スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

あの夏を呼び覚ます「Evening」

2007.06.29 (Fri)

6月 も、もうすぐ終わりですね。
うっとおしい梅雨の時期も、7月 という響きだけで、なんだか気分が晴れていくようです。
今日は、夏の訪れとともに切なさが胸に込み上げてきそうな新作をご紹介します。

 Evening ( 2007年6月29日全米公開予定、日本公開未定 )
【監督】 ラホス・コルタイ
【脚本】 スーザン・マイノット/マイケル・カニンガム
【出演】 ヴァネッサ・レッドグレイブ/メリル・ストリープ/トニ・コレット
    /クレア・デインズ/ナターシャ・リチャードソン/マミー・ガマー
    /グレン・クローズ



さて、そのあらすじは・・・?

More・・・

物語の主人公は、死の床に伏す アン・ロード ( ヴァネッサ・レッドグレイブ )
薄れゆく意識の中で、ふとある懐かしい香りが彼女を呼び覚まします。
それは、2人の娘達 コンスタンス ( ナターシャ・リチャードソン )
ニーナ ( トニ・コレット ) が、母の枕元に置いた、バルサム ( もみの木 )の香り

アン の脳裏に鮮明によみがえる、あの40年前の、胸を掻きむしるほど激しくも切ない思い出・・・。
そして娘たちに、永い年月ずっと心の奥底にしまったままの 「 あの夏の日の秘密 」 を\r
語りはじめるのですが・・・?





→ 『 Evening 』 公式ホームページへ ( 英語 )

小説家 スーザン・マイノット の同名ベストセラーロマンスを映画化したという、Evening 。
脚本を手がけたのは、原作者マイノット女史と、めぐりあう時間たち
マイケル・カニンガム 。 以前、ベルナルド・ベルトルッチ監督の 魅せられて でも\r
脚本を手がけた経験のあるマイノット女史は、今回プロデューサーとしても名を連ねており、
本作品への思い入れの強さが感じられます。

もちろんわたしは原作を読んではいませんが、気になったのは、
監督に ラホス・コルタイ 氏が起用されていること。
どんな方だろう?と調べてみたら、この方は 男が女を愛する時 』 『 海の上のピアニスト 』 『 マレーナ 』 『 華麗なる恋の舞台で を手がけた 撮影監督 さんなのですね~。
最近、小説の映画化が増えているようですが、その楽しみのひとつはやっぱり映像の美しさ。
これまで手がけた作品を聞いただけでも、期待してしまします。

若き日の主人公 アン を演じるのは、クレア・デインズ
ロミオとジュリエット で見た彼女の瑞々しさは、とても印象的でした。
アンの旧友には、名優 メリル・ストリープ
アンの娘ニーナとコンスタンスには、トニ・コレットナターシャ・リチャードソン

さらに、ヴァネッサ・レッドグレイブとナターシャ・リチャードソン、
メリル・ストリープとマミー・ガマー ( 写真右下 )は、それぞれ 実の母娘 で、
本作で共演を果たしていることでも話題を呼んでいます。( やっぱり似てますね~! )




それにしても、バルサムの香りでよみがえる主人公アンの、
「 胸を掻きむしるほどの、あの夏の日の想い出 」 とは、
一体どんな思い出なのでしょうね・・・?

待ち遠しいのに、あっという間に過ぎてしまう という季節が、わたしは大好き。
豪華女優陣の共演で彩る 「 夏の想い出 」 は、貴女の胸の中の忘れられないひと夏を\r
呼び覚ましてくれるかも?




さて、Eveningは、本日6月29日 より 全米にて公開 されます。
今のところ 日本公開は未定 ですが、映画の サントラ版 は一足早く視聴できますよ。
わたしもさっそく聴いてみましたが、かなりイイ!

エラ・フィッツジェラルドペギー・リーマイケル・ブーブレ など、
新旧ジャズ界を代表する名シンガー達の楽曲と、耳をクールダウンさせてくれる\r
優しいスコアが交互に収められた、ジャジーでアンビエントな、このサントラ。
真夏の夜のおやすみ前のひと時に、ぜひおススメしたい一枚です!
興味のある方は、コチラから視聴できます。

→HMV 『 Evening 』 オリジナルサウンドトラックへ 

ところで皆さんは、夏が近づくと見たくなる映画がありますか?

banner_02.gif

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

00:23  |  Hollywood News  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

私は断然ジョディ・フォスターの「君がいた夏」です!もう20回くらい見てますがまた久々に見たくなりました。
ペッタンコ |  2007.07.05(木) 14:20 | URL |  【編集】

こんばんは!

★きゃーペッタンコさーん、ご無事で何よりですー!(笑)
が、しかし、「君がいた夏」。 スミマセン・・・まだ未見なのですよっ。
ジョディ好きなわたしなのに~っ。
ワハハ!結構、見逃してるもの、多いです。 これも見なくてはねっ♪ 
 
そうそう、おススメの『月の輝く夜に』見ましたよ! もうサイコーでしたーーー!
今、せっせとレビュー書いています(笑)
Carolita |  2007.07.05(木) 23:32 | URL |  【編集】

コンバンワー☆久々にこちらにやって参りました♪
やっぱり、映画っていいですね~~♪♪Carolitaさんのレビューを読むと、何でも見たくなります(笑)
これは、公開されるかまだ未定という事ですが、サントラがかなりいい感じっぽくて楽しみです♪
うちのPCじゃ試聴できなかったんで(:;)、近々タワレコでも行って試聴してみます(笑)
ジル |  2007.07.08(日) 23:32 | URL |  【編集】

ありがとう!

★ジルさん、こんばんは~っ♪ またコッチにこもっちゃってました(笑)
わぁ~うれしいですっ。映画みたいって気分になってくださるのが、一番うれしいなぁ~。
この作品、あまりにキャストが豪華過ぎるから期待しすぎてもいけないかしらん
なんて
思うんですけど、夏はこんな映画が切ない系が見たくなっちゃいます。

視聴、タワレコでできるといいですね! サントラもかなりいい感じですよ。
インストも多いけど、一枚持ってると何かと使えそうです(笑)
Carolita |  2007.07.10(火) 22:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/257-926ef825

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。