スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ありがとう!スター・ウォーズ

2005.07.04 (Mon)

A long time ago,in galaxy far,far away・・・( 遠い昔、はるかかなたの銀河系で・・・) 」

1秒2秒3秒、ジャジャーン!
この前説に何度胸を高鳴らせたことか・・・。ああ、あれからもう28年だなんて!

昨日、最後となる「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を観て来ました。
episodo3s.jpg

先々行ロードショー、午後9時15分からの上映。
場内はほぼ満席状態。年齢層は高く、熱狂的ファンと観られる男性グループや中年カップル、
そして遅い時間にもかかわらず、特に家族連れの姿が目立っていました。

ななめ前に座っていたのは、お父さんと娘二人と小学生くらいの息子一人の家族連れ。
男の子は夜の映画館と会場の熱気に少し興奮気味で、私達の方を何度も振り返ってはニコニコ。
そうだ。私も初めて「スター・ウォーズ」を観たのは、ちょうどこの子くらいの歳だったよね。
小学3年生の時、父に連れられて出かけた中州の映画館の記憶がよみがえってきました。

この子も、きっとこの「エピソード3」から始まって、
4、5、6、1,2と軌跡をたどっていくのだろうか?
私達が28年かけてサーガを追いかけてきたように。
そう思った時「スター・ウォーズ」というあくまで空想の輪廻
こんな身近にも存在していたんだと、改めて思い知らされました。

さあ、その歴史をポスターで振り返ると・・・。

More・・・

(写真は全てクリックで大きくなります↓) 

EPISODE.4   「A NEW HOPE ~新たなる希望」 (1977年)
EPISODE.5   「THE EMPIRE STRIKES BACK ~帝国の逆襲」 (1980年)
EPISODE.6    「RETURN OF JEDI ~ジェダイの帰還」 (1983年)

20050626134256s.jpg20050626134332s.jpg20050626134353s.jpg

EPISODE.1   「THE PHANTOM MENACE ~ファントム・メナス」(1999年)
EPISODE.2   「ATTACK OF THE CLONES ~クローンの攻撃」 (2002年)
EPISODE.3   「REVENGE OF SITH ~シスの復讐」 (2005年)

20050626134413s.jpg20050626135727s.jpg20050626134456s.jpg

エピソード6は、公開当時“ジェダイの復讐”で記憶していたのですが、
その後「ジェダイは復讐などしない」という理由で、
“REVENGE”から“RETURN”に改題されています。
そして、完結編となったエピソード3で、悪の枢軸“シス”に対して
“REVENGE”という言葉が復活しているのが面白いですね。

さて、エピソード3ですが、
観ればきっと全てのは解け、あらゆる歴史が繰り返されていることに気がつくでしょう。
アナキンが暗黒面へ落ちた理由も、誰もが納得できると思う。
これ以上はネタばれせずに書く自信がないので、他の方におまかせし、
あえて書かないことにしました。
( 皆さんもまだ知りたくないでしょ (笑) )

ただ、ひとつだけ言わせて頂くなら、
ダース・ベイダーの未来も、ルークやレイアに待ち受ける試練も、
観客は皆、承知の上で物語を観ているということ。
それは、まるで全てを知って彼らを見守ってきた、オビ=ワンやヨーダのような気持ちでね。
私達は知らず知らずのうちに登場人物達の意識の中に存在しているのかもしれない。
そんな映画は、きっと世界中のどこを探しても「スター・ウォーズ」の他にはないと思う。

20050626135214s.jpg

以前の記事で、カンヌ映画祭でのルーカス監督の公式記者会見の内容を少し取り上げましたが、
(前記事;カンヌ授賞式へ)
「本人が望まなかったとしても、いろんな力で違う方向へ引きづられてしまう・・・」
というコメントが頭をよぎりました。
未来は自分で切り開くものと信じているけれど、人は“運命(さだめ)”には従うしかないのだろうか。
ほんの小さなボタンのかけ違いの“代償”は、こんなにも大きく悲しいものなのか。
20050626135128s.jpg

私は、そんなやりきれない思いを抱えながら
きっとまたエピソード4,5、6を観てしまう。 そして何度も何度も救われる。
宇宙に終わりがないように、いつまでも語り継がれる「スター・ウォーズ」
そう、まるで「メビウスの輪」のように。

上映後、数人がすぐに席を立ったのですが、
会場の3分の2の観客は、皆そのまま黙ってエンドロールを見つめていました。
何とも言えない沈黙。
私も感無量で、すぐに立ち上がることはとてもできませんでした。
知らない者同士が、同じ空間で、同じ感動を分かち合い、
28年という壮大なオデッセイへの敬意を表していたのかもしれません。
20050626135106s.jpg


最後に、こんなにも長い年月楽しませてくれてありがとう!「スター・ウォーズ」
( かなり待ちくたびれましたが・・・(笑) ) 
全てをリアルタイムで観ることができで、本当に幸せでした。
あ~、一日過ぎてもまだ脱力感でいっぱいです。

P.S.
今回のために9キロ増量して撮影に臨んだヘイデン・クリステンセンには脱帽!
肉体だけでなく、素晴らしい目をしていました。
本当は、オープニングとダース・ベイダー誕生のシーンで拍手したい気分だったけど、
日本人は静かですよね・・・。
今度はアメリカの映画館で観てみたいなっ!

♪ 『スター・ウォーズ エピソード3』 観に行きますか?
    ↓

banner_02.gif
00:08  |  アメリカ映画  |  Trackback(30)  |  Comment(31)

Comment

ヨーダ

スターウォーズはヨーダがきもかわいい!
超大作ハリウッド映画って感じでやはりコンピューターグラフィックは
群をぬいています。音響効果もすごくて他の作品に大きく影響を与えていますね。
ヘイデン・クリステンセンはTVドラマ「マウンテン・ハイスクール」だったっけ?
で落ちこぼれ高校生をやっていて抜擢されたのはつい昨日のことのようです。
実はこっち方面は苦手のべぶです。でもCarolitaさんの記事を見てやっぱりすごい作品なんだってわかりましたよ~!今夜は感激にどっぷりつかってください。
博多からのビーム、ビビビっと受け取りました。食欲回復がバロメーターよ!
ありがとう!!!
べぶ |  2005.06.26(日) 22:54 | URL |  【編集】

2つの夕陽

こんばんは。

ぼくは、あの2つの夕陽で思わず拍手したくなりました。
感無量です。
えい |  2005.06.26(日) 23:28 | URL |  【編集】

こんばんは~vv

私も先先行試写会行ってきましたよ~(≧∀≦)

感無量ですよ本当に。
見終わった後はなんか事態が把握できてなくて、EP3も思ったほどじゃない!旧三部作がやっぱりいい!って言ってたんですけど、ここ2・3日じっくりストーリーをかみしめてEP3あってのルークの物語なんだなって実感してるとこです(´∀`)

やっぱりいい!!!最高です!!スターウォーズ大好きです!!

スターウォーズのオープニングの時は私も拍手したくなりました!!!でも周りが静かで...;たぶん観客の全員がそういう気持ちだったかのかなぁ。さすが日本人;;

あさってくらいに早速トリロジーボックスも買いに行っちゃいますvv
わさ |  2005.06.27(月) 21:31 | URL |  【編集】

★べぶさん、ヘイデンくんって、落ちこぼれ高校生だったの!!
「マウンテン・ハイスクール」は知らなかったぁ。
きっとそれから見たら、エピソード3は色気すら漂う大人の男性に成長してますよ!彼の背後には確かにベイダー卿のオーラが見えましたものっ。
べぶさんにこの気持ちわかってもらえて良かった!
はぁ~。日を追うごとに、感動は深まってます。
ヨーダは今回も大活躍!でも、R2-D2が一番が強かった(かなり笑えた)!
もう一回は映画館で見てしまいそうです。
食欲モリモリ?よかったっ!私もさっき夕食のサラダスパ食べましたよ。
べぶさんは、今夜も美味しいもの食べてるんだろーなぁ・・・(遠い目)


★えいさん、来てくださってありがとうございます!
二つの太陽・・・全てはそこから始まったのですよね。
私は、マスクが「ガッシャーン」と重なった瞬間、6作が1本につながったと感じました。28年、長かったけれど、待ったかいがありましたね。
後ほど、そちらへおじゃまさせて頂きます♪



Carolita |  2005.06.27(月) 21:34 | URL |  【編集】

あっ!

★わささんだっ!コメントのお返事書いてたら行き違いになったのかな?
私も前3部作で、当時アイドルだったマーク・ハミルに夢中になったクチですものっ。お気持ちよーくわかります!
子供の頃は、あのナナメに吸い込まれていくオープニングはどうやって作っているのか不思議でたまりませんでした。
123があるからこそ16年前の3部作が観たくなり、456の謎を解くためには、新3部作がなければ語れない。
やはり6本で「スター・ウォーズ」ですよね。
トリロジーBOX? 私も欲しいっ♪
Carolita |  2005.06.27(月) 21:47 | URL |  【編集】

私もいくよ~

もう観て来たんだね~。うちのだんなさんもスターウォーズ語らせたら
熱いよ~!実は結婚するまで見たことなかった私も、エピソード1を
見に行く前にぜひ4~6を見てから・・・といわれ、だんなさんの
お宝ビデオを鑑賞してから出かけました。
今度も二人で見にいって、多分帰りの車であーだこーだと熱く語るのだと
思うわ。
関係ないけど、999の鉄郎(あってる?)と父親の関係ってさ、
ダースベーダーとルークの関係とかぶってない?ふるすぎる?
のりのり |  2005.06.28(火) 12:59 | URL |  【編集】

いらっしゃいっ。

★のりのりさん、今度はもうバリすごいです。
語りだしたら朝までALLの覚悟を決めて出かけて下さいなっ。
私は数日たっても、どんどん、もう一度あの場面を確認したいっという衝動にかられっぱなしですもの! あ~、ネタばれできないのがもどかしい・・・。
だから、早く観て来てちょーだい!
999、メーテルしか分からないのです。でも、影響うけてるのかなっ??
Carolita |  2005.06.28(火) 21:03 | URL |  【編集】

こんにちわ~♪

TBありがとうございました~♪
泣いても笑ってもこれで最後‥と思うと、1回観ただけじゃ気が済まない!!と思い、多分、少なくてもあと3回は観ちゃうと思いました(^U^*)v
carolitaさんのブログ、とっても分かりやすくて、また感動が蘇って来ました♪
また遊びに来ます~★
凛 |  2005.06.28(火) 22:57 | URL |  【編集】

いいなあ~♪

こんばんは!もう見たのね、スターウォーズ。いいなあ。待ち遠しい。。。予告のトレーラー見て、我慢してるけれど、もうすぐ見れると思うと、ドキドキ。ヘイデン・クリステンセンもけっこう好きだしね。carolitaさんのブログのポスター見て
さらに気持ちを盛り上げて臨むことにします。
eiko |  2005.06.29(水) 20:02 | URL |  【編集】

各エピソードのポスターを眺めているだけでも、
なんだか気持ちが一杯になりますね。

ダークサイドからライトサイドへ。
『ジェダイの復讐』が、“帰還”へとタイトル変更されたことは
ものすごく納得がいきます。
ダース・ヴェイダーがアナキンに戻ってきたという意味あいも感じられていいなぁと。

エピソード3では、スター・ウォーズシリーズの奥深さを実感しました。
これで映画は終わってしまうし、物語も完結しましたが、
スター・ウォーズは何度でも見てみたくなる映画だったんですね。
今年最大の発見だったかもしれません~。


kaya |  2005.06.29(水) 23:16 | URL |  【編集】

こんばんは~。

★凛さん、遊びに来て下さったんですね!ありがとう!
私も日毎に感動が増していくようです。
7月上旬には、ルーカス監督やヘイデン君など来日されるそうなので、
今からとても楽しみにしています。
あと数回は、EP3観にいっちゃうかもしれません!
またそちらへも遊びに伺いますね~♪


★eikoさん、お元気な様子で安心しましたよ~!
待ちきれなくって、観に行っちゃいましたっ。きっとこれから本公開に向けて日本中が盛り上がっていくんでしょうねっ。
ヘイデン君はホントにすごくいい目をしていましたから期待してていいですよ。
ポスターでお気持ち大いに盛り上げてください!
観終わったら、eikoさんの感想も聞きたいな~。
楽しみにしてますねっ♪


★kayaさんのブログには、いつも刺激されています!
「スター・ウォーズ」は単なるSF映画とは違った不思議な力がありますよね。
ルーカス監督は、DVDやビデオ・オン・デマンドが主流になるにつれ、映画館に足を運ぶ観客が減り、今後はこんなに制作費を費やした映画はハリウッドでは作れないだろうと断言していますが、そういう意味でも「スター・ウォーズ」は超大作シリーズの最後の作品になるかもしれませんね。
だからこそ、次世代にも語り継いでいきたいなぁ~と思います。
で、次回の記事は、kayaさんの記事からヒントを頂いて書くことにしました。
迷惑じゃなかったかなっ?また、おじゃまさせて頂きますね♪
Carolita |  2005.06.30(木) 22:23 | URL |  【編集】

うちのブログに来てくれてありがとう!

Carolitaさん、うちのブログに来てくれてありがとう♪
皆さんも書かれていますが、何度見てもおもしろいですよね~。エピソード4(特別編ではなく原作の方は)は、音声がなくても台詞覚えちゃってます。

エピソード6が、returnに変わったのは、そういう理由だったんですね。最後のアナキンの配役が変わっているのもおもしろいですよね。

では、また遊びに来ます!
よしなしごと |  2005.07.02(土) 09:24 | URL |  【編集】

おはようございます。

★よしなしごとさん、こちらこそ来てくださってありがとう!
原作は一度も読んだことないので、読みたいな~!
映画では描ききれなかった背景など、発見がありそうですね。
R2-D2やC3-POは、原作でもあんなにお茶目に描かれているのでしょうか??EP2でR2-D2が“飛んだ”時も、「飛べたんだ!」とショックをうけました。どんくさいフリをして能力を小出しにしてくるところなど、ニクイですぅっ。宇宙でも“能あるタカはツメを隠す”のですねぇ・・・(笑)。
また、遊びに行きますねっ♪


Carolita |  2005.07.02(土) 10:49 | URL |  【編集】

Carolitaさん、はじめまして。
同じ福岡の方で、ついコメントしてしまいました。
私も、初めてSWを観たのは、中洲の映画館だった気がします!!
家のサイトでは、チラシを一挙公開しています。
良かったら、お暇な時にでもおいでくださいね。
私もまた寄らせていただきますね~。
ルナ |  2005.07.03(日) 00:23 | URL |  【編集】

いらっしゃいませ

★ルナさん、初コメントありがとうございます。
しかも、わおっ同じ中州の映画館だなんて感激です!
昔、中州にはピカデリーとかいっぱいありましたよね~。
先日「クローサー」を20年ぶりくらいに中州大洋で観たのですが、
館内には当時の手書きの大きな看板の写真が飾ってあって、感無量でした。
ルナさんのチラシもかなりのお宝ですよね! 保管されてたなんてスゴイスゴイ!
これからもちょくちょく寄らせて頂きますねっ♪
Carolita |  2005.07.03(日) 01:06 | URL |  【編集】

TBありがとうございます!

SWに関しては、なんだかちょっと考えがまとまらないというか、本当に好きだと語れないなあ、なんて思ちゃってます。まあ語り出したら止まらなそうなんですけど(笑)。
ぼくもSWはリアルタイムで前作映画館で見ましたが、日劇(マリオンになる前の)でオヤジと一緒に観たことを覚えています。ぼくは子供はいませんが、まさしく世代を超えて語られる物語ですよね。1から順に6まで観るとどういう印象なのか興味あります。ぼくらリアルタイム世代には絶対できませんからね(笑)。
とりあえずいまから1~6のDVD BOXが楽しみです(X'mas 時期という噂です)。
月ひつじ |  2005.07.03(日) 01:23 | URL |  【編集】

おはようございます!

★月ひつじさん、遊びに来てくださって嬉しいです!
さっき、またおじゃまさせて頂いたのですが、充分語っていらっしゃる
(笑) ホントにお好きなのだなぁと、スゴク親しみがわきました。
本当に好きだと、頭より先に心で受け止めてしまうから、言葉にできないのかもしれませんね。EP3を観終わった直後が、まさにそんな感じでした。
一週間過ぎましたが、実は私もスターウォーズ燃え尽き症候群にかかってます(笑)
いろいろ疑問や確認したいことが次から次に出てきて・・・。
確かにジェダイは滅ぶべき運命にあったのでしょうね。私は処女懐妊したシミから生まれたアナキンは、まさにフォースそのものが生み出した命だと思うのですが、ならなぜもっと完璧ではなかったのでしょうか?
う~ん、月ひつじさんのお考えがまとまったら、ぜひ語りましょう!
いつでもOKです。過去記事でも書き込んでくださると嬉しいです。
私も、もっと考えがまとまったらそちらへ書き込みに伺いますね!
雑誌、そんなに出ているのですね、早速買わねば・・・。
Carolita |  2005.07.03(日) 09:49 | URL |  【編集】

TB&COMMENT

TBとコメントありがとうございます。
結局公開までにすでに2回も見てしかも、旧三部作をDVDで見てしまいました。こういう大作は素直に見てみると感動もひとしおですね。これからもよろしくお願いします。
TORO |  2005.07.04(月) 00:28 | URL |  【編集】

SW良かったっす。TBさせて頂きました

TBさせて頂きました。
細かい内容楽しいblogっすね。
ちょくちょく遊びに来まーす。
dai8 |  2005.07.04(月) 00:48 | URL |  【編集】

早速ちょっと考えがまとまってきたので、TBさせていただきました。マニア濃度高めの文なので(長い上にちょっとくどい)、お時間のある時に目を通してみてください。
SWキャラクターは愛着があってなかなか語りにくいので、ジェダイとシスについて考えました。
まだまだSW熱は覚めません(毎週地上波でやってるし)。燃え尽きてる場合じゃありませんよ!! ちなみにダース・ベイダー表紙のCutは是非読んでみてください。ルーカス・インタビューでは映画ではわからない部分もちょこっと解説されていて、かなりGOODな内容です。
月ひつじ |  2005.07.04(月) 09:23 | URL |  【編集】

こんばんは~。

★TAROさん、もう2回ご覧になったとは!
私も本公開日あたりにもう一度観に行きたいと思ってます。
後から後から来ますよね・・・。久しぶりに子供の頃のように映画に夢中になっていますが、こんな自分も結構好きです(笑)
また、おじゃまさせて頂きますね♪

★dai8さん、はじめまして!T/B&コメントありがとうございます。
つたないブログでお恥ずかしいのですが、いつでもお立ち寄りくださると嬉しいですっ。後ほど、改めてそちらへも遊びに伺いますね♪

★月のひつじさん、お待ちしてました(笑)
実はご指南の通り、昨日さっそく「CUT」買いまして、只今熟読中でございます。

>燃え尽きてる場合じゃありませんよ!!
ありゃりゃっ。どっかでどよーんとしている私の様子、見つかっちゃいました?
わははっ! ご一喝、身にしみました!お言葉、ありがとうございます(笑)
昨日はTVでEP4やってましたが、EP3を観た後だとこんなにもセリフや表情の重みが違うのか!と、また熱が上がってきましたよ~!(吹き替えが少し説明くさかったですけど)
シスとジェダィですね?後ほど、ゆっくり遊びに伺いますっ♪
Carolita |  2005.07.04(月) 21:31 | URL |  【編集】

初めまして。

今晩は。コメント有難うございました。
この記事を読んで、本当にSWがお好きなんだなと感じトラバさせて頂いた次第です。
本当に素晴らしい作品でしたよね。
ルーカス監督はこれ6以後のエピソードは製作しないとおっしゃっているようですが、やはり少し残念です。(苦笑)
柚架 |  2005.07.05(火) 21:34 | URL |  【編集】

★柚架さん、いらっしゃいませっ。コメントうれしいです!
いまだ毎日“スター・ウォーズ熱”にうなされてますが(笑)
EP6以降も気になりますよね!オビ=ワンの暮らしぶりとか、子供の頃のルークやレイアとか。
でも、ルーカス監督には少しお休みをあげたい気分です。
ハリソンにもシワが目だってきたので早く撮らないとまずいかな?
「インディ・ジョーンズ4」も観てみたいです。
またそちらへもおじゃまさせて頂きます♪
Carolita |  2005.07.05(火) 23:02 | URL |  【編集】

Carolitaさんへ

TB返しありがとうございました★
麻衣子は初スターウォーズだったんです(^ー^)
今更って感じだと思うんですけど彼の影響で
見てみることにしたんです★
内容は難しいかなって思ったんですけどちゃんとわかりました♪
こうなったらシリーズ全部見てみたいと思います★
麻衣子 |  2005.07.06(水) 13:46 | URL |  【編集】

★麻衣子さん、こんにちは!
昨日もTVでEP2放映され、明日はEP5「帝国の逆襲」ですよ!
彼と映画鑑賞いいですねっ。ラブラブな感じが伝わってきます。
またお気に入りの映画みつけたら、私にも教えてくださいね♪
Carolita |  2005.07.09(土) 15:15 | URL |  【編集】

TB&コメントありがとうございます。

実は、昨日観てきましたっ!
感想のほうも昨日書いたので、そっちを改めてトラックバックさせていただきます。
(前のは削除してもらっても構いませんので・・・)
サシヒ |  2005.07.12(火) 20:50 | URL |  【編集】

こんばんは!

★サシヒさん、何度もお手間をおかけして申し訳ありませんっ。
「スター・ウォーズ」ビフォーアフターということで(笑)
T/Bはそのままにさせて頂きますね♪
Carolita |  2005.07.12(火) 21:28 | URL |  【編集】

どういたしまして

ウチのブログのコメントのライトセーバーの件、
あの場面、ニヤリとしてしまいましたよ。
サシヒ |  2005.07.12(火) 22:19 | URL |  【編集】

TB&コメントありがとうございました

解ります~ソレ。
EP4を観た頃の思い出とか…なんかよぎっちゃったりするんですよね。
私なんて、当時 高校生だったので そのあたり鮮明だったりします。
皆さん、エンドクレジットの流れる中、きっと 私たちと同じように いろいろな事を思っていたのでしょうね。

でも、私はまだ諦めていないんですよ!
ルーカスが、
『やっぱ 残りの三作も 作ってみるわ 死ぬ気で。』
って言ってくれる事を…
AISYA |  2005.07.13(水) 07:51 | URL |  【編集】

半神は神でもなく、人でもないので不完全なのかも。

こんばんは。こちらにコメントありがとうございました。すごい皆さん盛り上がってますね~(^^)。ほんとCarolitaさんのおっしゃる通り、こんな味わい方できるのはSWシリーズだけですよね。SW最高です。

差し出がましく、月ひつじさんのレスに横レスさせて下さいね。
>まさにフォースそのものが生み出した命だと思うのですが、ならなぜもっと完璧>ではなかったのでしょうか?
私も、アナキンはシスの思念で生まれたわけでなく(シディアスの可能性ありという月ひつじさんの意見の賛成です。ただ自然の摂理に逆らった命なので、フォースにとって排したい存在で対抗するためにフォースの子を世に送り出したってのはどうですか?^^;選ばれし者はオンリーワンだというのはその通りでは?)
アナキンはフォースそのものの血を引くので、当然光と闇が混在した者で、決して光の存在ではないんです。白でも黒でもなく灰色というか、善神にも邪神になる、フォーマットされた存在なんだと思います。
で、割と神話では、神の子というのはたぐいまれの能力のため人としての限界を忘れ傲慢になり、神の怒りを買い、罰が下る例多いですよね。記憶だけですが、例えばオリオンとかスサノオとか。神の子でないけどイカロスとか。
アナキンは太陽を止めようとアポロンに矢を放った人間ってことなのかなと思いました。アナキンはなまじ人並外れた能力があるので、人間には限界があるということをどうしても認められなかったんですよね。

アナキン個人の悲劇はともかく、結局後になってみると、フォースのバランスをとるためには、選ばれし者は一旦シスに身を置き、シス独裁の暗黒時代がなければ、新しい時代は来なかったんだなって後になるとわかるんですよね。夜が来ないと新しい朝が来ないってことかなって思いました。ホント奧が深いです。いきなり来て、長文すみません。
ふざけおに |  2005.07.15(金) 00:10 | URL |  【編集】

いらっしゃいませ。

★ふざけおにさん、私の愚問に気がついて下さったとは!ありがとうございます。お気にされずにどんどん書き込んじゃってくださいね(笑)
>アナキンはフォースそのものの血を引くので、当然光と闇が混在した者で、決し
て光の存在ではないんです

“白にも黒にもなる灰色の存在”。なるほど、そう考えるとアナキンが完璧ではなかった理由がうなずけます。
そもそも人は生まれた時点では「灰色」なのかもしれませんね。私たちも含めて。
成長過程でどんな人と出会い、どんな経験をし、どんな影響を受けるかによって、もちろん親から受け継がれた資質も大きいでしょうが、本来、白にもなり黒にもなりうる存在なのかなぁと感じました。

私は全ての出来事は全て偶然ではなく必然だと思っているのですが、アナキンが暗黒面に落ちたことも、漆黒の甲冑に身を包んだことも全て、EP6でフォースが生み出した歪んだ御身が救われるため、必然に起きたのだと思います。
結果的に“救われた”ことにより“平和”が訪れたのだから。

>夜が来ないと新しい朝が来ないってことかな
うんうん、ふざけおにさん、その通りですよ! だからアナキンとルークは“2つの太陽”を見つめていたのかな~。いつか訪れる夜明けを信じて・・・。
Carolita |  2005.07.15(金) 22:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/27-a235df15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

見てきました。STAR WARS・・・多分お年寄りはトムクルの宇宙戦争とごっちゃになってると思うけど、見てきました。「STAR WARS エピソード3:シスの復讐」。もうレディースデーってこともあって、池袋のHUMAXは学生やカップルやら若者でいっぱい。セカチューを見た時と
2005/08/29(月) 14:49:07 | わにわにしちょし
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
2005/08/07(日) 11:23:08 | 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
映画「スター・ウォーズ」の全6部作の中で、あなたが一番好きな作品は?エビソード1 ファントム・メナスエビソード2 クローンの攻撃エビソード3 シスの復讐エビソード4 新たなる希望エビソード5 帝国の逆襲エビソード6 ジェダイの帰還
2005/08/02(火) 11:41:00 | シカゴ発 映画の精神医学
 先日、「スター・ウォーズエピソード? シスの復讐」を 観てきた。一応、これがシリーズ最終作ということで、少し 寂しい気分も引きずりながらの鑑賞となったのだが、なか なか楽しませてもらった。  この作品はご存じの通り、1978年に公開されたシリーズ第一作 へと至る.
2005/08/01(月) 23:25:50 | よろずおしゃべり堂
■パドメが生きる希望を失った理由■ 読者のF・Eさんから、『シスの復讐』についての質問をいただきました。「パドメがとても弱々しくなっている。母性としての役割はわかりますが、あの気丈なパドメなら、しっかりと生きて子どもを育てようと思うのではないでしょ
2005/07/24(日) 03:03:19 | シカゴ発 映画の精神医学
ついに行ってまいりました、スターウォーズ・エピソード?。このところテレビで放映されていた過去のシリーズもちゃんと復習済。実は、私は子供の頃からSFなどにはあまり興味がなかったので、スターウォーズも観たことがなかったのですが、結婚後「これはおもしろい!」とい
2005/07/18(月) 23:08:02 | のりのりマガジン
 やっと見に行ってきました。スターウォーズ・エピソード3.今回はTOHOシネマで...
2005/07/17(日) 16:39:32 | Nitty-Gritty
スター・ウォーズ・サーガ、ついに完結!今日まで待った!(先行は高いので(笑)) 公開初日、レイトで観てきた。
2005/07/16(土) 23:39:13 | CINEMA正直れびゅ
いろいろと不満はあるけれど,流石の映像美とアクションは見応え抜群。ダースベイダーの黒いコスチュームが悲しみを誘い,タトゥイーンの夕陽に涙!
2005/07/15(金) 11:58:16 | Akira's VOICE
結局、22日だと金曜日だし、学校も休みになっていて、人が多いだろうと予想し、きょう、妻と一緒に観にいった。もー、大・満・足。足掛け28年の、大アドベンチャーは、ついに完結した。エピソード3全体に流れるのは、「切なさ」。母や妻に対する愛情がだれよりも
2005/07/13(水) 17:04:50 | 代々木のパパ Blog
A Long time ago in a galaxy for,far away...遠い昔、はるか彼方の銀河系で。1978年に公開されたSTAR WARSが公開されてから四半世紀、このフレーズで始まるスターウォーズという物語はついに終焉を迎えた。6月25日、先々行公開のこの日、久々に映画...
2005/07/13(水) 01:28:08 | 日刊宇宙人 Alian is talking about the Universe.
昨日のスターウォーズEP3初日は、小学生連れも多かったです。ジェダイ聖堂で子供の累々たる遺体を見て、男の子が「ひどいよ!」と叫んでいたのが印象的です。以下、EP3のピンポイント感想、今回はパドメについてです。シスの復讐ネタバレあり。***○悲劇の純愛 EP
2005/07/12(火) 22:46:51 | ログハウス
観てきました!『スター・ウォーズ エピソード? シスの復讐』近くに映画館が無く、来るまで2時間近くかけて。そこの映画館、東北で唯一「DLP」という方式で上映しているところ。「DLP」とは、フィルムを使わずデジタルデータから直接上映する方法というので、「これは!」と
2005/07/12(火) 20:52:07 | とりつかれた男の独白
ついにこの日が来た!『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』が公開された!小学生の頃にはじめてスター・ウォーズを観て以来、待っていた日が来ました。エピソード4が28年前だから、私の人生ほぼ同じ年月。これほど長い間人々が魅了された作品はあったでしょう
2005/07/09(土) 22:04:45 | とりつかれた男の独白
先週の土曜に、先々行上映を観に行きました。普段はレイトショウ専門だけど、コレだけは特別なのだ。東宝シネマの座席券を早々から手に入れて、ホクホクしていたのだけど…旦那様は不満顔…なんと、彼が一年くらい遊んでいたネットゲームが、6月いっぱいで終了するとかで、
2005/07/09(土) 19:35:40 | 私を月まで連れてって~
そんなわけで!昨日観て来ましたよ!!EP4~6を観てる人間には主人公の結末がわかってしまっているので、ぶっちゃけ少し観るのが憂鬱だったりもしたんですが(実際終わった後滅茶苦茶哀しかったけど)、観に行って良かったと思います。内容には大満足。本当は今日こそミュージ
2005/07/04(月) 22:39:13 | うれしはずかし
ヨーダが最高に格好良かった!!starwars先々行見て来ました。これで宇宙を股に掛けた親子喧嘩の全6部作が全てつながりました。エピソード?につながる為の伏線がてんこ盛り。ネタバレになるので内容は書きませんが・・・・。8歳のときに初めて見た時からstarwarsファンの俺
2005/07/04(月) 00:46:33 | 楽しまにゃー損だぞ俺!!
悲しすぎる感動と完結。そう言わざるをえないストーリー。★★★★★28年にわたる壮大な宇宙戦争映画「スター・ウォーズ」、思えば、10歳のとき、初めてアメリカの字幕映画を見たのが、この作品だった。ことSF映画が好きになったきっかけもこの作品である。今回のエピソ
2005/07/04(月) 00:25:02 | こまろぐ
しつこくSWネタである。SWについて語る。ぼくにとって、それは非常にハードルが高い。語り好きのぼくではあるが、SWはぼくにとって重い。その歴史、圧倒的なボリューム、他の方々の分析、そして想い。いつものように勢いで書くのが拒まれる。だったら書くなよ(笑
2005/07/03(日) 21:48:13 | SPACESHIP+
『Star Wars Episode3』の先行上映をみました。
2005/07/03(日) 18:27:10 | 豚犬殿下blog
「パパパパ~ン♪」と聞き慣れた20世紀フォックスのファンファーレと共に、ルーカス・フィルムのロゴマークが現れる。そして毎度お馴染みの「A long time ago in a galaxy far,far away....」のフレーズの直後、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲が高らかに鳴り響くとワクワク
2005/07/03(日) 01:11:03 | 一年で365本ひたすら映画を観まくる日記
28年にもおよぶ伝説の最後の1本を、先行にて堪能してきました。出だしから、素晴らしい映像で、SWの世界へすっかり引き込んでくれます。そして、中盤からいよいよ佳境へと進んで行く後編は、悲しいです!!つらいです!!EP1では、あんなに可愛かったアナキンがあんな事まで
2005/07/03(日) 00:24:31 | ルナのシネマ缶
スターウォーズエピソード3の先々行上映を見てきました。22:30からだというのにかなりの混雑。終わってからもさらに次の回があるようで人ヒトひと・・・。中には、ダースベーダーのコスチュームをまとい、ライトセーバーを持っている人も。やはりスターウォーズ人気はすごい
2005/07/02(土) 09:19:04 | よしなしごと
この彼と久しぶりに家で映画を見ましたぁ(*・ω-)ノちなみにキューティブロンドの1と2ですv(o'∪^o)v彼の影響で映画をよくみるようになって、今回は麻衣子の見たいのを見ることになってキューティブロンドを見ました感想は…可愛い(*/∇\*)出てくるものがすべて可愛すぎて
2005/06/30(木) 20:59:23 | ●●I LOVE xxx●●
サニーです。こんにちは。いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。昨夜、「スターウォーズ3」を観て来ました。1日だけの 先々行上映でした。今朝のニュースでは、「スター・ウォーズ」先々行上映で過去最高興収6億円!その中の1人でした。予定より、遅い時間...
2005/06/28(火) 11:42:21 | SF映画好きのドラゴンズ応援 Mr.SunnySue
邦題:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐『クローン大戦が勃発し、アナキンとアミダラの秘密の結婚から3年後、分離主義者の勢力はますます拡大。共和国側は窮地に追いこまれていた。アナキンはシス卿のダース・ティラヌスを死闘の末に倒すが……。 』directo...
2005/06/28(火) 01:41:18 | なおのオススメ文芸。
最後を締めくくる、超感動作 “スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐”、先々行上映、行って来ました映画史を変えて来た大人気シリーズの最終作がついに公開アナキンからダース・ベイダーへと、旧3部作に繋がる全ての謎が明らかにッ ‥ココからは
2005/06/27(月) 13:12:48 | 知的好奇心のススメ
昨日、レイトショーで観てきたぞ~!先々行上映!!EPISODEシリーズ3作の中で最高じゃないでしょうか。公開前なのでネタバレはやめておきますが、「アナキン・スカイウォーカー」が「ダース・ベーダー」なったのやあの鎧(マスク)とかがわかりましたですです。
2005/06/27(月) 08:43:43 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
無料レポート「シスの復讐」の解読入門編を配布中。 ついに見てしまった。 スター・ウォーズ全6作の完結。 1978年に「スター・ウォーズ 新なる希望」を見た時は、中学1年。それから、27年もたつのか・・・。このスター・ウォーズの最終作品を見る日を、ず
2005/06/27(月) 05:47:08 | シカゴ発 映画の精神医学
------隣にいたカップルの女性の方の人がずっと泣いてたんだって?「うん、アナキンとオビ=ワンが火山と溶岩の星ムスタファーで戦うあたりからもう止まらなくなったみたい」------アメリカでの公開時から今度の『スター・ウォーズ』は“泣ける”と言われていて、どういうこ
2005/06/26(日) 23:29:15 | ラムの大通り

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。