スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

中秋の名月に・・・

2005.09.19 (Mon)

昨日9月18日は、中秋の名月でしたね。皆さんは お月様 をご覧になりましたか?
天気を心配しましたが、我が家のベランダからも本当によく見えました。
金色 に輝いて、まん丸で、それはそれはキレイなお月様にウットリ。


左のような写真を目指して撮ったつもりが、そりゃ無茶な話ですよね(汗) 
我が家の小さなデジカメでは、こんなちっちゃくなっちゃいました。(トホホ)

でも、まぁ月を見ながら、
「ねぇねぇ、あそこウサギに見えない?」
「えっ?どこどこ?」
「ほらほら、あのへんが・・・」

とかいう、他人が聞いちゃあいられないような夫婦の会話が,結構楽しかったりして(笑)。
(えっ?寒い?(爆))

さてさて、しばらく月の光を浴びていると、思わず こんな歌 を口ずさんでしまいました。
それは・・・?

More・・・

ティファニーで朝食をホリー が、窓辺で歌う 「ムーン・リバー」



「ただようふたり。世界を見ようと胸をはずませて共に追う、はるかな虹。 
 その河の角に待つ、幼い想い出の友。 ムーン・リバー、心の夢・・・」


自由奔放に振舞っていても、どこか満たされない ホリー の心をすっぽり包み込んでくれる、
ヘンリー・マンシー二 の、優しいあのメロディ。
彼女の歌声は、降りそそぐ月の光の中で、ほんのひととき “ 本当の私 ” に戻った自分に
語りかけているかのよう。
その表情は柔らかく、今にも壊れそうなほど儚げで・・・。
月を眺めながら、私は大好きなこのシーンを思い出していました。


ティファニーで朝食を ( 1961年/原題:BREAKFAST AT TIFFANY'S )


【監督】ブレイク・エドワーズ
【原作】トルーマン・カポーティ
【音楽】ヘンリー・マンシーニ
【出演】オードリー・ヘプバーン/ジョージ・ペパード/ミッキー・ルーニー/パトリシア・ニール

この映画を初めて見たのは、高校時代。
当時の大親友が大のオードリーのファンで、よく彼女と映画の話をしたものです。
それまでオードリーの映画と言えば、やっぱり ローマの休日 が一番好きだった。
彼女が登場しただけで、モノクロなのにスクリーンは輝いて見えたんですよね。

でも ティファニーで朝食を を見てからは、ホリー が大好きになりました。
多分、映画の中で彼女がずっと探していたものは、私達が探しているものと同じ だと
思えたからかもしれません。

「ムーン・リバー」 で始まるオープニングも素敵でしたよね。



ニューヨークに憧れ、安アパートで 一匹の猫 と暮らす ホリー
夢は 「ティファニーのような素敵な場所で暮らすこと」
夕べのイブニングドレスのまま、まだ朝もや漂う五番街にタクシーを乗りつけ、
その手には、テイクアウトの コーヒークロワッサン



大好きな 「ティファニー」 のショーウィンドウを眺めながら頬張る一人きりの朝食。
そう、それが ホリーの唯一の楽しみ だから。

パーティや派手なことが大好きで好奇心旺盛、束縛を嫌い、まるで 気まぐれな猫のよう。


彼女に近寄る男達を “ ねずみ ” と呼ぶのですが、部屋にはその天敵の “ 本物の猫 ” を
飼っているのも、ちょっと面白い。

誰にも本心を見せないのは、誰よりも臆病な自分 を知っていたからなのかな。
ホリーがずっとずっと探し続けていたのは、“ ティファニーのような場所 ” ではなくて、
私の本当の居場所 だったのかもしれません。



さて、もう一つ、久しぶりに観て気がついたことがありました。
南米行きを止めようとする 青年ポール ( ジョージ・ペパード ) に、彼女がこう言います。
「理想の男性を選ぶなら、ネールかシュヴァイツァー、レナード・バーンスタイン。」




もちろんこの映画の音楽担当は、ヘンリー・マンシー二
ホリーの口から ライバルの作曲家の名前 を聞くなんて、ちょっと笑えますよね。

都会的でお洒落なセンスは、オードリーのファッション、仕草、ライフスタイルに
充分散りばめられているけれど、そんなところでも、マンシー二や監督達の 洒落たウィット
感じられて楽しくなります。







 →「ティファニーで朝食を」オリジナル・サウンドトラックへ


私にとっての ティファニーで朝食を は、それまで雲の上の存在だと思っていたオードリーを
気取りがなく現代的で、私達と同じ等身大の悩みをもったヒロイン として身近に感じさせてくれた
大好きな一本。

さぁ、秋は一年の中で、一番 がキレイに見える季節です。
貴方なら、月を見て、どんな映画を思い出しますか?


♪ 『 オードリー・ヘップバーン 』 好きですか?
    ↓

banner_02.gif

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

17:41  |  クラシック名画  |  Trackback(1)  |  Comment(6)

Comment

やっぱり・・・

ちゃんと撮影したんですねv(^_^)
ウサギは確認できませんでしたが、タヌキやクマに見えるものは・・・(笑)
私も撮影しましたので、満月繋がりでTBかけさせていただきました。

おっ、オードリー・ヘップバーンだ。
『ローマの休日』を見たときは「この世にこんな綺麗な人がいるんだ」と
驚きを隠せないでいました。
『 ティファニーで朝食を 』は名作ですね。
ムーンリバーはアンディ・ウィリアムスだったかの唄でよく覚えています。
勿論、サントラ盤の方がしっくりときますが。

えっ、月を見て思い出す映画・・・
何だろう。
洋画ではあまり思いつかないですね。
『国定忠治』かな(爆)
ZEISS |  2005.09.19(月) 12:58 | URL |  【編集】

満月だ!

こんばんは!満月の夜は、実は・・・「Wowwwww!」
ぼかっ!狼男かい??失礼しました。

「ティファニー・・・」は5番街にありました。
本物を訪れたけどお金がなくて・・・さびしい!!
爪楊枝も買えなかったです。

アンディー・ウィリアムスのコンサートに行った事があります。
「ムーンリバー」は大好きな曲ですし、感動いたしました。
あーーーNYもロンドンにもいきたいよーーー!
べぶ |  2005.09.19(月) 21:41 | URL |  【編集】

★ZEISSさん、こんばんはっ♪
ちっちゃくてお恥ずかしいんですけど、撮影しちゃいました!
T/Bもありがとうございます。でも、ビックリ!
本当は、記事の左側みたいなお月様をずっと見たかったんですけど撮れるわけもなく、
仕方なく図鑑からお借りしたんですけど、全く同じに見えるものをZEISSさんが
撮っていらっしゃったので、もう感動もんでした。
ウサギ・・・絶対見つけるぞ~っ(笑)

ところで「国定忠治」! いいですっ!かなりツボに入りました(爆)
もう『ティファニーで朝食を』がぶっ飛びましたよっ。
TVのお芝居でしか見たことないですけど、確かにでっかい月が登場してましたよね~。
時代劇は大好きです。見てると落ち着く私は、やっぱ日本人ですわっ♪ 
Carolita |  2005.09.19(月) 21:51 | URL |  【編集】

わっ、べぶさんだ!

★コメントのお返事を書いていたら、行き違いでべぶさん発見!こんばんは。
「Wowwwww!」狼男?じゃなくて狼女?
「男は狼なの~よぉ~気をつけなさぁ~いぃ~♪」(ボカっ!古すぎっ)

アンディー・ウィリアムスのコンサート? わぁ、ステキだったでしょう?
「ムーン・リバー」は、私の持っているCDにはオードリーのボーカル・バージョンが入ってるんですが、
決して上手くはないけれど、映画のシーンが思い出されて好きですよ。
NYは、一度行ってみたい街です。
私の秘密、べぶさんに教えちゃいます。実はウチの結婚指輪はティファニーなんです。
(安いヤツですけど・・・) きゃあ~言っちゃった! きゃあぁ~。
Carolita |  2005.09.19(月) 22:01 | URL |  【編集】

ムーンリバー

「マイ・フェア・レディ」をめぐる確執ではJ.アンドリュース贔屓の私としては、ヘップバーンを心のどこかで敵視しているようなのですが(笑)。
「ローマ~」よりも「ティファニー~」の方が私は好きですね。女性の可愛さのリアリティが上とでもいいますか・・・。でも、ご本人は本作の出来栄えにあまり満足でなかったとか。不思議ですね。

私も、窓辺でギターを爪弾くシーンは大好きです。
あの歌声は、彼女のキャリアで唯一吹き替えなしの歌声ですよね? 確か。
「マイ・フェア~」では猛特訓したにもかかわらず、全部吹き替えられてて傷つかれたとか。天はニ物を与えずということでしょうか。
kaoru1107 |  2007.08.25(土) 22:23 | URL |  【編集】

★kaoruさん、こんにちは!
そうですか、J.アンドリュース贔屓だったのですね~。
女優としての実力では彼女の方が上だったようですが、
晩年の人生も含めて、記憶には、ヘップバーンの方が残ってしまったように思います。
今でもヘップバーンに憧れる女の子は大勢いますけど、本人は痩せた体に
コンプレックスを強く感じていたというのを、本で読んだことがありますよ。
そうそう、本当に不思議な感じがしますよね(笑)

このムーン・リバーの入った映画音楽のCD、持ってますよ!
決して上手くはないけど、雰囲気があってすきです。
「マイ・フェア~」は歌のシーンが多いから、きつかったんでしょうねっ(汗)
白馬の王子伝説をいまだに信じたいわたしは、やっぱり「ローマの休日」が、
一番好きですよ~(笑)
Carolita |  2007.08.26(日) 16:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://carolitacafe.blog9.fc2.com/tb.php/64-b3f96b86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

満月三題今日は中秋の名月です。まんまるお月さんが綺麗に夜空に姿を現しました。そこで、ホワイトバランスを変えて撮影をしてみました。【色温度2800度ケルビン】EOS10Dで
2005/09/19(月) 12:51:04 | Digital Photo Gallery by ZEISS

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。