スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

夏の終りに観たい映画

2005.08.28 (Sun)

「Love ~, Is a Many Splendored Thing ・・・♪ ( 恋ははかなく、恋はすばらしきもの ) 」
名作には、必ずその映像と共に蘇る “名曲” がある。

ジェニファー・ジョーンズの、あの美しいチャイナ・ドレス姿に、二人の想い出の丘・・・。
朝晩が少しだけ涼しく感じる残暑の頃に観たくなるのが、大好きなこの映画 慕情


1949年英国領・香港を舞台に、
イギリス人の父をもつ中国人女医のハン・スーイン ( ジェニファー・ジョーンズ ) と、
アメリカ人従軍記者のマーク・エリオット ( ウィリアム・ホールデン ) との悲恋を描いた物語だ。

サミー・フェイン作曲、ポール・フランシス・ウェブスター作詞の主題歌
「Love Is a Many Splendored Thing」は、アカデミー歌曲賞に輝き、
同年、そのヴォーカルをとったフォー・エイセスのグループ・コーラスは、
全米チャートで、1ヶ月以上もナンバーワンに輝く大ヒットとなった。

その頃、もちろん私は生まれていないんだけれど、日本でも、とても有名な歌手が
この曲を歌ったそうだ。 その人とは・・・?

More・・・

そう、あの美空ひばり


「LOVE! MISORA HIBARI
       JAZZ & STANDARD COMPLETE COLLECTION 1955-66」/ 美空ひばり


私は、彼女が歌うジャズ・ナンバーが好き。
上手くは言えないけど、ひばりさんの歌声には誰とも違う独特の世界があって、
思わず引き込まれてしまう。
私の父は 「 美空ひばりほど歌の上手い歌手はいない 」 とよく言っていた。

このアルバムは、17回忌を迎えた今年7月にリリースされた企画盤で、
彼女が歌ったジャズやスタンダードの名曲の中から、
1955~56年にかけて発表された楽曲だけを集めた2枚組CDアルバム。
「Love Is a Many Splendored Thing(慕情)」は、この中に収録されている。
きっと 名曲 と言われるものは、誰が歌ったとしても、私達の心に語りかけてくるんだと思う。
そして、その曲を聴くたびに、また映画のワンシーンが蘇ってくる。

『 慕情 』 ( 原題:LOVE IS A MANY-SPLENDORED THING ) ( 1955年/アメリカ )

【監督】 ヘンリー・キング 
【原作】 ハン・スーイン
【音楽】 アルフレッド・ニューマン
【作詞】 ポール・フランシス・ウェブスター 
【作曲】 サミー・フェイン 
【出演】 ジェニファー・ジョーンズ/ウィリアム・ホールデン
     /イソベル・エルソム/ジョリア・カートライト/トリン・サッチャー


未亡人の混血中国人女医、ハン・スーイン ( ジェニファー・ジョーンズ ) と、
アメリカ人従軍記者のマーク・エリオット ( ウィリアム・ホールデン )

医者としての志と優しさを持ち、中国人として清く誇り高いスーインに、
妻がいながらも強く惹かれてしまうエリオット
そして、スーインもまた、妻がいることを知り、距離をおこうとしながらも、
エリオットの人間的な強さと優しさに触れ、彼を愛してしまう。


露店が並び、人で賑わう香港の町を歩き、水上船に乗り、飲茶を楽しむ二人。
香港からマカオまで、アジアのエキゾチックな雰囲気の中で交わされるウイットに富んだ会話は、
50年経った今でも、なんてオシャレで新鮮なんだろう!



そして、とても印象的だったのは、海水浴のシーンだ。
熱いキスや抱擁を交わすわけでもない。ただ、タバコの火をつけあうだけ。



恋人同士と言うよりは、国籍を超えた人間同士が互いの存在を認め合い、
まるで、これから待ち受ける人生の荒波に立ち向かう意志を固めた “同士” のようだった。
イギリス人と中国人。そして香港で出会った二人。
そんな特殊な時代背景ならではとも言える、並みのロマンスにはない、粋なシーンだ。

そして二人は、香港の湾が一望できる、あのの上の木の下で愛を誓い合い、
様々な障害に立ち向かっていく。 国籍、中傷、偏見、伝統、戦争・・・。
流れるテーマ「Love Is a Many Splendored Thing」は、まるで二人の悲恋の序曲のように、
観客の胸をしめつける。
「ああ、なんて恋ははかなく、なんて恋は素晴らしいのだろう」と・・・。


さて、この映画は、1952年に出版されて大ベストセラーとなった、
女医、ハン・スーインの自伝的小説がベースとなっている。
原作では、悲恋物語よりも、大戦後に共産主義へと突き進む中国と香港で、
自己のアイデンティティーを探し続けた一人の中国人女性の生き方が描かれていた
そうだが、映画のセリフの中にも原作の香りを感じることができる。

「ヨーロッパ人とアジア人、そのどちらにもいい所があるの。
私がその答えになれたらいいと思ってる」


これは、スーインのセリフ。
自分の中に流れる二つの血に揺れ動く心情を、その繊細な表現力で見事なまでに演じきった
ジェニファー・ジョーンズ

そして、当時ナンバーワンのドル箱スターで、50年代ハリウッドを代表する二枚目スター、
ウィリアム・ホールデンが見せた男の“優しさ”。
映画 『 慕情 』 は、そんな実力派オスカー俳優二人の共演を堪能できる、
贅沢で、とびきりエキゾティックな旅情漂う一本!


「ーああ、恋は、はかなくも素晴らしきもの。それは早春に咲きいずる4月のバラ。
 恋は人を王者とする黄金の冠、風吹く丘の上、朝霧の中に口づけを交わせば、
 この世も止まり、物言わぬ私の心も君の指がふれる時、歌うことを知る。
 そう、真の愛は、はかなくも素晴らしきものだからー。」
                                 
                            by ♪Love Is a Many Splendored Thing


もうすぐ8月も終わりですね。
ひと夏だけの恋をした貴方も、永遠の愛を見つけた貴方も、
夏の終わりを、気高く美しく締めくくりたい女性へ、おススメです!

♪ 貴方には『 忘れられない夏の恋の思い出 』 がありますか?
    ↓

banner_02.gif

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

02:52  |  サントラ名盤  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

わーっ!

わたくしとしましては、「慕情」は真打なんだわ!この映画は穴が開くほど見た挙句香港に行き、ロケ地探しの真似事しました。なぜ真似事かというと香港ではない場所で撮影されたり、セットだと言うことを知っていたから・・・

こういう余計な情報って夢を壊すからやめてもらいたい。
昔の作品だからその場所があるわけないって思いたいのにぃ~
ビクトリア・ピークで一人耳のおくでテーマを流してたたずむ人って
多いんじゃないかしらん。でも実際は観光バスが・・・言うまい言うまい!
べぶ |  2005.08.28(日) 22:05 | URL |  【編集】

こんばんは!

「慕情」、かなり若い時に見たので、記憶があやふやです。
もう一度見ないとちゃんとしたコメが書けないなあ・・・

それにしても昔の名画はきちんとした邦題がついていて好ましいです。
「嵐が丘」といい、「おもいでの夏」といい。
あっ、「おもいでの夏」は私の青春そのものです。
当時つきあっていた彼女と見に行きました。
エヘヘ、女房じゃあないですよ(爆)

この映画は、昨年DVDを買いました。
実は、恥ずかしながらブログにも載せましたので、ご覧下さいませ。
http://zeiss1221.blog7.fc2.com/blog-entry-20.html
ZEISS |  2005.08.29(月) 21:23 | URL |  【編集】

意外と便利な観光バス?

★今で言う・・・「冬ソナ」ロケ地めぐりみたいな感じかなぁ~(笑)
韓国へ押しかけるオバサマを横目で見つつ、でも、行ったら絶対楽しいっ。
写真撮りまくっちゃいますよ、私っ!

確かに「あるわけないっ」と思いつつ、探すことが楽しみなの分かる分かるっ!
真似事しちゃうべぶさん、かわいーねっ♪
「慕情」は、2重写し(昔の怪獣映画ではよくありましたね)が分かっちゃうシーン多いけど、それでもいいの、いいのですよ~。
私達の心の中に、ずっと「慕情」は輝き続けているんだもんねっ、べぶさんっ♪
Carolita |  2005.08.29(月) 21:25 | URL |  【編集】

さっそく・・・

★ZEISSさんのところで、コメントさせて頂きましたっ。
ハハハッ!お互い似たような想い出があるものですね~(爆笑)
「慕情」の記事を書いてから、ずっと「Love Is a Many Splendored Thing 」のテーマが頭をグルグル回ってますが、
明日からは、ルグランがグルグルしそうですよ~(笑)

最近では、公開時に原題そのまま生かすことが多いみたいですけど、
そうそう、昔は粋で文学みたいな「邦題」が付けられていて、美しかったですね。
「嵐が丘」!実は近々CSで放送されるんですよ。
観ることができたら、また書きたいなぁ~と思ってますっ♪
Carolita |  2005.08.29(月) 21:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/53-b5df58c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。