スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ベネチア&トロント映画祭

2009.09.07 (Mon)

9月に入ったとたん、残業モード全開の毎日を過ごしておりますが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
さて、博多は連日30度を超える残暑が厳しくても、なんとなく気分は 秋モード に突入・・・。
そして、気がつくと今年もこの季節がやってきました!


ベネチア6619月2日(日本時間3日)に開幕した、
第66回ベネチア国際映画祭
コンペ部門は、
世界経済危機にスポットを当てた
マイケル・ムーア の新作
キャプタリズム:ア・ラブ・ストーリー(原題)や、
日本の 塚本晋也 監督の
TETSUO THE BULLET 
MAN
などを含む、全25作品。


今年の審査委員長は、ブロークバック・マウンテンラスト・コーション
2年連続2度の金獅子賞に輝いた アン・リー 監督。 9月12日 (日本時間13日) の
授賞式を迎える前に、コンペリストをチェックしておいてはいかがでしょう。

→ シネマ・トゥディ 「 第66回ベネチア国際映画祭 」 特集サイトへ

そして、いよいよ 9月10日~19日 まで開催されるのが、第34回 トロント国際映画祭
昨年、大旋風を巻き起こした スラムドック・ミリオネア に続き、
今年はどんな作品が ピープルズ・チョイス・アウォード の栄冠を手にするのか
大変気になるところですが、個人的に注目しているのは、是枝裕和 監督の 空気人形
実績が認められた監督だけが選出される マスターズ部門 へ正式出品されます。

そこで先日、シネ・リーブル博多駅で一足早く開催された 『 空気人形 』 のプレミア上映会
なんとー! 是枝監督ご本人が来場 されると聞き、残業を放り出して観に行ってきました。
これは本当に良かったです! どてもとても心を打たれる、切ないラブストーリー。
その感想は、9月下旬にUP したいと思います。 どうぞお楽しみに!

banner_02.gif

テーマ : 映画情報 - ジャンル : 映画

17:58  |  世界三大映画祭  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『 クィーン 』

2009.08.30 (Sun)

短い夏も終わりに近づき、8月もあと1日となりました。 
今日は、衆議院選挙の日 ですね。 皆さんはもう投票に行かれましたか?
そして、明日 8月31日 は、ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ の12回目の命日。
今年は、ズバリこの作品をピックアップします!

クィーン ( 原題:THE QUEEN )
( 2006年/イギリス/フランス/イタリア )
【監督】 スティーヴン・フリアーズ
【脚本】 ピーター・モーガン
【出演】 ヘレン・ミレン/マイケル・シーン
     /ジェームズ・クロムウェル
     /シルヴィア・シムズ
    /アレックス・ジェニングス


ダイアナ元妃 が大好きだったわたしは、
実は観ることをためらっていたんです。
ところが・・・?





テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

15:22  |  イギリス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

是枝監督、がんばるっ。

2009.08.22 (Sat)

博多は、連日30度を越える残暑に見舞われ、やっと夏が来た?といった感じですが、
皆さんは体調など崩していませんか?

さて、先週は全米で Ponyo ( 原題:崖の上のポニョ ) が公開。
ケイト・ブランシェットマット・デイモン が英語吹き替えに参加し、
なんと 全米BOXチャート 第9位 にランクインという大健闘を見せていますが、
今年は、この監督の活躍ぶりからも目が離せません!

 Still Walking 原題: 「 歩いても歩いても 」
( 8月28日よりアメリカ単館限定公開予定 )
【監督・原作・脚本・編集】 是枝裕和
【撮影】 山崎裕
【音楽】 ゴンチチ
【出演】 阿部寛/夏川結衣/YOU/高橋和也
   /田中祥平/寺島進/加藤治子/樹木希林
   /原田芳雄




カンヌ映画祭であのタランティーノ監督を唸らせ、
大喝采を浴びた 誰も知らない から、5年ー。

今年は、是枝裕和 監督が がんばってます!

まもなくアメリカ公開される 『 歩いても歩いても 』 の題訳は、= 「 Still Walking 」 。
ふ~ん、なかなか近いニュアンスかも。

さて、監督の最新作といえば、韓国の実力派女優、ぺ・ドゥナ を主演に迎えた 空気人形

持ってはいけない “心” をもってしまった空気人形と、人間との切ない恋物語を描いた本作は、
監督が9年間温めつづけた、ファンタジックな意欲作。

5月に開催された カンヌ映画祭では 「 ある視点 」 部門に出品 され、
スタンディングオベーションを浴び、また来月開催の トロント映画祭 でも
マスターズ部門に正式出品 されることが決まっています。

そして、いよいと今月末からは、日本ブルーリボン賞監督賞と助演女優賞 (樹木希林) を
受賞した 歩いても歩いても (日本公開2007年) がアメリカで劇場公開 されるとあって、
ますますノリにノッている是枝監督。
最新作 空気人形 は、シネリーブル博多駅他、この秋全国ロードショー予定です。

→ 『 空気人形 』 公式Webサイトへ

今や日本を代表する 映画作家 のひとりとなった、是枝裕和 監督。
これからもその動向に注目したいと思います!

→関連記事 2005.5.17 『 誰も知らない 』 レビューへ


banner_02.gif


テーマ : 映画情報 - ジャンル : 映画

18:29  |  Hollywood News  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

気になる 『 宇宙(そら)へ 。 』

2009.08.15 (Sat)

お盆休みも、あと1日となりました。 皆さんはどんな夏休みをお過ごしでしたか?

毎年この時季に見られる ペルセウス座流星群 を楽しみにしていたのですが、
連日のあいにくのお天気で、肉眼ではほとんど観測できませんでしたっ。
そこで今日は、こんな映画をピックアップ。

宇宙へ宇宙 (そら) へ。
( 2009年/イギリス 
 原題:ROCKET MEN )
【監督】 リチャード・デイル
【ナレーション】 マイケル・J・レイノルズ
【日本語版ナレーション】 宮迫博之


1958年に設立された、
NASA (アメリカ航空宇宙局)
その50年を超える宇宙開発の
歴史を、NASAの秘蔵映像で綴る、
サイエンスドキュメンタリー映画です。




ディープ・ブルーアース を手がけたBBCワールドワイドが
世界天文年 である今年、スポットを当てたのは、
未知なる宇宙へ飽くなき挑戦を続ける、人類のドラマ。

CGではない本物の映像の圧倒的な美しさは、
きっと 映画館をプラネタリウム に変えてしまうことでしょう!

宇宙 (そら)へ 。 は、8月21日(土) より全国ロードショー。

ちなみに、21日と22日は、2日間限定・全国一律500円 の特別料金で鑑賞できるそう。
福岡では、天神東宝などで公開されます。

この夏は、貴方も涼しい映画館で宇宙の神秘を体感してみませんか?

→『宇宙(そら)へ。』公式ウェブサイト

→「世界天文年2009」ホームページへ

banner_02.gif


テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

17:56  |  イギリス映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

『 ギルバート・グレイプ 』

2009.08.09 (Sun)

もうすぐ お盆休み ですね。 皆さんはどんなご予定ですか?
故郷へ帰って、旧友や家族に会うのを楽しみにされている方もきっと多いことでしょう。
そこで今日は、ちょっと懐かしい作品をピックアップしてみました。

ギルバートグレイプ1ギルバート・グレイプ
(1993年/アメリカ 
原題:WHAT'S EATING GILBERT GRAPE ? )
【監督】 ラッセ・ハルストレム
【原作・脚本】 ピーター・ヘッジズ
【脚本】 ピーター・ヘッジズ
【撮影】 スヴェン・ニクヴィスト
【音楽】 アラン・パーカー/ビョルン・イシュファルト
【出演】 ジョニー・デップ/ジュリエット・ルイス
     /メアリー・スティーンバージェン
     /レオナルド・ディカプリオ/ダーレン・ケイツ



名匠 ラッセ・ハルストレム 監督の名作です。

それは・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

16:45  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

『 オーロラの彼方へ 』

2009.08.02 (Sun)

8月になりましたね。 先週末は、博多でもひどい豪雨でした。
まずは、被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

いまだ九州北部の梅雨明け宣言は聞こえてこないし・・・っ。
地球が何かおかしい?と肌で感じる今日この頃、
太陽 に関係した、こんな映画をピックアップしてみました。

オーロラ2オーロラの彼方へ
( 2000年/アメリカ 原題:FREQUENCY )

【監督】 グレゴリー・ホブリット
【脚本】 トビー・エメリッヒ
【音楽】 マイケル・ケイメン 
【出演】 デニス・クエイド/ジム・カヴィーゼル
     /ショーン・ドイル/エリザベス・ミッチェル
     /アンドレ・ブラウアー/ノア・エメリッヒ









さて、その内容とは・・・?

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

13:50  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

気になる 『 Julie & Julia 』

2009.07.25 (Sat)

7月も下旬に入りましたね。 
わたしは、毎年夏になると暑さで食欲がなくなるのですが、皆さんはいかがですか?
そこで今日は、こんな 美味しそう?な最新作 をピックアップしてみました。

ジュリー&ジュリアJulie & Julia (ジュリー&ジュリア)
( 2009年/アメリカ 8月7日より全米公開予定 )
【監督・脚本】 ノーラ・エフロン
【原案】 ジュリア・チャイルド/ジュリー・パウエル
     /Alex Prud homme
【出演】 メリル・ストリープ/エイミー・アダムス
     /スタンリー・トゥッチ/クリス・メッシーナ


原案は、1960年代に活躍したアメリカ人料理研究家、
ジュリア・チャイルドの自伝 「マイ・ライフ・イン・
フランス 」
と、彼女の料理本 「 Mastering the Art of French Cooking 」 に登場する 524のレシピ
1年間で全部作ることに挑戦したOL、
ジュリー・パウエルの奮闘ブログを書籍化 した
「Julie and Julia: 365 Days, 524 Recipes,
1 Tiny Apartment Kitchen
( ジュリーとジュリア:365日、524のレシピ、小さなアパートのキッチン )」。

→ 『Julie & Julia 』 予告編 &公式ホームページへ (英語)


ジュリア・チャイルド は、
1960年代にTVの料理番組でアメリカ人に初めてフランス料理を紹介し、
アメリカ人に最も愛された偉大なる料理研究家。 1994年に92歳で他界していますが、
写真を見たら、メリル・ストリープがご本人そっくり で驚きです。

そのレシピに果敢に挑戦するOL、ジュリー・パウエル も実在の人物だそう。
アメリカでもブログが本になるんですね~。
予告編はお料理シーン満載で、魔法にかけられて がキュートだった
エイミー・アダムス がキッチンでお皿をひっくり返すところ、妙に共感しちゃうわぁ~(笑)

時代は違っても、2人の女性が 目標 に向かって猪突猛進する姿はいっぱい元気をくれそう!
あの めぐり逢えたらノーラ・エフロン 監督がどんな風に 料理 してくれるのかしら?
大好きな スタンリー・トゥッチ も出ているし、ラブコメの一時代を築いた監督が描く
ハートフルコメディ、日本公開が今からとても楽しみです!

banner_02.gif


テーマ : 全米公開直前の映画 - ジャンル : 映画

16:57  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『 バスを待ちながら 』

2009.07.18 (Sat)

山笠も終わったのに、いまだ梅雨が明けない北部九州。
青空が待ち遠しい今日は、 太陽の光 をたっぷり感じさせてくれる
こんな作品をピックアップしてみました。

バスを待ちながら8バスを待ちながら
( 2000年/キューバ・スペイン・フランス 
原題:LISTA DE ESPERA )
【監督】 フアン・カルロス・タビオ
【原作】 アルトゥーロ・アランゴ
【脚本】 フアン・カルロス・タビオ
    /アルトゥーロ・アランゴ/セネル・パス
【音楽】 ホセ・マリア・ヴィティエル
【出演】 ウラジミール・クルス
    /タイミ・アルバリーニョ
    /ホルヘ・ペルゴリア/アリーナ・ロドリゲス






監督は、ベルリン映画祭で銀熊賞 を受賞した 苺とチョコレート
フアン・カルロス・タビオ 氏。
とても素敵なキューバ映画と出合いました。
さて、それは・・・?


テーマ : ミニシアター系 - ジャンル : 映画

17:19  |  その他の国の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

気になる『太陽のかけら』

2009.07.12 (Sun)

ニュースなどで皆さんもご存知のとおり、もうすぐ 日食 が見られますね。
2009年7月22日 、日本では46年ぶりに奄美諸島付近では皆既日食、
それ以外の地域では部分日食としてみられるそうで、ちょっと楽しみにしています。

そこで今日は、太陽 つながりのこんな映画をピックアップ。
関東では4月にすでに公開が終了していたこの作品が、やっと 福岡 でも公開されます!

かけら太陽のかけら
( 2007年/メキシコ 原題:DEFICIT )
【監督】 ガエル・ガルシア・ベルナル
【脚本】 キッサ・テラサス
【出演】 ガエル・ガルシア・ベルナル
    /カミラ・ソディル/ルス・シプリオータ
    /テノッチ・ウエルタ・メヒア


それはある夏の日の午後のことー。
上流階級に育った青年・クリストバルは、
両親の留守中に仲間を集めたパーティで
雇われ庭師となった幼なじみ・アダンと再会。
幼い頃に仲の良かった彼らの関係は
今や“主人と使用人”へと変化し、
ある出来事をきっかけに、
パーティは思わぬ結末へ・・・。

→『太陽のかけら』公式ホームページ&予告編へ

メキシコの若手実力派・ ガエル・ガルシア・ベルナル の初監督作品 は、
メキシコ現代社会が抱える問題を、若者たちの視点から描いた衝撃作だそう。

若者間の格差など、 太陽がいっぱい を思い出させる内容ですが、
ガエルくんはどこか アラン・ドロン を彷彿とさせる色気とギラギラした魅力に満ちていて、
俳優としても監督としても、今後の活躍がさらに楽しみですね。

太陽のかけら は、シネテリエ天神 にて、8月1日(土)~8月7日(金) 上映予定。
たった1週間だけの限定上映ですから、福岡の方はどうぞお見逃しなく!


banner_02.gif

テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

00:58  |  その他の国の映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

七夕の夜に『スターダスト』

2009.07.04 (Sat)

「 君と一緒なら星に手が届く。 君がそばにいてくれたらー。 」


スターダスト
( 2007年/アメリカ・イギリス 原題:STARDUST )
【監督】 マシュー・ヴォーン
【原作】 ニール・ゲイマン
【脚本】 マシュー・ヴォーン/ジェーン・ゴールドマン
【出演】 クレア・デインズ/チャーリー・コックス
    /シエナ・ミラー/ミシェル・ファイファー
    /ロバート・デ・ニーロ/ピーター・オトゥール
【ナレーション】 イアン・マッケラン



もうすぐ 七夕の夜 ですね。
いつもは夜空を見上げなくても、
この日だけは星に願いをかけたくなる特別な夜には、
こんな ロマンティックなファンタジー はいかがでしょう。

さて、それは・・・?

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

23:03  |  アメリカ映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。