スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

シンデレラとグリム兄弟

2005.08.25 (Thu)

夢見る乙女(?)をとんでもなく過ぎても、どうもこの手の映画には弱いんだなぁ。
そうそう、誰もが知っているグリム童話「シンデレラ」 を映画化した、
ドリュー・バリモアエヴァー・アフター
数回観ているけれど、CSで放送されていたのをまた観てしまった。


グリム童話を題材にした映画では、6,7年前のちょうど同じ頃に公開された
『 スノーホワイト 』(白雪姫) もあったけれど、そちらは初版に忠実に描かれていたから、
メルヘンというより、かなりショッキングな内容だった。

同様に、シンデレラ=灰かぶり姫 も、本当はちょっと恐いお話。
でも、『 エバー・アフター 』 で描かれているのは、グリム童話とも、
昔、絵本で読んだような、いじめられて泣いてばかりいるシンデレラともちょっと違うのよね。

それは・・・?

More・・・

時は、19世紀のフランス。
とある宮殿に招かれたグリム童話の作者、グリム兄弟
そこで二人を待っていた老貴婦人は、“灰かぶり姫”「 本当の物語 」 について語り始める。
ストーリー・テラーの老婦人に扮するのは、「死刑台のエレベーター」 など数々の名作を残し、
未だ現役のフランス映画界重鎮、ジャンヌ・モロー
前触れもなく、いきなりオープニングに登場するあたりは 「おおっ!」 と度肝を抜かれ、
そのまま呪文をかけられたかのように、一気に物語へ誘い込まれてしまう。


それから舞台は、さかのぼって16世紀へ。
シンデレラことダニエル( ドリュー・バリモア ) が暮らすお城へ、
意地悪な継母義理の姉妹がやって来た!
父親の死後、継母はダニエルに下働きをさせ、辛くあたる。
そんなある日、お城から王子様のお妃選びの舞踏会の招待状が届いて・・・と、
ここまでは絵本通り。


では何が違うかというと、シンデレラのキャラクターの描き方だ。
エバー・アフター ではダニエルを、“おてんばで芯の強い賢い女性” として描いている。
いつも恥ずかしそうに、でもちょっと困ったように王子を見上げる瞳。
笑ったり悲しんだり、時には怒りを爆発させてみたり。
絵に描いたような美人ではないけれど、ドリュー・バリモアの表情は内面の輝きに溢れ、
とても初々しくて魅力的だった。



そしてダニエルは、どんなにいじめられても決してめげない。
“魔法使い”“かぼちゃの馬車” もないけれど、
その賢さと、その思いやりと、その行動力と、そのガッツで、最後には幸せを勝ち取るのだ!

また、ヘンリー王子 ( ダグレー・スコット ) も、
完璧な王子様キャラでないところに、逆に好感が持てる。



人の言うことを鵜呑みにし、世間知らずで、少しワガママ。
しかし、ダニエルという一人の女性との出会いで人間的に成長し、
一人の男として彼女を愛するようになる。

おまけに、あのレオナルド・ダ・ヴィンチ“恋のキューピット役” として登場させるあたりも
映画ならではの夢の競演!


本物のダ・ヴィンチにも、晩年をフランソワ一世の招きを受けてフランスで過ごした、
という史実がある。それも、あの 「モナリザ」 を手元に置いて。
もし本当に、シンデレラに実在の “モデル” がいたとしたら、
「もしかすると、一度くらいダ・ヴィンチとニアミスしていたかも?」 なんて
想像するのも楽しい!

エバー・アフター( 1998年/アメリカ )
【監督】 アンディ・テナント
【出演】 ドリュー・バリモア/ アンジェリカ・ヒューストン
     /ダグレー・スコット/ジャンヌ・モロー





エバー・アフター は、
ちょっと怖いグリム童話でも、絵本の中のロマンティックなだけのおとぎ話でもない。
ダニエルヘンリー王子
二人のロマンスは、すれ違ったり、迷ったり、悩んだりの連続で、
今の私達と何ら変わりない、等身大のラブストーリー




シンデレラと王子様が 「もしも実在の人物だったとしたら・・・?」 なんていう
ロマンたっぷりの設定で、
老いも若きも全ての女性達が憧れる、これぞ究極のハッピーエンド!
スクリーンいっぱいに見せてくれる。
夢見る乙女心は、いくつになっても現役なのだ!



さて、ここでグリム童話つながりの新作の話題をひとつ。
『エバー・アフター』にも登場した作者のグリム兄弟が主役のハリウッド映画が
明日8月26日からアメリカで公開される。
タイトルは、『 ブラザーズ・グリム/原題:THE BROTHERS GRIMM 』
グリム兄弟には、マット・デイモンヒース・レジャー
それに、ジョナサン・プライスモニカ・ベルッチ が美しくも悪い魔女役で登場!


あらすじは、村々を旅するグリム兄弟が、そこで次から次へと出会う“魔物”を退治するという
展開で、アクション満載のファンタジー・アドベンチャーなんですって。
監督は、“モンティ・パイソン”シリーズのアニメーターで、
「未来世紀ブラジル」「ラスベガスをやっつけろ」テリー・ギリアムと聞けば
映像もかなり期待できそう!

詳しくは、The Brothers Grimm official site をクリック!

お姫様の後にはチャリ・エンの女探偵を演じるドリュー・バリモアに、
普段は頼りなげなキャラが多いのに、「ボーン・アイデンティティー」シリーズでは、
超クールでスキのない完璧な諜報員になりきってしまうマット・デイモン
いやいや、ホントにハリウッド・スターは変幻自在!

さてさて今回は、どんなグリム兄弟を見せてくれるのやら・・・?
ちなみに、日本公開予定は今秋だそう。楽しみです!

♪ 『 ブラザーズ・グリム 』 見たいですか?
    ↓

banner_02.gif

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル : 映画

21:40  |  アメリカ映画  |  Trackback(1)  |  Comment(6)

Comment

ひさしぶりですw

エバーアフターって初めて聞いたんですけど、かなり興味沸いてきました(*゚∀゚*)今度借りて見ますっ!!
ブラザーズ・グリムは昨日映画館でチラシもらって初めて知ったんですけど、出演者がマットデイモンとかヒースレジャーとかモニカベルッチとか...楽しみなんですよね~vv
わさ |  2005.08.26(金) 09:25 | URL |  【編集】

お久しぶりっ!

★あっ、わささんだ、いらっしゃいっ!遊びに来てくださってありがとうっ。
「エバー・アフター」は、女の子の夢がいっぱい詰まってて、楽しい映画ですよっ。
わささんは、きっと好きだと思うな~♪
まぁ、ブラザー・グリムのチラシ、もう映画館に置いてあったんですね。
私もすごーく楽しみっ!にしてます。
特にモニカ・ベルッチの魔女だなんて、ハマリ役だと思いませんか?
美しい女優さんは、悪女を演じるともっと輝いて見えるから不思議ですね!
わささんの感想も、また聞きたいな~っ♪
Carolita |  2005.08.26(金) 21:07 | URL |  【編集】

業務連絡?

お試ししていた、Fc2のブログはやーめたっ!早っ!
あちゃこちゃできないことがわかったの・・・(涙)

ブラザーグリムって面白そうだけど、マットなのね!
わたくしたち、ジミィーちゃんと呼ばせていただいています。
(ファンの方ごめんなさい!殴っていいです。←ボカッ)
気を取り直してみればOKだわ!モニカ・ベルッチの魔女怖そうねぇ。
べぶ |  2005.08.27(土) 16:40 | URL |  【編集】

了解!

★べぶさん、早っ!確かに報告承りましたっ。
うんうん、FC2は初心者向けなのかもねっ。でも、どこに変装?して出没しても、
私、また引き寄せられるように知らずに遊びに行ってるかもですよ~っ。
ワハハ~、それもコワいでしょ~??

ジミィーちゃん?実は私もちょっと思ってたっ!(笑)
それが、「ボーン・・・」の時はメチャクールでカッコよくて、ハート奪われました。
あんなスパイに守られてみたい・・・なんつってっ。
モニカの悪い魔女にはかなり期待大です!
Carolita |  2005.08.28(日) 01:39 | URL |  【編集】

こんにちは~。
突然ですがバトンが回ってきたのでもし
よろしければ回答お願いしま~す。
映画ネタではないので興味があったらで良いので(^^ゞ
菜々 |  2005.08.28(日) 01:42 | URL |  【編集】

菜々さんこんばんはっ。

★「Love バトン」?って、スゴイこと考える方がいらっしゃるんですね~!
これ、初めて聞きましたよ。質問は結構面白いですね。
で、考えたのですが、わたくし、妻帯者・・・いやいや夫帯者なもので、
お答えすると、家族会議に発展しそうなので(笑)、今回は遠慮させて頂いても
よろしいですか?
独身だったら、参加したかったわぁっ。
皆さんの回答を楽しませていただきますね。
菜々さん、私を思い出して下さってうれしいです、ありがとうっ♪
これからも、ヨロシクです。
Carolita |  2005.08.29(月) 22:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/43-24995779

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

今日は音大生のまこっちゃん(魔法のランプ)から回ってきた「ラブバトン」にお答えしますね。
2005/08/28(日) 02:07:10 | 恋愛できない女達

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。