スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

注目の一本!「Slumdog Millionaire」

2008.11.16 (Sun)

だいぶ寒くなってきましたね。 
さて、今日は、これから絶対押さえておきたい話題の新作をピックアップしてみました。


みりお1 SLUMDOG MILLIONAIRE ( スラムドック・ミリオネア )
(2008年/イギリス・アメリカ 11月12日より全米単館順次公開中)

【監督】 ダニー・ボイル
【原作】 ヴィカス・スワラップ
【脚本】 サイモン・ビューフォイ
【撮影】 アンソニー・ドッド・マントル
【音楽】 A・R・ラフマーン
【出演】 デヴ・パテル/マドゥール・ミタル/フリーダ・ピント
     /アニル・カプール/イルファン・カーン



今年2008年のトロント映画祭で、
観客賞 ( ピープルズ・チョイス・アウォード ) に輝いた本作。
つい先日、アメリカで本格的な公開がはじまるやいなや、
巷の話題を席巻している一本です。
さて、それは・・・?

More・・・

ひとりの少年が、ある日警察に逮捕された。
彼の名は、 ジャマル。 インド・ムンバイのスラムで生まれ育ったストリート・チルドレンだ。

その容疑は、「 クイズ $ ミリオネア 」 で全問正解し、史上最高の賞金を勝ち取ったことが、
インチキ だったという、疑いで。

警察さえも信じてくれない、貧しい少年が起こした信じられない 奇跡 の真実とは・・・?

すらむどっく


→ 『 SLUMDOG MILLIONAIRE 』 公式HP&予告編へ(予告編は左上のVIDEOをクリック)


毎年発表が楽しみな、ピープルズ・チョイス・アウォード。
過去の受賞作を振り返ってみても、
『 炎のランナー 』、 『 フィッシャーキング 』 、 『 シャイン 』 、 『 ライフ・イズ・ビューティフル 』 、
『 アメリカン・ビューティー 』 、 『 グリーン・デスティニー 』 、 『 アメリ 』 、 『 座頭市 』 、
『 ホテルルワンダ 』 、 『 ツォツィ 』
・・・など、
ほとんど外れがないだけに、今回も期待が高まります。


そこで、今年はどんな映画かな~と思っていたら、
原作は、だいぶ前に本屋で目にして読みたいなぁ~と気になりつつ
そのままになっていた、ヴィカス・スワラップ
ぼくと1ルピーの神様 ではありませんか!

ああ、どうしよう~映画になっちゃった。 
読んでから見るべきか、見てから読むべきか・・・?(笑)






そして、監督は、トレインスポッティング 』 『 普通じゃない 』 『 ザ・ビーチ 』 『 28日後・・・ の、
ダニー・ボイル 。

『普通じゃない』と『ザ・ビーチ』は観ましたが、疾走感があってシュールさが特徴の監督さんですよね?
実はあんなに当時ブームとなった監督の代表作 『トレインスポッティング』を見ていないので
コメントはこれくらいにしておきますっ。


さらに、注目したのは、A・R・ラフマーン が音楽を担当していること 。
ムトゥ 踊るマハラジャ のサントラをはじめ、インドを代表する大作曲家として有名な方ですが、
10年ほど前に、サントラ以外の彼のヴォーカル楽曲を集めたCDが発売され、
ハマッてよく聴いていました。 それがこのアルバム、


Vande Mataram
1. Maa Tujhe Salaam
2. Revival (Vande Mataram)
3. Gurus of Peace
4. Masoom
5. Tauba Tauba
6. Only You
7. Missing (Vande Mataram)
8. Thai Mannai Vanakkam (Tamil)
9. Musafir



アルバムの印象を一言で言えば、インドのディープ・フォレスト、またはエニグマといったところ。

これはインド独立50周年を記念して制作されたアルバムで、
オープニングを飾る Maa Tujhe Salaam ( =Vande Mataram ) とは
「 母なる大地に捧ぐ 」 という、インドの愛国歌のこと。

宗教色の濃かったその歌を、宗教も民族も超えた壮大で力強い現代的なアレンジによって
よみがえらせた楽曲は、1曲目から思わず身震いするほど魂に訴えかけてくる感じがしたものです。
ボリウッド映画音楽のイメージを払拭させるほど、存在感漂う一枚。
興味がある方はぜひ一度お聴きになってみてください!

→ YouTubeにて 「 Maa Tujhe Salaam 」 を視聴 できます。ココをクリック!

さて、予告編に使われている音楽を聴いただけでも、インドの古典的なものからキャッチーなポップス、
そしてアンビエントなスコアまで、無国籍で幅広い A.R.ラフマーン の世界を感じられて
ワクワクしちゃいました。

日本公開は、来年2009年の予定 だそうですが、詳細は未定のようです。

年が明ければ賞レースもいよいよ本格化しますね。
本年度、台風の目になりそうなこの SLUMDOG MILLIONAIRE (スラムドック・ミリオネア)
ぜひ注目しておいてはいかがでしょうか?

 
banner_02.gif





テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

15:24  |  世界の映画賞ニュース  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

こんにちは!

お久しぶりです♪
ダニー・ボイルは結構好きなんです。
お話のあらすじは普通にいい話っぽいですが、これを彼がどう味付けするのか
興味あります~。そうそう!彼の映画はいつも音楽もステキ。
『トレインスポッティング』もなかなか面白いですが、個人的には
『普通じゃない』がかわいくって、一番のお気に入りです。
これは、公開されたら是非見たいですね。
これからの賞レースも楽しみ♪
Nyaggy |  2008.11.26(水) 12:45 | URL |  【編集】

★Nyaggy さん、こんばんは! 
お返事すっかり遅くなってしまってごめんなさいっ。

ダニー・ボイル、お好きでしたか! なるほど他の作品も音楽がステキなんですね~。
『トレインスポッティング』はポスターをいたるところで見過ぎた為に
お腹いっぱいになっちゃて、結局本編は見逃したままなんですよ(笑)
ホント『普通じゃない』はキャメロンがキュートでしたよね!

この作品、予告で結構グッときちゃいました。
舞台のムンバイ、最近はテロで有名になってしまいましたが、
Nyaggyさんのおっしゃるとおり、インドの若者をこの監督がどんな風に描くのか、
楽しみですよね~。う~ん、できればアカデミー発表前に見たいです♪
Carolita |  2008.11.30(日) 20:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/324-1067b3c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。