをこれから体験できるのだから」名作ミステリーについてよく言われるこの言葉は、私にとってのジャームッシュ映画かもしれません。
Carolitaさんのお薦めには、まず外れがありませんので、近々に封印を解いてみようかと思います。

コーヒーはどう淹れていらっしゃいますか? 私はペーパードリップを手で淹れるのが好きです。機械は何となく敬遠しがちです。
しかし、家人がコーヒーの香りが大の苦手(アルコールと同様の効果があるようです)のため、家の中ではご法度なのです(笑)。どこか、コーヒーを飲みながらお気に入りのDVDが観られる隠れ家が手に入らないものかと思っています。

kaoru1107 |  2007.03.11(日) 19:59 | URL |  【編集】

Coffeeは・・・

★kaoruさーん、わたしの場合、香りを楽しみたいときはペーパードリップで、
急いでいるときはコーヒーメーカーを使用しますよ。
昔はミルで豆を挽くほどこだわったものですが、最近ではすっかり不精者で・・・(笑)
ただ本当に映画を観る時はコーヒーですね。そうですか、アルコールと同じような効果がっ?
まぁ!それはお辛いですねっ。ちなみにウチのダンナさんは、チョコレートとワインでかならずクシャミをします。どうやらポリフェノールに反応しているらしいのですが・・・(笑)

ジャームッシュ監督、わたしもそう多くは見ていないんですよ。
監督の作品でも、好きなものと嫌いなものはハッキリわかれてますね。
封印を解かれるならまずは軽~く手始めに、このチョイスは正解ですよ~♪
Carolita |  2007.03.11(日) 21:22 | URL |  【編集】

これも(笑)前から気になっていて、Carolita さんのブログ読んで、絶対見てみようと決めました!!
残念ながら、片手にコーヒーではなく、私の場合”紅茶”になりますが(^^;)
ジル |  2007.04.12(木) 22:53 | URL |  【編集】

★ジルさん、わぁ~たくさんコメント入れてくださって、ありがとう~っ♪
わたしもね、ずっと気になっていたんだけど、やっと先日観たところなんですよ。
そしたら、このゆるゆる~な感じが、見事にツボに入っちゃいましたっ(笑)

おお!ジルさんは、紅茶党ですか?わたしは両方いけるクチですよっ♪
大丈夫!この映画、コーヒーだけではありませんから。ジルさんのような方も
ちゃんと登場します。
それは、見てのお楽しみ!ということで(笑)。
Carolita |  2007.04.14(土) 14:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/220-66de5aac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。