スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

気になる新作「Bella」

2007.11.04 (Sun)

ちょっと間が空いちゃいましたねっ。 気がついたら、もう11月でした・・・(笑)
今日は、気になる 新作 をピックアップしてみました。

 Bella ( 2007年/アメリカ 10月26日より全米順次単館上映中 )
【監督】アレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ
【脚本】 アレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ
     /Monteverde Leo Severino/Patrick Million
【出演】 ソフィー・二ワイド/エドュアルド・ヴェラステグイ
     /ラモーン・ロドリゲス/タミー・ブランチャード



さて、その内容は・・・?

More・・・



物語の舞台は、様々な人種が行き交うニューヨーク。
独身の ニーナ ( タミー・ブランチャード ) は、とあるメキシカンレストランで働くウェイトレス。
ある朝、つわりで気分が悪くなった彼女は、自分が妊娠していることに気がつきます。

数日遅刻して出勤した ニーナ を待っていたのは、オーナーからのクビの勧告。
理由を説明しても聞き入れてもらえず、泣きながら店を立ち去る様子を、
厨房の窓越しに見ていた ホセ ( エドュアルド・ヴェラステグイ ) は、
思わず彼女を追いかけることに。

兄の経営するレストランでシェフとして働く、元サッカーのスター選手、 ホセ
シングルマザーの道を歩むべきか悩む、 ニーナ

同じレストランで働きながら、ろくに話したこともなかったそんな2人が、
一日を一緒に過ごすことになり・・・?




→ 『 Bella 』 オフィシャルサイト ( 英語 ) へ
→予告編に飛びたい方は、コチラをクリック!

予告編のトレーラーを見て作品に興味を引かれることって、よくありますよね。
もちろん予告が良くてもハズレることは多いですが(笑)、
この Bella は、ちょっと期待できそうな一本。

ニューヨークの今 をバッサリ切り取ったようなリアルな映像から溢れ出る、独特の空気感。
よく聴くと一曲目と二曲目のイントロに、セリフが上手くはまってるところがすごく自然で、
さらに気持ちイイ~。

たった 2分40秒のトレーラー なのにグッと引き込まれて、
つい何度もリピートして見てしまいました。

Bella は、昨年 2006年度のトロント映画祭 で、
最高賞・ピープルズチョイス大賞 に輝いた作品。
ニューヨークの片隅で出合った3人の男女が、互いに様々な過去を抱えて迷い悩み、
そっと寄り添いながら、人生を変えるきっかけを見い出してゆくラブ・ストーリー。




トロント映画祭は他と違って賞を競う映画祭ではないため、
ピープルズチョイス大賞は、観客の投票 によって選ばれます。
過去の受賞作には、アメリカン・ビューティー 』 、『 ライフ・イズ・ビューティフル
ツォツィ 』、『 ホテル ルワンダ 』、『 アメリ 』、『 座頭市(Zatoichi) 』、『 シャイン
など、
アカデミー外国語映画賞 を受賞している名作も多いのですが、
本作はどういうわけか一年も寝かされて、やっと先週から全米で公開されました。

公開が遅れたのは、監督も新人でキャストもほとんど無名で話題性に乏しかったから?
ニーナ役の タミー・ブランチャード って、ちょっとノラ・ジョーンズに似てるかもっ。
それでも全米 165館 でしか上映されていないにもかかわらず
( 1位の「 ソウ4/Saw IV 」 は、3,183館 で公開中)、
第一週目の全米興行収入ランキングでは、なんと 17位 で初登場。
現地ユーザーレビューでも評判が良く、口コミでまだまだ健闘しそうな勢いです。

監督の アレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ 氏は、メキシコ系アメリカ人で、
これが初の長編作品。 昨年の授賞式では、
「 僕にとっては初めての映画祭で、初めての映画。
 実はこれは全部夢で、翌朝、映画学校で目を覚ました!なんてことが
 ないことを願います 」 と語っていたそう。(写真は右側のマフラーの方が監督)




商業的な評価よりも 「 映画ファン 」 が本当に面白いと感じて投票した作品 ですし、
だいたい毎年ピープルズチョイス大賞受賞作には外れがありませんから、
今回もやっぱり期待は高まります。

そして、もうひとつ気になったのは、その 音楽 ですね。
トレーラー後半に使われた楽曲は、ちょっとフォーキーで70年代っぽいし、
オフィシャルサイトを開くと流れるスコアも、アコースティックギターがすごく心地いい。
選曲も良さそうなので、サントラ が発売されたらぜひ欲しいものです。

日本での公開は今のところ未定ですが、これからぜひ注目しておきたい一本です。




banner_02.gif

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

17:49  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

Carolitaさんの映画ブログの良いところは、誰もが取り上げる話題作だけではなく、日本で上映されるかどうかも定かではないけれど、絶対面白いであろう映画を取り上げてくださるところ。

さっそくトレーラー観てみました。1カットが短い短い。米国のニュース映像以上に短いですね。しかし、これがニューヨークのテンポなんだろうし、リアル感がありますね。ある街の、男と女の物語は星の数ほどありますが、ピープルズチョイス大賞に選ばれたということは、観ている間、あるいは観た後に、人の心に訴えかける、人の心に残る何かがあるのでしょうね。
オルサ |  2007.11.04(日) 22:27 | URL |  【編集】

★オルサさん、ありがとう~。なんとうれしいお言葉をかけてくださるのでしょう!
そのように少しでも楽しみにしてくださることが、わたしにとって一番励みに
なることなのですよ。

予告だけで皆さんを期待させすぎてもいけないんですけどねっ。
気になるものを見つけたら、ついつい書かずにはいられなくって。
せっせとブログで取り上げて人の目に触れる機会が増えれば、
どこかの配給会社さんが買って日本で見せてくれるんじゃ
ないかなぁ~と密かな野望を抱いているわけですっ(笑)

おおっご覧になりましたか? そうそう、1カットが短い短いっ。
映像を加工していない街のライブ感にとても惹かれました。
日本で見られるチャンスは、あちらでの興行成績次第かもしれませんねっ。
Carolita |  2007.11.05(月) 22:56 | URL |  【編集】

衣装がステキ

Caroli-taさん、こんにちは。
素敵な作品を紹介してくださって、ありがとうございます♪
名前からして、主演の二人はヒスパニック系移民という設定なんでしょうね。
純粋な恋愛ものは見ないことも多いですが、この設定は個人的にはツボ
なので、日本公開になったら劇場で見ちゃいそうです!
ヒロイン役の女性が、フリーだ・カーロばりの民族衣装ちっくな服を着ている
のにも惹かれます。かわいい~♪

お風邪をめされているようですね。
私もようやく治ってきました…季節の移り目の風邪は、ホントやっかいですね。
早くお元気になってくださいね!
Nyaggy |  2007.11.12(月) 13:01 | URL |  【編集】

★Nyaggy さん、お返事遅れてしまってごめんなさいっ。
優しいお言葉をありがとうございますっ♪
まぁ!Nyaggy さんもお風邪だったのですねっ!その後いかがですか? 
わたしは治ったかと思えば、咳が出て、なかなかしぶとく困ってますっ。
こんなこと、なかったのになぁ~。やっぱり歳のせいかしら(笑)

この衣装に映像に設定。きっと気に入ってくださると思ってました!
予告を見た限りですが、そうそう、フリーダ・カーロっぽいあの衣装。
シンプルな話かもしれないけど、ぜひ劇場で見たいですね!

Nyaggy さんもご無理なさいませんようにっ。お互い気をつけましょうね。
Carolita |  2007.11.15(木) 21:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/291-688b88a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。