スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「トリコロール青の愛」

2005.09.08 (Thu)

そろそろ・・・夏の疲れが出てきたようです。
9月に入ったというのに、九州では連日30度を越え、そして超大型台風の到来・・・。
何か、体を休めてくれそうな映画 はないかな・・・と、そこで思い出したのがコレ、

トリコロール 青の愛( 原題:TROIS COULEURS: BLEU ) ( 1993年/フランス、ポーランド、スイス ) 

【監督・脚本】 クシシュトフ・キエシロフスキー
  【撮 影】   スワヴォミール・イジャック
  【音 楽】   ズビグニエフ・プレイスネル
  【出 演】   ジュリエット・ビノシュ/ブノワ・レジャン
         /エレーヌ・ヴァンサン/フローレンス・ペルネル
         /シャルロット・ヴェリ/エマニュエル・リヴァ



ふぅ・・・。 見ているだけで、気持ちが落ち着いてきました。
それは・・・?

More・・・

きっと「青色」がもつ不思議な力の効果かも。 気持ちを落ちつかせ、冷静にさせてくれる色
時には集中力を高め、血圧を下げ、 食欲を減退させる効果さえあるそうです。

映画のストーリーも、とてもシンプル。
「ある日、突然の交通事故で夫と娘を失った主人公、ジュリー ( ジュリエット・ビノシュ )
著名な作曲家であった夫は、間近に迫った欧州統祭で演奏される協奏曲を作曲中でした。
彼女の手元に残されたのは、書きかけのスコアが一枚。



そんな形見のスコアも、家族との想い出が詰まった青い部屋の屋敷も、
全ての遺産の受け取りを拒否し、
一人きりの新しい人生を歩くことを決意するジュリー。
しかし、そんな彼女を愛し、影から見守り続けていた一人の男性がいました。
それは、夫の友人で協力者でもあったオリヴィエ ( ブノワ・レジャン )
そしてジュリーは、夫の残した思いがけない“遺品”の存在を知らされることになって・・・?」


青い空、青い水、青い雲、青い影、青い部屋、青い服、青い車、青い・・・。
スクリーンに映しだされるのは、決して同じものではない、ありとあらゆる「青色」

それはまるで一服の鎮静剤のよう。
夏の余韻を引きずりながら、まだ火照った私の心を、静かに静かに沈めてくれました。

カメラは、ジュリーの日常のひとコマひとコマを、丁寧に淡々と追い続けます。



悲しみが深いは、より強い青色に。
穏やかなは、緑色に近く、透けるような青色に。



映像の色調は、悲しみの度合いを示すバロメーター。
常に、彼女の精神のバランスと共に、ゆっくりとゆっくりと変化していく青色は、
それはそれは息を呑むほど美しくて、私は何度も何度も深呼吸したくなりました。

ジュリエット・ピノシュ演じる主人公ジュリーは、
良き妻であり、良き母であり、才能に溢れ、強く寛大な女性を “ 演じて ” いたかのように見えます。
そして、彼女が “ 女を演じる ” 瞬間、高らかに協奏曲の序章が鳴り響く・・・。


嘆きも悲しみも超越し、ただ無心に机の上の五線譜に向かう,ジュリー
その姿は、まるで “ 自分 ” を取り戻そうとしているかに見えます。
そして、協奏曲の完成と共に彼女がたどり着いた人生の答え、それは



絵画、音楽、文学、知識、そして映画・・・。
この世に存在する “ 美しいもの ” 全ての芸術に、
魂の息吹を吹き込むものは であることを、壮大な協奏曲の合唱にのせて
高らかに歌い上げる、まるでオペラを見ているかのようなクライマックスは、まさに圧巻!!




映像音楽 役者、その3つが見事に融合し、
それぞれが生き生きと共鳴しあって生まれた映画、それが トリコロール 青の愛

そうそう、ちなみにこの作品は、
1993年ヴェネチア国際映画祭グランプリ 金獅子賞、女優賞、撮影賞を受賞
フランスの国旗を構成する の3色モチーフにした3部作の第一作目ですね。


秋といえば・・・「 芸術の秋 」。
圧倒的な映像美と音楽とのコラボレーションにどっぷりと肩まで浸かって、
夏の疲れをクールダウンしたい貴方に、ぜひおススメしたい一本です。


♪ 『 青色 』 好きですか?
    ↓

banner_02.gif





テーマ : 見た映画 - ジャンル : 映画

19:21  |  フランス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

Carolitaさん、初めてお邪魔します。
fizzと申します。
少し前から読ませて頂いてましたが今日初めてコメントを残させて頂きます。
古い記事でごめんなさい。

大好きなこの作品なので
Carolitaさんが書いていらっしゃるのを知って嬉しかったです。
色彩の美しさに惹かれることが多い中、この青が本当に心に染みました。
あのガラスのシャンデリア、それを見つめるビノシュ。
監督の力もさることながら、彼女の演技もさすがでした。
寒~い冬に、さらにクールダウンしちゃいました(笑)
またお邪魔させてください♪
fizz♪ |  2007.01.17(水) 14:38 | URL |  【編集】

はじめましてっ♪

★fizzさん、ご訪問&書き込みありがとうございます!
古い記事だなんて、全然構いませんよ! どれでも大歓迎です。
のぞいて下さっていたんですね、気がつかなくて、こちらこそごめんなさいねっ。

fizzさんもお好きな映画だったなんて、うれしいです。
この記事には何方からもコメントがなかったのでちょっと寂しかったのですよ(笑)
あの「青色」。。。本当に何度見ても心が落ち着きますね。
いつまでも心に留めておきたい、あの色。ステキな映画と出会えました。
ビノシュも、とてもキレイだった! 
あっ、今の季節は見てるだけでちょっと風邪引いちゃいそうですけどっ。

後ほど、わたしもぜひおじゃまさせてくださいね。
拙いブログですが、これからもどうぞヨロシクお願いいたしますっ♪
Carolita |  2007.01.18(木) 23:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/57-9fd8972c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。