スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「映画バトン」と「Musical Baton」

2005.07.12 (Tue)

ここ一ヶ月ばかりは何を書いてもオチは「スター・ウォーズ」 (笑)
しかも本公開初日にも、とうとう2度目の映画館へ出かけてしまいました。 ( 凝り性でスミマセンね )

2回観てやっと気持ちもおさまってきましたので、
この辺で、以前バトンをお預かりしていた「Musical Baton」「映画バトン」
ピックアップしてみたいと思います!
「Musical Baton」のバトンを渡して下さったのは、
「きょういく?どこいく?」のわささん
「C L O C K S」のりくさん
「無責任 Memo 」のSavaBigiさん

「映画バトン」のバトンを渡して下さったのは、
「愛すべき映画たち」micchiiさん

皆さん、長らくもったいぶってお待たせしてごめんなさい!
しょぼいかもしれませんが、さっそくいってみましょうっ・・・。

More・・・

まずは、「Musical Baton」から。
(詳細は写真をクリックしてみて下さい)
Q1.「今コンピューターに入ってる音楽ファイルの容量は?」
~えっ?我が家のCD部屋の棚からジャケ写を眺めながら探し出して聴くのが好きなので、
入れてないんですよ~。

Q2.「今、聴いてる曲」
久保田麻琴プロデュース BlueAsia「HOTEL IBAH」
20050626221849.jpg

部屋に居ながらアジアン・リゾート気分を満喫できるインストもの。
ココナッツのお香を炊きながら聴いてます。

Q3.「よく聴く、または特別な思い入れのある5曲」

①Bob James「Playin' Hooky」の「Playing With Fire」
20050626213056s.jpg

キーボード・プレーヤーでプロデューサー、そして「fourplay」のメンバー。
スムースジャズ・シーンでは言わずと知れた第一人者のボブ・ジェームス
リラックスしたい時は、必ず彼のピアノが聞きたくなります。
瞬時に部屋の空気が変わってしまうような気がして・・・。
これぞ大人のための音楽ですね。

②「You Are」/ Lionel Richie


昔、福岡にはFMが一局しかありませんでした。
新聞のタイムテーブルに赤線を引いてはエア・チェックしていた頃に出会った曲。
クリストファー・クロスと共に、私がAORに目覚めたのはこの頃かな。
③「Just The Way You Are」/ Billy Joel

学生時代は映画を観るかラジオを聴くかの毎日でした。
中学生の頃、AMに「パオーン」という番組があって、
リスナーから寄せられた恋のお悩み相談コーナーのBGMがこの曲でした。
「ありのままの、素顔の君が好きなんだ」
その歌詞に思春期の乙女心をくすぐられたのよねぇ・・・。

④「Everything,I do it for you」/ Bryan Adams


映画館で「ロビン・フッド」を観た時、エンドロールに流れたこの曲のイントロの美しさに絶句。
その後、あまりの評判の良さに急遽シングルとしてリリースされたのを、
近所のレコード屋めぐりの末、探し続けてやっと手に入れたCDシングル。
⑤「真夏の果実」/ Southern All Stars 20050626220558s.jpg

高校一年生の時、文化祭で好きな人がバンドで「忘れじのレイドバック」を歌ってた。
それからサザンは私の青春そのもの。
「真夏の果実」を始めて聴いたのは、なぜか呉服町のローソンでした?
今でもライブで聴くと泣きそうになるくらい好き!

Q4.「最後に買ったCD」

THE BENOIT~FREEMAN PROJECT 2/David Benoit and Russ Freeman
10年ぶりに再結成されたギターーとピアノのスムーズ・ジャズ・ユニット。
またベノワ&フリーマンが聴けるなんて思いませんでした!
去年のリリースものですが、これまた即買いです。

Q5.「バトンを渡したい5人」
すでにもうたくさんの方にバトンが行き渡っているようなので、
次の方が思いつきませんでした。ゴメンなさい!

続いて「映画バトン」!
(詳細は写真をクリックしてみて下さい)
Q1.過去一年間で一番笑った映画:「スクール・オブ・ロック」


大人気ないジャック・ブラックが最高!
次回作「キング・コング」でもそのノリをぜひ発揮して欲しいものです。

Q2.過去一年間で一番泣いた映画:「ミリオンダラー・ベイビー」

Q3.心の中の5つの映画:

5つしか選べないなんて難しすぎます・・・!
だって、順位つけたことないんですもんっ。
“心の中”と聞いて“ラブ・ストーリー”をイメージしてしまったので、
それを中心に選んでみました。

①「哀愁」


洋画好きのが教えてくれた映画。
初めて観たのは何曜日かの「洋画劇場」で、確か淀川長治さんが案内人でした。
スカーレット・オハラではないビビアン・リーの魅力を再発見。
主人公の純粋さに、ただ涙、涙、涙・・・。
これはマイ・ビデオの写真です。

②「卒業」


全ては「ラストシーン」の衝撃に。
まさに「映画のような恋」の代名詞。私には永遠の憧れですね。

③「恋のためらい フランキー&ジョニー」

コーヒーの香り。焼きたてのパンケーキ。毎朝同じ席に座るお客。
ありふれた街角のダイナーの風景がどこまでも愛おしい一本。
出演はアル・パチーノミシェル・ファイファー
大人のラブ・ストーリーといえば、私の中ではコレがダントツ一番。

④「ライフ・イズ・ビューティフル」


私には「愛する人のために自分だけができること」を教えてくれた映画。
こんな映画を撮ったロベルト・ベニーニは天才だと思う。

⑤「幸福の黄色いハンカチ」


この頃の日本映画のギラギラした“人間臭さ”が良かった!
スクリーンに向かって「お願い!黄色いハンカチ結んでありますように・・・」
何度片目を開けて祈ったことか・・・(笑)
私の中での日本映画No.1のラブ・ストーリー。

最後に、もう一本挙げてもいいですかっ?人生の節目といえば「TITANIC」。


ダンナさまと初めて観た映画なので。
ディカプリオが板切れ一枚にしがみついているのを見て、
ダンナさまと結婚しようと決めたから。

Q4.見たい映画:

山ほどあり過ぎて・・・(笑)
これから少しづつ、昔見て夢中になった映画を今もう一度見直したいですね。
年をとった自分がどう感じるか、とても楽しみです。

Q5.バトンを渡す5人
これも迷ったのですが・・・。
う~ん、「我こそはっ」とバトン受け取って下さる方いらっしゃいましたら、
こっそりお声かけて下さいまし。お待ちしています!

こうして改めて整理していくと、自分の中では外せない映画が山ほどある事に気がつかされました。
これからもそんな映画たちをチビチビ小出しに(?)書いていきたいと思います。
よろしかったら、またお立ち寄りくださいませ。

もちろん「スター・ウォーズ」もねっ♪ 
( 「 アンタも好きねぇ~ 」 by カトちゃんペッ?)

♪ この中に聞いてみたい音楽、見てみたい映画がありましたか?
    ↓

banner_02.gif
00:59  |  私について  |  Trackback(3)  |  Comment(7)

Comment

いろんなバトンがあるんですねw

いつできるかわかんないけど映画バトン受け取ってもよいですか??
わさ |  2005.07.12(火) 22:59 | URL |  【編集】

ほ~、なるほどね~。タイタニックが人生の節目だったんだぁ~。
私がだんなさんと初めて一緒にみたのは、アポロ13だったな、そういえば。
哀愁、ライフイズビューティフル・・・どっちも好きだなぁ。
ライフイズビューティフルは、ラストシーン、ムチャクチャ泣いたよ。
幸福の黄色いハンカチもいいよね~。
「真夏の果実」は私にとっても思い出深い一曲です。今聴いても胸にキュンと
くる。ちなみに夫にとっても思い出の一曲らしい・・・なんの思い出かは
お互いに追究せず(爆)
のりのり |  2005.07.12(火) 23:56 | URL |  【編集】

こんにちは

映画バトン受け取っていただいてありがとうございます!
おっしゃるように、こういうことでもないと、改めて振り返る機会もないですよね、自分にとってもいい機会になりました。
『哀愁』のヴィヴィアン・リーはよかったですよね~。「蛍の光」のシーン、たまりません(泣)
『ライフ・イズ・ビューティフル』もよかったですよね。これまた泣きました・・・。
『タイタニック』を観て結婚を決めたなんてかっこよすぎます!(笑)
『カイロの紫のバラ』はほんとにお薦めです!
これより凄い名作・傑作はいくらでもあるでしょうが、これほど映画への愛に溢れた映画を他に知りません。
micchii |  2005.07.13(水) 13:04 | URL |  【編集】

こんばんわ!

Musical Batonを受け取っていただいて、ありがとうございました!
Billy Joelは私も大好きです。
最近(でもないですが)"Piano Man"がまた注目されて嬉しいです。
「映画バトン」なんていうのもあるんですねぇ。
そしてステキな名作がずらずら…
「タイタニック」が人生の節目だなんて…ロマンチック!!キャー!

いつになるかわかりませんが、「映画バトン」受け取らせてもらってもいいでしょうか?
りく |  2005.07.14(木) 01:46 | URL |  【編集】

お返事遅くなってごめんなさい

★わささん、もちろんいいですよ!ありがとう!
お時間に余裕がある時に映画バトン、宜しくお願いしますね!
じっくり楽しんで選んでくださいね♪

★のりのりさん、初耳だった??実はそんなエピソードがね、あったのですよん「タイタニック」(笑)
そちらは「アポロ13」ですか!デートの定番と言えば、やっぱり映画ですよね~っ。
サザンは今年ライブがありますよ!
ちなみに、ファンクラブでチケットはゲット済みっ。楽しみだなぁ~♪


★micchiiさん、いらっしゃいませ。
「タイタニック」でしょ?いやぁ、お恥ずかしいのですがバラしちゃいました(笑)
「哀愁」。そうそう、“蛍の光”が流れてロウソクが一本づつ消えて・・・。
ロマンチックなシーンでしたよねぇ~。忘れられません。
「カイロの紫のバラ」は週末の連休に探してみますね!早く観たいです。
作り手の“愛”を感じる映画、最近では少なくなったかもしれませんよね。
私も一本でも多くそんな映画に出会いたいなっ。


★りくさん、こちらこそぜひぜひバトンお願いしますね!
映画好きの方に受け取って頂けてうれしいです。
うふふっ「タイタニック」、かなりベタでしょ(笑)?自分でバラしたくせに、
5本の中で一番反応があったので、今さらながら照れてます。きゃーっ!
お時間のある時でいいですからね。

これで「映画バトン」お二人決まりっ! あと3人だぁっ。
Carolita |  2005.07.14(木) 22:05 | URL |  【編集】

さっそく…

「いつになるかわからない」と言っておきながら、
さっそくやってしまいました!
のでTBさせていただきました♪
ちょっとジャンルが狭くなってしまったんですが、
一生懸命(?)選びました!
りく |  2005.07.15(金) 19:54 | URL |  【編集】

はっ早い!!

★りくさんったら、なんて素晴らしい行動力!私も見習わなくちゃ(笑)
記事にもリンクさせて頂きますね。
後ほどゆっくりおじゃましまーす♪
Carolita |  2005.07.15(金) 22:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/32-da84df8a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

を!Caroli-ta CafeのCarolitaさんから受け取らせていただきました♪こんなバトンもあるんですねえ。ほかにもいろんなバトンが炎のリレーを繰り広げてるらしいですよ。さて、それではさっそく。いってみましょー(*`∀´)ノ 1...過去一年間で一番笑った映画ロミオ&ジュ
2005/07/15(金) 19:50:31 | C L O C K S :
お気に入りの映画ブログみつけてくださいこのブログは、映画のことを書いているブログから記事をRSSで収集して作成しています。ブログの更新をチェックしてお気に入りみつけてね映画のブログを作っている方、このブログにあなたのブログを追加しませんか?リストに追加希望の
2005/07/14(木) 13:06:24 | ブログ更新ステーション(映画)
相互リンクしていただいている「Movies!!」のhi-chan様から映画バトンをいただきました!では早速いってみましょう。Q1.過去一年間で一番笑った映画:『我輩はカモである』(レオ・マッケリー)抱腹絶倒とはこのこと。何度観たかわからない鏡のギャグを、70年も前にすで
2005/07/13(水) 12:21:23 | 愛すべき映画たち

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。